SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-20 04:46:56

マーケット > レポート >  日本株投資戦略 〜日本株関連企業に注目!米国主要企業の「決算発表」が本格化〜

日本株投資戦略 〜日本株関連企業に注目!米国主要企業の「決算発表」が本格化〜

2013/7/12
投資調査部 鈴木 英之

本格化する米国企業の4〜6月期決算発表

7月8日に米非鉄大手であるアルコア社の決算発表が行われました。3ヶ月に一度のこの会社の決算は「注目」を集めます。非鉄市況が、世界経済の先行きを映す鏡であり、アルコア社の決算が先行指標になるという側面もあります。しかし、それ以上に、同社の決算発表が、米国の四半期決算発表シーズンの幕開けを告げる「号砲」になるためです。

米国株投資を中心とする投資家にとり、同国企業の業績をチェックすることが重要であることは言うまでもありませんが、日本株投資を中心とする投資家にとっても、米国主要企業の決算発表は重要な情報が多く詰まっております。投資する日本企業の動向に加え、米国主要企業の決算動向もしっかりチェックしておけば、日本株の投資パフォーマンスを高めたり、または不必要なリスクを回避したりすることが可能になると考えられます。

機関投資家の多くが米国株の運用成績の基準(ベンチマーク)とするS&P500を構成する500社のうち、4分の3弱に相当する369社が12月決算企業です。12月決算企業にとり、4〜6月期は第2四半期に当たります。3月決算企業13社、9月決算企業26社、6月決算企業21社を合わせ、合計429社のS&P500構成企業が、4〜6月をひとつの四半期としています。すなわち、今後8月16日までの間に、429社の米主力企業(S&P500採用銘柄)の四半期決算発表が「集中」することになります。

図1は、日付ごとにS&P500採用企業の決算発表社数とその日付に決算発表を行う企業の時価総額の合計を示したものです。米主要企業の決算発表はおおよそ7月22〜26日の週が、社数ベースでみたピークになっています。しかし、それに先立つ7月15〜19日の週は、時価総額が1千億ドル(日本円で約10兆円)を超えるような大企業の決算発表が多くなっています。即ち、米国主要企業(大型株)の決算は前半に多く、それらの企業の業績が、米国市場全体及び日本市場全体の行方も左右することになるので、投資家は、決算発表の前半の段階から、それを十分ウォッチしてゆく必要があると思われます。

図1:S&P500構成銘柄(うち429社)の決算発表予定社数と発表日別時価総額合計
  • ※Bloombergデータを用いてSBI証券が作成。

米国企業の決算発表が、日本企業の株価を「直撃」するケースも

米国企業の決算をチェックすることは、日本株に投資する投資家にとっても、非常に重要なことです。世界経済のトップに君臨する米国は、同時に多くの世界トップ企業を擁しています。それらの企業の決算が示唆することは、その米国企業自身の将来にとどまらず、その企業がけん引する業界及びそこに属する日本企業の先行きを示唆すると考えられるためです。

一般に、決算発表で注目するポイントは、(1) 売上高や利益(特に米国では一時的な損益を計上する前の純利益)が前年同期比で増えたのか否か、(2) 売上高や利益が会社や市場の見通し(コンセンサス)を上回ったのか、(3) 今後の売上・利益の見通しが良好か、あるいは市場見通しより強いのか、等があります。また、企業が公表する業績数値はもちろん、決算説明会等で経営側が示唆する先行きが強気なのか、弱気なのかも重要な情報になります。時には、利益率など企業の「稼ぐ力」の変化にも、市場は反応することがあります。

米国企業の決算が日本企業の株価に影響を与えた例はいくつかあります。例えば、2007年のインテル株(図2)です。半導体の売上高では世界トップに君臨している同社の業績は、半導体製造装置メーカーに大きな影響を及ぼすと考えられます。同年7月17日に発表された同社の決算は、大幅増益となった反面、利益率が低下したことからライバルのAMD社との競争激化が懸念され、株価は翌日から急落しました。それを受け、日本の半導体製造装置の大手企業である東京エレクトロン(8035)や、アドバンテスト(6857)も下落。それらを見る形で、日経平均も下げてしまいました。アドバンテスト(6857)などは、「本家」であるインテル株以上の下落率となりました。

また、キャタピラーは、世界トップの建設機械メーカーです。その決算や、説明会での業界見通しは時に、ライバルである日本のコマツ(6301)や日立建機(6305)に大きな影響を与えます。2011年10月24日に、キャタピラー社が発表した四半期業績は、新興国向けの需要拡大を背景に、売上高・純利益ともに、4割以上増加(前年同期比)する好調な内容で、加えて会社の見通しも強気でした。これを好感し、同日からキャタピラー株は急騰。それを好感する形で、コマツや日立建機も大幅に上昇(図3)しました。

図2:インテルと日本の半導体関連(2007年7月)
  • ※BloombergデータよりSBI証券が作成。
    インテルが決算発表した2007年7月17日の株価を1として、各社の株価を指数化。
 
図3:キャタピラーと日本の建設機械関連(2011年10〜11月)
  • ※BloombergデータよりSBI証券が作成。
    キャタピラーが決算発表した2011年10月24日の前日株価を1として、各社の株価を指数化。(決算内容が同日株価に織り込まれているため前日を基準化。

