SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-22 17:53:52

マーケット > レポート >  日本株投資戦略 〜決算発表後は株価上昇期待のある会社を狙え!?〜

日本株投資戦略 〜決算発表後は株価上昇期待のある会社を狙え!?〜

2013/5/10
投資調査部 後藤 多賀男

2014年3月期は増益見通しも、市場コンセンサスを下回るケースが多い

国内では今週(2013年5月7日〜10日)が2013年3月期決算発表のピークとなりました。そこで、主要企業の2014年3月期(今期)の営業利益見通しについて会社側と市場コンセンサスを見比べながら、今後、上昇が期待できる銘柄を考えてみたいと思います。

2012年11月に、「アベノミクス」(安倍政権の経済政策)が打ち出されて以降、市場では円安並びに株高が同時に進行しましたが、その効果は2014年3月期に明確になってくると思われます。つまり、円安で輸出型企業の業績が拡大する可能性が高く、それが景気の回復につながり、経済全体を牽引すると考えられます。

ところが、今期の各社の利益見通しは、概ね(主要企業の約3分の2程度)市場コンセンサスを下回っている企業が目立っています。これは、マーケットの期待値が高過ぎる場合と、為替の想定レートなどで企業側の予想が慎重になっている場合の2通りの理由が考えられます。市場コンセンサスは複数のアナリストによる業績予想の平均値であり、株価はそれを織り込みながら形成されます。したがって、実際に業績が発表された直後は、増益だったか減益だったかということ以上に、市場コンセンサスを上回っているか、下回っているかが注目される傾向にあります。

これまでに決算が発表された企業で、今期の予想営業利益が増益にも関わらず市場コンセンサスを下回ったため決算発表直後に株価が下がった主要銘柄といえば、ダイハツ工業(7262)、本田技研工業(7267)、デンソー(6902)などの自動車関連、リコー(7752)や東京エレクトロン(8035)、東芝(6502)などの電気機器関連、中国経済の先行き不透明感と販売価格の低下に悩む資生堂(4911)、そしてテナント等の賃料収入による収益拡大が来期から再来期以降との見方から、株式市場で嫌気売りされた三菱地所(8802)などが挙げられます。

「市場コンセンサス」を下回った企業に狙い目が!?

今期の業績見通しが良好なのに、市場コンセンサスを下回ったために株価が下がっているのであれば、そこが買い場になる可能性は十分あると考えられます。(表1参照)

例えば、トヨタ自動車(7203)もそのひとつでしょう。2014年3月期の会社予想営業利益は1.8兆円で、市場コンセンサス(2兆円弱)を下回りました。しかし、これは会社が前提とする為替レートが1ドル90円と保守的なことが要因です。1ドル1円の円安で400億円の増益要因になりますので、1ドル95円が今期の平均為替レートになれば、2兆円の営業利益は十分達成が可能と計算されます。同様に、ダイハツ工業(7262)、デンソー(6902)、アイシン精機(7259)などもドルレートの設定が保守的なことがコンセンサスを下回った要因と思われます。

そして、オリエンタルランド(4661)は前期の大幅増益の反動で今期は低い伸びを見込んでいますが、景気回復、株高などで個人消費やレジャーへの支出がさらに拡大する公算が強い他、円安/ドル高及びユーロ高が継続するようだと海外からの観光客の増加が期待できるため、先行きの業績上積みが期待できるかもしれません。

三菱地所(8802)も市場コンセンサスをやや下回りました。オフィスビル事業の回復の遅れが影響しそうですが、足元では4月の都心5区のオフィス空室率は前月に比べて0.02ポイント低下し、わずかながら2ヶ月連続で改善しています。アベノミクス効果でインフレの動きが加速するようだと、収益回復に弾みが付くことも想定できそうです。

資生堂(4911)も弱い動きが続いています。ただ、2013年3月期決算の足を引っ張った、中国での日本製品不買行動の影響も沈静化の方向にある上、国内売上高が回復の兆しを見せており、今期もコストダウンの徹底と、高額消費の回復期待を考えると立ち直りの可能性は見えてくるのではないかと思われます。

