SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-12-18 00:36:37

投資信託 > 好利回りが魅力の世界のハイ・イールド債券投信!

好利回りが魅力の世界のハイ・イールド債券投信!

高い金利収入に注目が集まりハイ・イールド債券(イールド=利回り)に投資するファンドが引き続き人気です。今年4月にはそれを象徴するような出来事が投信業界で起こりました。

日本の投資信託で過去約12年間、純資産額首位の座に君臨してきた「三菱UFJ国際−グローバル・ソブリン・オープン毎月決算型」(以下、グロソブ)に代わり、米国のハイ・イールド債券に投資をする「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド 」がトップに立ったのです。

SBI証券では米国だけでなく欧州、アジアのハイイールド債に投資するファンドなど豊富なラインナップを取り揃えています。お好みのハイイールド債券投信をポートフォリオに加えてみてはいかがでしょうか。

ピックアップ!ハイ・イールド債券ファンド

1魅力的な利回り

ハイ・イールド債の魅力のひとつは何と言っても高い利回りです。
図1を見ると国内債券や先進国債券と比較してハイ・イールド債の利回りが高くなっているのが分かると思います。
また、地域別に利回りを比較すると中でも新興国のハイ・イールド債券の利回りが高くなっています。2013年は資金流出懸念から投資家が新興国への投資を手控える動きが見られました。そのため米国や欧州に比べて新興国のハイ・イールド債は出遅れており、投資魅力が高まっているという見方もできます。

主要国・地域のハイイールド債券および国債の利回り(2014年4月末)
主要国・地域のハイイールド債券および国債の利回り(2014年4月末)

(出所)ドイチェ・アセット・マネジメント

モーニングスター・レーティング:− (2014年4月基準)

ハイ・イールド債券の中でも好利回りな新興国のハイ・イールド債に投資をするファンドです。当ファンドが投資する債券の平均最終利回りも7.1%と高水準となっています。
また、当ファンドは66銘柄の幅広い国、業種の債券に分散投資しておりリスク分散が図られています。なお、当ファンドは2013年1月から16ヵ月連続で毎月90円(一万口当たり課税前)の分配金を継続しています。

  • ※騰落率等の実績は過去のものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
  • ※運用状況によっては分配金額が変わる場合、又は分配金が支払われない場合がありますのでご留意ください。

2景気上昇局面で良好なパフォーマンス

ハイ・イールド債券の魅力の2つ目は景気が上向いている局面に強いという点です。
一般的な債券の価格は景気拡大局面では金利が上昇を始めるので下落しますが、ハイ・イールド債の価格は逆に上昇する傾向があります。

なぜならば、ハイ・イールド債とは発行体の信用力が先進国の国債など投資適格債券に比べて低い一方で高い金利が得られる債券だからです。発行体の信用力が低いハイ・イールド債は景気後退局面ではデフォルト(債務不履行)リスクが高まるため価格が下落しますが、逆に景気が上向きの時には発行体の信用力が高まるため価格が上昇する傾向があります。

高い金利水準と併せて、このハイ・イールド債の特徴が先進国の国債を中心に運用するグロソブから「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド 」の様なハイ・イールド債券ファンドに資金がシフトしている要因と考えられます。

ハイ・イールド債券とは?
ハイ・イールド債券の景気局面別パフォーマンス
ハイ・イールド債券の景気局面別パフォーマンス
  • ※こちらの図はイメージで必ずしも将来の値動きを保証するものではありません

モーニングスター・レーティング:★★★ (2014年4月基準)

2014年4月に「グロソブ」を抜き、日本で純資産額首位となったファンドです。その規模は2014年4月末で1兆2364億円となっています。当ファンドは規模が大きいのみならず運用成績も優れています。
当ファンドの2014年4月末までの過去10年間のトータルリターンは年率平均6%で米国ハイ・イールドを主要投資対象とする国内公募投信としては最も高いリターンとなっています。当ファンドの運用を担当するフィデリティが強みとする個別企業調査力を活かして債券を選別することで運用成績を高めています。

  • ※騰落率等の実績は過去のものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

モーニングスター・レーティング:★★★ (2014年4月基準)

当ファンドが主要投資対象とする欧州ハイ・イールド債券ファンドにも注目が集まっています。先ほどハイ・イールド債は景気上昇局面に強いという話をしましたが、とりわけ景気が回復する初期局面で価格が大きく上昇します。まさに欧州経済は景気後退局面から改善する過程にあり債券の値上がり益を期待した資金が欧州ハイ・イールド債券に流入しています。
当ファンドの2014年4月末までの過去1年間のトータルリターンは20.38%と、米国ハイ・イールド債に投資をする「フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド」の8.19%を上回っています。

  • ※騰落率等の実績は過去のものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

3当社取扱の主要ハイ・イールド債券ファンド

SBI証券ではお客様の様々なニーズにお応えできるように多種多様な商品を取り揃えています。
今人気のハイ・イールド債券も、もちろん地域ごとに豊富なラインナップをご用意しています。
投信を購入する際に分配金に着目するお客様も多いかと思います。そのため当社取扱の主要ハイ・イールド債券ファンドの基準価額、分配金、純資産を一覧にしました。銘柄選択のご参考にしてください。

 

ファンド名

基準価格
(円)

直近分配金

純資産
(百万円)

世界全体

13,048円

200 円(毎月)

41,776

9,470円

150 円(毎月)

7,896

10,682円

10 円(年1回)

1,338

10,011円

60 円(毎月)

374

米国

5,340円

70 円(毎月)

1,263,747

7,954円

60 円(毎月)

51,562

6,604円

150 円(毎月)

73,433

8,717円

80 円(毎月)

62,124

欧州

12,107円

120 円(毎月)

7,608

11,428円

80 円(毎月)

43,604

9,740円

90 円(毎月)

26,308

アジア

12,307円

130 円(毎月)

2,379

13,614円

140 円(毎月)

67

10,594円

220 円(毎月)

1,814

8,989円

100 円(毎月)

7,431

新興国

12,479円

90 円(毎月)

226

12,888円

50 円(毎月)

18

9,866円

80 円(毎月)

1,384

  • ※2014年5月15日基準。
  • ※運用状況によっては分配金額が変わる場合、又は分配金が支払われない場合がありますのでご留意ください。

ご注意事項

  • 「毎月分配型」および「通貨選択型」の投資信託はお取引の前に必ず「毎月分配型投資信託・通貨選択型投資信託に関するご注意事項」の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.