SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-20 06:49:13

マーケット > レポート >  日本株投資戦略 〜企業業績が拡大期に!連続増益銘柄に期待!〜

日本株投資戦略 〜企業業績が拡大期に!連続増益銘柄に期待!〜

2013/5/17
投資調査部 鈴木 英之

プロはもう来期(2015年3月期)業績を視野に!

2013年3月期の決算発表が概ね終了しました。東証一部上場企業の「本業のもうけ」を示す営業利益は前期比10.5%の増益となりました。2012年度前半は世界経済の一部に不透明感が漂ったものの、2012年度後半から外為市場で円安の効果が表れ始めたことが追い風となりました。

今期2014年3月期の東証一部上場企業の営業利益は、会社計画ベースで前年比21%、市場予想(コンセンサス)ベースで27%の増益となり、会社予想が市場コンセンサス予想に届かない企業が目立ちました。その中で、予想増益分の大きな部分を占めるのが、自動車、電気機器、機械などの輸出産業です。それら多くの企業の想定為替レートが現状より円高水準の1ドル90円〜95円で設定しており、為替レートが今後も100円以上の円安水準で続くと、更なる円安効果が見込まれます。ちなみに、来期の2015年3月期も10%弱程度の営業増益が予想(市場コンセンサス)されていますので、企業業績は本格的な拡大期に入ったとみられます。(図1参照)

決算発表の時期に投資対象として有望視されやすい銘柄の多くは、「業績予想については、市場予想より会社予想の方が強気」の銘柄です。なぜなら、投資家が株式を買う際の材料としては、企業の業績数字だけしかわからず、その数字の中身までは判断ができないからです。しかし、決算発表が終わった2013年5月中旬以降は、決算説明会が一巡し、アナリストの会社訪問による調査が本格化してきますので、プロの業績予想レポートが続々と発表されます。従って、ここからは今期のみならず、来期まで見越した業績成長力を評価して、投資することを心掛けたい所です。

図1 東証一部・営業利益推移(百万円)
東証一部・営業利益推移
  • ※BloombergデータよりSBI証券が独自に作成。集計対象企業は、(1) 東証一部上場、(2) 時価総額1千億円以上、(3) 3月期決算企業、(4) 5月13日までに決算が終了、(5) 銀行、証券・商品先物取引、保険、電力を除く業種、(6) 2007年3月期以降の連続したデータが採取可能(予想を含む)、の条件を満たす企業。
    「市場」は市場コンセンサス、「会社」は会社予想を示す。

来期(2015年3月期)まで増益が見込める銘柄に着目

企業を調査したアナリストによる予想増益率が、今期(2014年3月期)のみならず、来期(2015年3月期)も高い銘柄に焦点を当てたものが下の表1です。冒頭で述べた通り、今期の東証一部企業の市場コンセンサスの営業増益率は平均で27%ですので、抽出条件では、今期のみならず、来期も「27%」以上の増益率が予想される企業としました。

中には、一度業績が落ち込んだ後に回復に転じたばかりの企業も含まれています。また、来期(2015年3月期)の業績予想の織り込みは、今後本格化するとみられます。従って、株価的に投資妙味のある銘柄も含まれている可能性があります。

表1:(参考)2014年3月期、2015年3月期ともにアナリストが大幅増益を見込む企業

コード

会社名

前期営業利益
(百万円)

今期市場予想
営業利益
(百万円)

今期市場予想
営業増益率(%)

来期市場予想
営業利益
(百万円)

来期市場予想
営業増益率(%)

4114

10,034

15,400

+53.5

22,929

+48.9

4182

11,421

17,673

+54.7

24,440

+38.3

4183

4,290

29,994

+599.2

40,952

+36.5

5406

11,234

56,373

+1709.8

81,907

+45.3

5444

5,472

7,017

+220.7

9,383

+33.7

5471

15,425

22,073

+243.0

28,830

+30.6

5541

2,168

2,205

+602.0

3,446

+56.3

6141

4,134

8,928

+260.3

12,248

+37.2

6756

6,130

9,851

+3323.8

12,658

+28.5

6857

80

12,009

+139410.5

21,095

+75.7

7242

10,473

14,500

+75.9

19,000

+31.0

8035

12,548

24,192

+131.0

56,855

+135.0

9101

17,434

53,223

+181.0

76,746

+44.2

9107

14,886

33,604

+1097.2

49,479

+47.2

9412

16,153

18,500

+7478.1

27,000

+45.9

9706

4,179

5,900

+488.3

8,200

+39.0

  • ※BloombergデータよりSBI証券が独自に作成。集計対象企業は、(1) 東証一部上場、(2) 時価総額1千億円以上、(3) 3月期決算企業、(4) 5月13日までに決算が終了、(5) 銀行、証券・商品先物取引、保険、電力を除く業種、(6) 2014年3月期・2015年3月期の市場コンセンサス・データがある企業、(7) 2014年3月期が営業黒字で、2014年3月期および2015年3月期ともに27%以上の増益予想。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【SBI証券 FX】ダブルでお得なキャンペーン!

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス
・口座開設の流れ

よくあるお問合せ
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【国内信用デビュープログラム】はじめての取引で金利・貸株料最大10万円キャッシュバック

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.