IHI(7013)は話題性に注目したい。同社はUMNファーマと共同で設立した医薬品原薬製造会社を有しており、細胞培養インフルエンザワクチンの製造販売計画があります。航空・宇宙・防衛セグメントの好調で収益の拡大が期待されているだけに、バイオ関連の話題には他社にはない新鮮味が感じられそうです。

上記銘柄に加えて、2013年3月期に会社計画の営業利益を達成したにも関わらず、2014年3月期会社予想営業利益が市場コンセンサスに対して保守的な会社を列挙したので、投資をする際の参考とされたい。(表2)

表1:(参考)2014年3月期の会社予想営業利益が市場コンセンサスを下回るものの株価上昇期待がある銘柄

決算
発表日

コード

会社名

決算発表
前日終値
(円)

決算発表
翌日終値(円)

騰落率
(%)

2013年
実績営業
利益
(百万円)

2014年
市場予想
営業利益
(百万円)

2014年
会社予想
営業利益
(百万円)

2014年
会社予想
増益率
(%)

2013/04/25

7262

2,000

1,947

-2.65%

133,040

140,993

135,000

1.5

2013/04/26

6902

4,515

4,365

-3.32%

262,376

318,563

285,000

8.6

2013/04/26

4661

16,120

15,760

-2.23%

81,467

89,866

82,780

1.6

2013/04/26

7259

3,790

3,515

-7.26%

148,892

182,251

155,000

4.1

2013/04/26

4911

1,516

1,394

-8.05%

26,045

38,699

38,000

45.9

2013/05/07

8802

3,175

3,025

-4.72%

118,349

168,093

160,000

35.2

2013/05/08

7203

5,760

5,760

0.00%

1,320,888

1,982,054

1,800,000

36.3

2013/05/08

7013

372

362

-2.69%

42,141

48,333

48,000

13.9

  • ※2013年5月10日現在のBloomberg決算発表データをもとにSBI証券が独自に作成。
  • ※騰落率は決算発表前日終値と決算発表翌日終値を比べたもの。騰落率等のデータは過去の実績であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
  • ※2014年会社予想増益率は2013年実績営業利益と2014年会社予想営業利益を比べたもの。
表2:(参考)前期計画達成も今期予想が保守的なため株価上昇期待がある銘柄

決算
発表日

コード

会社名

決算発表前日終値(円)

決算発表翌日終値(円)

騰落率
(%)

2013年事前会社予想営業
利益
(百万円)

2013年実績営業利益(百万円)

2014年市場予想営業利益(百万円)

2014年会社予想営業利益(百万円)

2014年会社予想増益率(%)

2013/04/25

7012

330

316

-4.24%

40,000

42,062

60,127

60,000

42.6

2013/04/25

2413

236,600

215,500

-8.92%

9,000

9,294

12,091

11,400

22.7

2013/04/26

7267

4,000

3,875

-3.13%

520,000

544,810

818,305

780,000

43.2

2013/04/26

7261

350

334

-4.57%

45,000

53,936

138,126

120,000

122.5

2013/04/26

6762

3,585

3,560

-0.70%

19,000

21,648

46,292

30,000

38.6

2013/04/26

6473

1,066

991

-7.04%

28,500

29,158

39,550

36,000

23.5

2013/04/30

6503

931

962

3.33%

150,000

152,095

209,850

205,000

34.8

2013/04/30

8035

5,030

4,785

-4.87%

12,500

12,548

21,363

18,000

43.4

2013/04/30

9107

228

223

-2.19%

11,000

14,886

34,955

31,000

108.2

2013/05/08

6952

804

857

6.59%

20,000

20,053

26,408

25,000

24.7

2013/05/09

4182

730

741

1.51%

10,000

11,421

19,400

16,000

40.1

  • ※2013年5月10日現在のBloomberg決算発表データをもとにSBI証券が独自に作成。
  • ※決算発表直前に業績下方修正した会社は除外した。
  • ※騰落率は決算発表前日終値と決算発表翌日終値を比べたもの。騰落率等のデータは過去の実績であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
  • ※2014年会社予想増益率は2013年実績営業利益と2014年会社予想営業利益を比べたもの。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【SBI証券 FX】ダブルでお得なキャンペーン!
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【国内信用デビュープログラム】はじめての取引で金利・貸株料最大10万円キャッシュバック

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.