SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-22 17:53:14

マーケット > レポート >  日本株投資戦略〜決算発表一巡で物色対象はどう変わる!?決算後を先読み!〜

日本株投資戦略〜決算発表一巡で物色対象はどう変わる!?決算後を先読み!〜

2013/11/15
投資調査部 鈴木英之

2014年3月期は25%営業増益へ

2013年4〜9月期決算の発表が一巡しました。SBI証券投資調査部が時価総額1千億円以上(決算発表開始直前の2013年10月10日現在)の3月決算・東証一部上場企業(金融・電力を除く)について調べた所では、11月8日現在、4〜9月の営業利益は前年同期比30%増となりました。会社予想を公表している企業だけで調べると、2014年3月期(通期)の予想営業利益は25%増となっています。企業業績は順調に回復していると言えましょう。

上場企業全体(金融・電力は除く)のメディア等の分析も加味して述べると、今期は、これまでのピークであった2008年3月期の9割程度の利益水準まで回復する見込みです。市場コンセンサスでみると、今期の予想営業増益率は3割を超しているので、上場企業全体(金融・電力は除く)の半分弱が2008年3月期の利益水準を上回り、6分の1程度の企業が最高益を更新できるようです。

ちなみに、2013年4〜9月期決算発表を経て、企業の予想増益率は加速したのでしょうか、減速したのでしょうか。その意味で、11月8日現在の日経平均の予想一株を計算してみると923円となる。5月以降、大よそ900〜910円で推移してきたことを考えると、やはり、業績見通しを上方修正する企業の方が優勢だったことが伺えます。

このように、上振れ気味の企業業績が株価をさらに押し上げるには、為替市場のさらなる安定や、消費税率上昇以降の企業業績に対する投資家の自信の維持というものが必要となるでしょう。その意味で、11月8日に発表された米雇用統計の強さは、為替市場の安定に大いに寄与すると期待されます。あとは、成長戦略の中で、設備投資減税や法人減税にどこまで本格的に踏み切れるかにかかっていると言えましょう。

図1:日経平均株価と予想一株利益(EPS)の推移
日経平均株価と予想一株利益(EPS)の推移

日経平均株価公表データをもとにSBI証券が作成。2013年11月8日現在。

決算発表シーズン中の株価は会社予想が「上振れる」か「下振れるか」で明暗

2013年4〜9月期決算の発表は、10月下旬以降、本格化しました。この決算発表シーズン中、一体どういうタイプの銘柄の株価が上昇したのでしょうか。表1は、決算発表後から11月11日までの株価上昇率上位を示したものです。

決算発表シーズンですので、会社側が2013年4〜9月期決算を発表する際に、同時に公表される2014年3月期(通期)の会社側業績見通し(ここでは営業利益)が、それまでの見通しから上方修正されたものになる、あるいは市場コンセンサスを上回るような銘柄が多く、上昇率上位にランクインされています。このうち、KDDI(9433)などは、2014年3月期予想営業利益が据え置かれている上、市場見通しをも下回っており、一見すると、株価上昇の理由がわかりにくくなっています。ただ、2013年4〜9月の営業利益は実績ベースで、事前の市場予想を上回っていましたので、株式市場はKDDI(9433)の決算を、総じて、好意的にとらえたとみることが出来ます。

逆に、この時期に株価が大きく下落した銘柄が表2の銘柄になります。会社側が2013年4〜9月期決算を発表する際に、同時に公表される2014年3月期の会社側業績見通し(ここでは営業利益)が、それまでの見通しから下方修正されたものになる、あるいは市場コンセンサスを下回るような銘柄が多くなっており、まさに「上昇銘柄」の逆パターンになっています。ちなみに、NTN(6472)などは、2014年3月期の予想営業利益が前期比312%増の予想を維持しているにもかかわらず、株価は下落しています。