米国企業の決算発表を日本株投資に活かす

このように、米国企業(特に業界を代表するような主力企業)の決算は、日本のライバル企業や、製品納入企業などの株価パフォーマンスに大きな影響を与える可能性があります。従って、米国企業の4〜6月期決算発表が本格的に実施される7月後半以降8月半ばまでは、投資する日本企業の動向に加え、米国企業の決算動向もしっかりチェックしておけば、前述のとおり、不必要なリスクを回避したり、投資パフォーマンスを高めたりすることが可能になると考えられます。

下の表1は、今後決算発表が予定される米国主要企業のうち、好業績が期待される上、日本企業にも大きな影響が波及しえると考える企業を、その関連する日本企業とともに掲載しています。

表1:決算が注目される米国企業と関連する日本企業

決算発表予定日

銘柄名

ティッカー
コード

株価(ドル)
※2013/7/9終値

時価総額
(億ドル)

予想増益率
(4〜6月期)

関連する日本企業(略称)

7/16

JNJ

88.88

2,497

182.4

6360 東自織

2183 リニカル

7/17

ABT

34.74

542

69.3

4581 大正薬

4569 キョーリン

7/18

GOOG

905.24

3,003

31.1

3668 コロプラ

3765 ガンホー

7/25

F

16.84

662

36.8

6904 原田工

6895 ダイヤ電機

6796 クラリオン

5851 リョービ

7/25

QCOM

59.39

1,026

52.9

7735 スクリーン

6323 ローツェ

5217 テクノクオーツ

7/26

AMZN

291.51

1,327

3379.7

2428 ウェルネット

7/30

PFE

28.35

2,011

24.9

2182 メディサイエン

2150 ケアネット

7/30

MRK

47.62

1,438

36.7

4528 小野薬品

6052 イーピーミント

  • ※BloombergデータをもとにSBI証券が作成。関連企業は、日本企業から主に米国企業への販売が確認できる企業をBloombergデータより抽出。掲載した米国企業は、時価総額500億ドル以上で、2013年4〜6月期の純利益(リストラ費用など一時費用計上前)が、前年同期比20%以上増えると予想(市場コンセンサス)され、日本企業と関連のある企業とした。株価および時価総額は7月9日終値。

表2は、「表1:関連する日本企業」について、米国企業との関連を中心にコメントを沿えたものです。掲載銘柄のほとんどが上記米国企業へ、製品やサービスの販売が確認できた企業となっています。掲載した米国企業の決算内容が、関連する日本企業へ業績面で影響すると考えられます。なおクアルコム(QCOM)は、同社の主要取引先である台湾大手半導体メーカーへ日本企業から多くの製品が納入されていますので、間接的ではありますが大日本スクリーン製造(7735)等の日本企業は、密接な関係があるとみられます。

「意外」な日本企業が、有力な米国企業と関係を有しているケースが多くなっています。掲載した米国企業の決算が、仮に、予想(市場コンセンサス)通り好業績となった時は日本企業への影響がじわりと出てくるケースもありそうです。

表2:米企業の決算で注目される日本企業のポイント

※東証・大証市場統合による当社WEBサイトの切り替えにより、7月13日午前3時まで旧大証銘柄・JASDAQ銘柄のリンクはご覧いただけませんので、ご了承ください。

銘柄コード

銘柄名

株価(円)
※7/10終値

米国企業との関連ポイント

6360

126

自動包装機。売上高の多くをJ&Jに依存。

2183

1,410

医薬品の治験をJ&Jなどから受託。

4581

7,250

世界に販売網を持つアボット社を通じて一部販売。

4569

2,226

世界に販売網を持つアボット社を通じて一部販売。

3668

4,050

「位置ゲー」などゲーム分野に展開。アンドロイド(グーグル)向け多い。

3765

104,000

「パズドラ」が大ヒット。アンドロイド向けも多い。

6904

207

自動車用アンテナをフォードに納入。

6895

498

自動車向け電子制御装置をフォードなどに納入。

6796

128

カーナビー、カーオディオなど。フォードは日本メーカーと並ぶ大口。

5851

305

自動車向けダイカストなどをフォードに納入。

6323

286

シリコンウェハの搬送装置を台湾の半導体メーカー等に納入。

7735

562

洗浄、熱処理他半導体製造装置を半導体メーカーに納入。

5217

395

半導体製造装置用石英部品等、半導体メーカーに納入。

2428

872

決済サービスをアマゾンなどに提供。

2182

3,885

臨床検査等をファーザー等から受託。

2150

454

ファイザーなどにマーケティングに活用できる情報提供。

4528

6,860

メルクを通じて一部医薬品を販売。

6052

2,410

臨床試験サポートをファイザー等から受託。

  • ※Bloombergデータ、各種資料をもとにSBI証券が作成。表1の「決算が注目される米国企業と関連する日本企業」について、米国企業との関連を中心にコメントを掲載した。掲載日本企業と米国企業の関係が変化する可能性があること、米国企業の決算が日本企業の決算に必ずしも直結する訳ではないこと等に注意する必要がある。株価は7月10日終値。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【SBI証券 FX】ダブルでお得なキャンペーン!

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス
・口座開設の流れ

よくあるお問合せ
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【国内信用デビュープログラム】はじめての取引で金利・貸株料最大10万円キャッシュバック

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.