SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-09-25 11:29:42

マーケット > 朝イチ情報

朝イチ情報

<相場の読み筋>9月25日

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 前週末22日の米国株式は、NYダウが前日比9.64ドル安の2万2349.59ドルと続落し、ナスダック総合指数は同4.229ポイント高の6426.922ポイントと3日ぶりに反発して取引を終了した。出来高概算は、ニューヨーク市場が7億2211万株、ナスダック市場が16億9186万株。米トランプ大統領の国連演説に対し、北朝鮮の金正恩委員長が「史上最高の超強硬な対応措置を断行することを慎重に検討する」との声明を発表。地政学リスクに対する警戒感が強まったことや、週末要因も重なりNYダウは弱含みで推移した。一方、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は、マイクロソフトやコムキャスト、シスコ・システムズなどが堅調で、同指数の上昇を支えた。

 25日の東京株式は、堅調な展開か。為替相場は、ドル・円が1ドル=112円台の前半(前週末22日終値112円00-02銭)と円安に傾く一方、ユーロ・円が1ユーロ=133円台の後半(同134円31-35銭)と円高に振れている。対ドル相場の円安を受け、輸出関連銘柄が堅調な動きとなりそう。安倍晋三首相が、今夕にも衆議院を解散する意向を示すとみられることから、引き続き選挙に関連した銘柄に物色の矛先が向かうとみられる。前週末22日のADR(米国預託証券)銘柄は、円換算値で高安まちまちながら、キリンHD<2503.T>、ソニー<6758.T>、三井住友<8316.T>などが、22日の東京終値に比べ高い。シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、22日の大阪取引所終値比20円高の2万200円だった。

<きょうの個別材料>
 ○プラス材料
 村田製<6981.T>―米国医療ベンチャーのヴァイオス社(デラウエア州)を約116億円で買収
 ツムラ<4540.T>―中国の平安保険と資本・業務提携、新株発行と自己株処分で手取り概算金272億円を調達

 ●マイナス材料
 テクノスJ<3666.T>―18年3月期の連結業績予想を下方修正
 タカキュー<8166.T>―販管費や人件費などが当初予想を上回り、18年2月期の連結利益予想を引き下げ

 上記の材料はあくまでも相場の参考です。個々の銘柄の株価位置、あるいは相場の流れなどにより、その反応は不確定です。

<きょうの狙い>

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 NaITO<7624.T>が22日引け後、18年2月期第2四半期(17年3-8月)と通期の連結業績予想を上方修正した。

 第2四半期は、売上高を218億円から227億円(前年同期比7.1%増)に、営業利益を2億5000万円から3億7000万円(同67.4%増)に増額した。国内の設備投資・輸出・生産活動が堅調に推移していることを背景に売上高および利益が増加した。

 通期は、売上高を445億円から453億円(前期比4.2%増)へ、営業利益を6億円から6億5000万円(同31.0%増)に増額した。第2四半期を踏まえた。

 22日終値は前日比5円安の214円。株価は9月12日に5日・25日移動平均線がミニ・ゴールデンクロス(GC)を形成、19日に年初来高値232円を付けた。高値更新に期待がかかる。

<ダイジェスト>


パナソニック、農作物の輸出拡大に向けた栽培作付手法確立の実証実験を開始

更新 : 17/9/25 7:31

 パナソニック<6752.T>は22日、農作物の輸出拡大に向けた栽培作付手法確立の実証実験を開始したと発表した。

 実証実験は、伊藤忠テクノソリューションズ<4739.T>、野菜プラネット協会、横江ファーム、開発営農組合、おうみ冨士農業協同組合とコンソーシアムを組み行われており、ICTを活用した輸出向け農作物の栽培作付手法確立と農業経営の安定性や効率性の検証を実施する。実証実験を経た後、同社はこのノウハウを正式なサービスとして全国に普及させていく予定。

 22日終値は前日比10.5円安の1631.5円。


三井住友、ニチイ学館と企業主導型保育事業を開始、支店に保育所

更新 : 17/9/25 7:32

 三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>傘下の三井住友銀行は22日、ニチイ学館<9792.T>と企業主導型保育事業を開始すると発表した。

 都心部における保育所不足に対応。三井住友銀行が建物の一部をニチイ学館に賃貸し、ニチイ学館が保育所を設置・運営する。18年4月に東京の目黒区、大田区、品川区にある支店に開所し、同行の従業員枠以外に近隣企業や地域住民にも募集枠を設ける計画という。