決算発表時期の株価は、決算数字に敏感に反応するケースが増えます。最近は、業績予想が市場コンセンサスを上回れば買われ、下回れば売られるというケースが多くなっています。メディアの多くも、それにより「星取表」などを作成していますので、株価の変動は一層加速しやすくなります。ただ、決算発表のシーズンが終われば、とりあえず「おもに数字だけで判断する」期間も終わると考えられます。決算発表後のアナリストの会社訪問が本格化し、次第に企業の決算数値の裏にある中身にスポットが当たり始めます。従って、銘柄選別の仕方も変わってくると考えられます。

表1:2013年4〜9月期決算発表で、決算発表をはさみ株価が上昇した銘柄「ベスト10」

銘柄
コード

銘柄名

決算発表日

決算発表前営業日株価(円)

株価(円)
(11/11)

騰落率(%)

通期会社予想営業利益

(A)

(B)

(A)→(B)

(百万円)

市場予想比増減(%)

修正前会社
予想比増減(%)

6724

2013/10/31

1,630

2,336

43.3

58,000

25.1

56.8

6479

2013/11/01

542

666

22.9

27,000

15.4

40.6

9433

2013/10/28

4,960

5,940

19.8

630,000

-3.6

0.0

9831

2013/11/07

280

333

18.9

27,400

-15.6

0.0

5803

2013/10/28

376

445

18.4

17,000

8.9

6.3

7248

2013/11/06

446

525

17.7

24,000

7.9

20.0

8586

2013/10/25

2,326

2,701

16.1

31,000

5.7

13.1

5333

2013/10/30

1,508

1,750

16.0

34,000

4.2

21.4

7278

2013/10/29

2,557

2,964

15.9

16,000

-8.6

-5.9

6361

2013/11/08

517

590

14.1

29,000

-1.2

0.0

Bloombergデータ、会社公表データ等をもとにSBI証券が作成。時価総額1千億円以上(決算発表開始直前の2013年10月10日現在)の3月決算・東証一部上場企業(金融・電力を除く)で、決算発表日前営業日終値〜2013年11月11日までの株価上昇率が大きい順に表示。「市場予想」は、Bloomberg集計の市場コンセンサス(10月23日現在)。騰落率等のデータは過去の実績であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

表2:2013年4〜9月期決算発表で、決算発表をはさみ株価が下落した銘柄「ワースト10」

銘柄
コード

銘柄名

決算発表日

決算発表前営業日株価(円)

株価(円)
(11/11)

騰落率(%)

通期会社予想営業利益

(A)

(B)

(A)→(B)

(百万円)

市場予想比増減(%)

修正前会社
予想比増減(%)

2432

2013/11/07

2,195

1,783

-18.8

-

-

-

6472

2013/11/01

469

390

-16.8

30,000

-2.5

0.0

6727

2013/10/25

826

700

-15.3

9,830

-13.6

0.0

6758

2013/10/31

1,910

1,641

-14.1

170,000

-22.7

-26.1

4183

2013/11/01

260

225

-13.5

25,000

-21.1

-10.7

8136

2013/10/31

5,400

4,700

-13.0

22,100

-7.3

2.8

4307

2013/10/25

3,625

3,195

-11.9

49,000

-4.7

0.0

8589

2013/10/31

162

143

-11.7

9,900

-

0.0

8840

2013/10/31

308

272

-11.7

16,000

-3.2

0.0

5471

2013/10/31

599

531

-11.4

21,000

-11.3

-2.3

Bloombergデータ、会社公表データ等をもとにSBI証券が作成。時価総額1千億円以上(決算発表開始直前の2013年10月10日現在)の3月決算・東証一部上場企業(金融・電力を除く)で、決算発表日前営業日終値〜2013年11月11日までの株価下落率が大きい順に表示。「市場予想」は、Bloomberg集計の市場コンセンサス(10月23日現在)。騰落率等のデータは過去の実績であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

2013年4〜9月期決算発表後、市場が「過小評価」した可能性のある銘柄に投資妙味?

