SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-04-25 03:20:23

マーケット > レポート > ストラテジストのつぶやき〜ETFで広がる投資戦略〜日本の低PBRの代表業種、銀行株に投資機会はあるのか

日本の低PBRの代表業種、銀行株に投資機会はあるのか

2023/7/6
提供:野村アセットマネジメント

1日本株のPBR低位200銘柄は金融株中心

日本株のPBR低位200銘柄は金融株が過半で、製造業が約25%、非製造業が約17%

東証(東京証券取引所)が東証プライム市場に上場する企業のうち、PBR(株価純資産倍率、株価÷1株当たり純資産)が1倍を下回る企業に対し、株価や資本コストなどを意識した経営をするように要請したことで、PBRが低い企業に注目が集まっています。

TOPIX(東証株価指数)構成銘柄のうち、足元でPBRが低位である200銘柄(全体の約1割)を分析したところ、下図のような業種構成(時価総額ベース)であることが分かりました。金融株(銀行株、保険株など)が過半を超えており、残りは、製造業が約25%、非製造業(除く金融)が約17%となっています。TOPIX全体に占める金融株の構成比(時価総額ベース)は約10%ですので、非常に顕著な差があるのと同時に、PBRが非常に低い銘柄に投資するということは、半ば金融株に投資することに等しいことが分かります。

では、その金融株に投資機会はあるのでしょうか?

TOPIX構成銘柄のPBR低位200銘柄の業種構成

時点:2023年6月23日

(出所)Bloombergを基に野村アセットマネジメント作成

2持続的金利低下とともに銀行株は低迷を続けてきた

金融株の大半を占める銀行株は持続的金利低下とともにパフォーマンスが低迷してきた

下図は、日本の金融株の大半を占める東証銀行業株価指数(以下、銀行株指数)の対TOPIX相対株価と、米10年国債利回りの推移です。米10年国債利回りは米国のみならず世界的なインフレ動向を反映してきたと考えられますが、その利回りが持続的に低下してきた局面、いわば、世界的なディスインフレの局面で、日本の銀行株は持続的に低迷してきたことが分かります。銀行のビジネスの基本は貸出なので、ディスインフレである金利低下局面は、金利の先安期待がある金融緩和局面なので、貸出競争が激しく、銀行が利益を得にくいためか、株価のパフォーマンスも冴えなかったものと考えられます。

しかし、昨今の数十年ぶりともいわれる世界的インフレ局面を受け、米10年国債利回りが持続的低下局面を上方ブレイクしたように見えます。持続的金利低下局面、つまり、ディスインフレ局面が終焉したとすれば、金利の先安観が薄まることで、これまでよりも貸出競争がマイルドになることが期待され、銀行株のパフォーマンス改善が期待できると考えています。相対株価も上向きに転じていることから、トレンド転換が期待できるかもしれません。

東証銀行業株価指数/TOPIX(相対株価)、米10年国債利回りの推移

期間:1989年12月末〜2023年5月末、月次
(出所)Bloombergを基に野村アセットマネジメント作成

3日本の銀行株は日本株全体と比べて割安

日本株全体は適正レンジの上限だが、銀行株はまだ割安圏にある

前号では日本株全体が適正レンジの上限に達したという分析をしてみましたが、同じような分析方法で銀行株指数を見てみると、未だ割安圏にあることが分かります(下図参照)。足元で銀行株指数の向こう12ヵ月予想EPSが大きく上向いていることが要因ですが、EPSの改善に株価が追いついておらず、足元の適正レンジ(201〜251ポイント)に対して、銀行株指数は214ポイントに留まっており(6月23日時点)、適正レンジ上限まではかなりの余裕があります。

ディスインフレや金利の持続的低下局面が終焉するなど、ファンダメンタルズの転換期待があり、株価バリュエーションも割安で、更に市場全体と比べても出遅れ感がある銀行株には一定の投資機会があるのかもしれません。そして、そうした銀行株の投資機会は低PBR銘柄の投資機会とも考えられ、東証の要請を企業側が受け入れ、「ディスインフレの終焉」などの外部環境だけではなく、「企業努力」も加われば、中長期的な投資テーマとなるかもしれません。期待を込めて見守っていきましょう。

東証銀行業株価指数と企業業績の推移

期間:2013年1月4日〜2023年6月23日、週次
※EPS(1株当たり利益)は向こう12ヵ月予想
(出所)Bloombergを基に野村アセットマネジメント作成

記載されている個別の銘柄については、参考情報を提供することを目的としており、特定銘柄の売買などの推奨、また価格などの上昇や下落を示唆するものではありません。上記は過去のデータであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。

関連銘柄

コード 銘柄名
1306 NEXT FUNDS TOPIX連動型上場投信
1615 NEXT FUNDS 東証銀行業株価指数連動型上場投信
1631 NEXT FUNDS 銀行(TOPIX-17)上場投信
1632 NEXT FUNDS 金融(除く銀行)(TOPIX-17)上場投信

当資料で使用した指数の著作権等について

  • TOPIX(東証株価指数)、東証銀行業株価指数、TOPIX-17各業種指数の指数値及びTOPIXに係る標章又は商標は、株式会社JPX総研又は株式会社JPX総研の関連会社(以下「JPX」という。)の知的財産であり、指数の算出、指数値の公表、利用などTOPIX、東証銀行業株価指数、TOPIX-17各業種指数に関するすべての権利・ノウハウ及びTOPIX、東証銀行業株価指数、TOPIX-17各業種指数に係る標章又は商標に関するすべての権利はJPXが有します。JPXは、TOPIX、東証銀行業株価指数、TOPIX-17各業種指数の指数値の算出又は公表の誤謬、遅延又は中断に対し、責任を負いません。本商品は、JPXにより提供、保証又は販売されるものではなく、本商品の設定、販売及び販売促進活動に起因するいかなる損害に対してもJPXは責任を負いません。
野村アセットマネジメント
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、投資環境に関する参考情報の提供を目的として野村アセットマネジメントが作成した参考資料です。投資勧誘を目的とした資料ではありません。本レポートは市場全般の推奨や証券市場等の動向の上昇または下落を示唆するものではありません。本レポートは信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。本レポートに示された意見等は、本レポート作成日現在の見解であり、事前の連絡なしに変更されることがあります。なお、本レポート中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。投資に関する決定は、お客様ご自身でご判断なさるようお願いいたします。投資信託のお申し込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

国内信用デビュー&おかえりキャンペーン

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス
・口座開設の流れ

よくあるお問合せ
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【当選確率最大+5倍!?】最大10万円が当たる!SBIセレクト買付応援キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.