 22日終値は、三井住友が前日比25円高の4319円、ニチイ学館が同13円安の1140円。


コーセー、ヒト皮膚のシミ部位の立体的な位置関係を初めて捉えることに成功

更新 : 17/9/25 7:33

 コーセー<4922.T>は22日、久留米大学先端イメージング研究センターとの共同研究で、ヒト皮膚のシミ部位の立体的な位置関係を初めて捉えることに成功したと発表した。

 今回、ヒト皮膚から得た健常部位およびシミ部位に対し、皮膚3次元再構築技術を用いることで、メラノサイト(色素細胞)とケラチノサイト(表皮細胞)の立体的な位置関係を可視化した。さらに、シミ部位と健常部位のメラノサイトの形状の違いを明らかにした。同社では、来春発売予定の美白化粧品に今回の知見を活用する予定。

 22日終値は前日比760円安の1万2300円。


旭化成、ボーンセラピューティクス社と骨再生細胞治療薬のライセンス契約を締結

更新 : 17/9/25 7:34

 旭化成<3407.T>は22日、ボーンセラピューティクス社と骨再生細胞治療薬「プレオブ」についてライセンス契約を締結したと発表した。

 「プレオブ」は患者の骨髄(ずい)から製造する自家細胞製品。「プレオブ」に含まれる骨芽細胞は骨の再生を促進する作用があり、難治性骨疾患への応用が検討されている。今回のライセンス契約で、日本国内における開発および販売の独占的実施権、および韓国、中国、台湾における開発および販売に関する交渉オプション権を同社が取得する契約を締結した。

 22日終値は前日比9.5円安の1376.5円。


住友電工、KDDI総合研究所と光ファイバー1芯で毎秒10ペタビットの伝送実験に成功

更新 : 17/9/25 7:35

 住友電気工業<5802.T>は22日、KDDI総合研究所と、光ファイバー1芯で伝送することができる伝送容量の世界記録(毎秒2.15ペタビット)を大幅に更新し、世界最大となる毎秒10.16ペタビットの光ファイバー伝送実験に成功したと発表した。

 今後は、マルチコアファイバーやマルチモードファイバーの適用領域を見極めながら、5Gを含め将来の多様で大容量なデータ通信需要に対応すべく光ファイバー伝送基盤技術を発展させていく。

 22日終値は前日比7.5円高の1819.5円。


三菱電機、電力損失が世界最小のSiCパワー半導体素子を開発

更新 : 17/9/25 7:36

 三菱電機<6503.T>は22日、パワー半導体モジュールに搭載されるパワー半導体素子として、電流を高速に遮断する保護回路無しで使える、電力損失が世界最小のSiCパワー半導体素子を開発したと発表した。

 今後、素子の信頼性とモジュールとしての評価を進め、20年度以降の実用化を目指す。

 22日終値は前日比18円安の1742円。


ニトリHD、9月度既存店売上高が3カ月連続で前年同月度を上回る

更新 : 17/9/25 7:37

 ニトリホールディングス<9843.T>が22日、9月度(8月21日-9月20日)の国内売上高を発表した。

 9月度は、既存店売上高が前年同月度比5.4%増、客数が同9.4%増、客単価が同3.7%減だった。売上と客数は3カ月連続で前年同月度を上回った一方、客単価は2カ月連続で前年同月度に届かなかった。前半は、残暑の影響もあり接触冷感機能を持つ「Nクール」シリーズが、前年実績を大きく上回った。後半に入り、気温の低下とともに掛け布団などの秋冬物の寝具・寝装品の売上が伸張。また、カーテンやキッチン用品も堅調な売れ行きだった。

 22日終値は、前日比160円高の1万7320円。


NaITO、18年2月期第2四半期と通期の連結業績予想を上方修正

更新 : 17/9/25 7:38

 NaITO<7624.T>が22日、18年2月期第2四半期(17年3-8月)と通期の連結業績予想を上方修正した。

 第2四半期は、売上高を218億円から227億円(前年同期比7.1%増)に、営業利益を2億5000万円から3億7000万円(同67.4%増)に増額した。国内の設備投資・輸出・生産活動が堅調に推移していることを背景に売上高および利益が増加した。

 通期は、売上高を445億円から453億円(前期比4.2%増)へ、営業利益を6億円から6億5000万円(同31.0%増)に増額した。第2四半期を踏まえた。

 22日終値は前日比5円安の214円。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 株主優待全力応援!SBI証券!
  • マザーズで探そう!成長が見込まれる銘柄多数!
  • 成績表

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.