多くのアナリストは、調査対象企業の業績を年間単位だけで予想するのでなく、半期単位、場合によっては四半期単位で予想しています。即ち、2014年3月期(通期)の予想とともに、その「折り返し地点」にあたる2013年9月までの上半期についても、業績予想が行われています。

話をマラソンに例えた場合、折り返し地点で予想タイムから大きく出遅れたランナーと、予想タイムを大きく上回って折り返すランナーでは、どちらが期待を集め、また、実際にゴール地点で予想タイムを上回る可能性が大きいでしょうか。オーバーペースを考えなければ、後者の予想タイムを上回るペースで、折り返し地点を過ぎたランナーの方が有望とみるのが自然です。企業業績も似ています。2013年4〜9月期・上半期の業績が期待以上である会社は、2014年3月期(通期)も期待通りの業績をあげてくれる可能性が大きいと考えられます。

しかし、期待以上の上半期を終えた企業でも、通期予想は「とりあえず堅く発表しておき、下方修正は免れたい」と考える企業も少なくありません。この時、会社側の通期予想が市場予想を下回り、決算発表後の株価が下落する銘柄もあります。こうした銘柄は、株価調整一巡後、上昇するケースも想定されます。表3の銘柄は、そうした銘柄の発掘に一歩でも近づくべく、スクリーニングを行ったものです。会社側の通期予想が市場予想を下回るケースは、市場予想が強すぎた場合や、会社側が下期の減速を予想している場合もあります。前者ならば、調整後に株価が戻るケースが増えますが、後者の場合は、本当に業績がピークアウトするタイミングを示唆していることもあります。

ただ、これらの内容的な差異を分析するには、さらに綿密な調査・分析が必要であり、単純に数字だけからは判断できません。しかし、表3にあげた銘柄が、条件的には評価不足になっている可能性が大きいことに変わりはないと言えます。

表3:2013年4〜9月期決算発表で、好内容の決算を発表したものの株価が冴えない銘柄

銘柄
コード

銘柄名

決算発表日

決算発表前営業日株価(円)

株価(円)
(11/11)

騰落率(%)

上期営業利益

通期会社予想営業利益

(A)

(B)

(A)→(B)

(百万円)

市場予想比増減(%)

(百万円)

市場予想比増減(%)

修正前会社予想比増減(%)

5444

2013/10/30

3,670

3,405

-7.2

4,123

19.4

6,000

-21.7

20.0

7313

2013/10/30

3,745

3,540

-5.5

20,485

16.7

34,500

-2.1

21.1

4062

2013/11/01

1,696

1,608

-5.2

10,912

14.0

21,000

3.6

16.7

7013

2013/11/01

414

397

-4.1

19,755

19.7

50,000

-10.3

4.2

9107

2013/10/31

232

223

-3.9

19,763

64.4

31,000

0.5

10.7

5802

2013/10/31

1,496

1,444

-3.5

47,038

10.2

110,000

-8.0

10.0

5332

2013/10/31

1,383

1,344

-2.8

15,215

13.4

39,000

12.6

17.1

6473

2013/10/31

1,288

1,259

-2.3

24,412

11.0

49,000

-0.7

24.1

9006

2013/11/06

903

886

-1.9

15,201

11.8

22,300

4.2

7.7

7251

2013/10/31

1,616

1,590

-1.6

8,474

17.2

17,700

-6.6

10.6

1881

2013/11/01

1,837

1,813

-1.3

8,648

23.5

26,000

11.8

23.8

6756

2013/10/28

1,261

1,247

-1.1

1,771

12.4

12,500

8.1

45.3

Bloombergデータ、会社公表データをもとにSBI証券が作成。「時価総額1千億円以上(決算発表開始直前の2013年10月10日現在)の3月決算・東証一部上場企業(金融・電力を除く)の中から、下記3つの条件をすべて満たす銘柄について、株価下落率の大きい順に表示。
1.決算発表日前営業日から、2013年11月11日までに株価が下落
2.2013年4〜9月期の営業利益が、事前の市場コンセンサスを10%超上回る
3.会社側が2014年3月期の予想営業利益を上方修正
騰落率等のデータは過去の実績であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【SBI証券 FX】ダブルでお得なキャンペーン!
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【国内信用デビュープログラム】はじめての取引で金利・貸株料最大10万円キャッシュバック

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.