SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-26 02:10:39

マーケット > レポート > 日本株投資戦略 > 株価上放れ目前!で狙いたい「株価出遅れ・好業績期待銘柄」

株価上放れ目前!で狙いたい「株価出遅れ・好業績期待銘柄」

2015/10/30
投資調査部 鈴木英之

10月相場も終わり、いよいよ11月相場の到来です。10/30の日銀金融政策決定会合では、一部で期待されていた追加金融緩和は見送られましたが、海外株の落ち着きを受け、投資環境は改善傾向にあります。株式市場は「リスクオン」の様相を強めているとみられますが、ここからは、どんな銘柄が買われるのでしょうか。

ポイントはやはり企業業績になると考えられます。今年度・第2四半期の決算発表が後半戦へと進んでいます。11/1〜11/13には1営業日当たり平均で230社の決算発表が予定されていますので、業績の良し悪しが、株価に直接影響する日がしばらく続きそうです。

そこで今回の「日本株投資戦略」では決算発表・後半戦に向けて株価上昇が期待される好業績銘柄を選び出してみました。同様の抽出条件で選び出した10/16付「日本株投資戦略」でご紹介した銘柄はすべて株価が上昇しています(※)。今回も「2匹目のドジョウ」を狙いたい所です。

  • ※上記はあくまでも過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。
1

株価出遅れ・好業績期待銘柄はコレ!?

さっそく、好業績が期待できる銘柄を抽出してみましたので、ご覧いただきたいと思います。今期の予想営業利益で、市場コンセンサスが会社予想を大きく上回り、業績予想上方修正も期待できるにもかかわらず、株価が相対的にあまり上昇していない銘柄を取り上げました。

表1:決算発表シーズンの後半戦で好業績が期待されるものの、いまだ株価があまり上昇していない銘柄

取引 チャート コード 銘柄名 決算発表
予定日
株価(円)
(10/29)
騰落率
(対10/19)
今期予想営業利益
(百万円)
会社 市場
現買信買 チャート 9684 スクウェア・エニックス・ホールディングス 11/6 3,240 -0.6% 21,000 30,034
現買信買 チャート 5938 LIXILグループ 11/2 2,587 0.8% 52,000 59,676
現買信買 チャート 7267 本田技研工業 11/4 3,976 4.2% 685,000 781,977
現買信買 チャート 2269 明治ホールディングス 11/10 9,340 4.0% 60,000 66,911
現買信買 チャート 3099 三越伊勢丹ホールディングス 11/9 1,918 2.1% 35,000 38,936
  • ※Bloomberg、会社公表データをもとにSBI証券が作成。スクウェア・エニックス・ホールディングスの会社予想営業利益は予想レンジの中央値になっています。

表1の銘柄を抽出した「スクリーニング条件」は以下の通りです。

(1)時価総額1千億円以上の東証一部上場銘柄(3月決算)。
(2)アナリストの業績予想が5社以上から公表されていること。
(3)今期予想営業利益について、市場コンセンサス(市場予想)が会社予想を10%超上回っていること。
(4)来期も予想営業利益(市場コンセンサス)で10%以上の増益が予想されていること。
(5)決算発表シーズン直前の10/19から10/29までの株価パフォーマンスが日経平均を下回っていること。
   ※この間の日経平均株価は4.4%上昇しました。
(6)11/1以降に決算発表を予定していること。

すべての条件を満たす銘柄を市場コンセンサスが会社予想を上回っている数字の大きい順に掲載しました。

東証一部で3月期決算の主力企業を母集団としてみました。アナリストの業績予想数は多ければ多い程、コンセンサスの信ぴょう性も増すと考えられますが、増やし過ぎると大型株に偏ってしまいますので、5社以上のコンセンサスがある銘柄に限定しました。その上で、市場コンセンサスが会社予想を大きく上回っていれば、上方修正の可能性は高いとみられます。

好業績が期待できる銘柄でも、決算発表前に株価が大きく上昇してしまうと、発表で好材料出尽くしになるケースもあり、十分注意が必要です。今回は、日経平均の上昇率を下回る銘柄に絞りました。

なお、表1には本来、高砂熱学(1969)とニコン(7731)が入っていましたが、10/30付で業績予想上方修正を発表しましたので、削除しました。ただし、上記のスクリーニング条件が有効である可能性は膨らんだと思われます。

2

アナリストが好業績を予想していた銘柄を決算発表シーズン前半戦から検証

表2は、10/16付「日本株投資戦略」で取り上げた銘柄の決算発表結果および株価推移です。5銘柄中3銘柄が通期の会社予想利益を上方修正しました。また、2015/4〜9・中間期の営業利益が4社で、市場コンセンサスを上回っています。このスクリーニングも基本的には、アナリスト・コンサンサスが会社予想よりも強い銘柄を選んでいます。

一般的に鉄鋼業界は、今回の決算発表では不振セクターの部類で、新日鉄住金なども業績見通しの下方修正に追い込まれました。しかし、東京製鐵は電炉だったゆえに、エネルギー価格下落の恩恵が業績に表れたと言えます。また、電子部品の多くが、中国経済減速の影響を懸念されていましたので、アルプス電気の業績予想上方修正も意外でした。なお、同社は表2の期間(10/19→29)の後、10/30にさらに大幅高となっています。

このように、好業績に「意外性」が加わると、株価は大幅上昇につながりやすくなるようです。前項のスクリーニングで株価騰落率を入れたのは、こうした検証を踏まえたからです。

表2:10/16付「日本株投資戦略」で取り上げた銘柄の中間決算結果と株価騰落率

コード 銘柄名 決算発表日 騰落率
10/19→29
2015/9中間営業利益 2016/3通期営業利益
市場予想 実績 会社予想 修正予想
5423 東京製鐵 10/20 16.5% - 7,218 12,000 13,000
5727 東邦チタニウム 10/28 7.2% 1,500 1,709 3,050 3,300
6758 ソニー 10/29 6.1% 172,805 184,925 320,000 320,000
6770 アルプス電気 10/29 10.7% 29,450 32,047 54,500 60,500
9202 ANAホールディングス 10/28 1.3% 88,206 86,786 115,000 115,000
  • ※Bloomberg、会社公表データをもとにSBI証券が作成。営業利益の単位は百万円。
3

決算発表(後半戦)で期待したい「特選5銘柄」を解説

銘柄コード 9684 銘柄名
ポイント
  • 家庭用ゲームソフトの世界大手メーカーです。日本で人気の高いロールプレイング・ゲーム(RPG)で1、2を争うエニックスとスクウェアが03年に合併して誕生しました。事実上、国産RPGのトップ企業です。合併後、2005年に業務用(ゲームセンター用)に強いタイトーを買収し子会社化。現在は「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー(FF)」の2大RPGブランドなどを活かしてキャラクター玩具関連の事業や出版事業も行うなど総合娯楽企業に変ぼうしつつあります。スマートフォン(多機能携帯電話)やソーシャルゲーム向けコンテンツにも注力。
  • 第1四半期の営業利益は前年同期比56%増と好調でした。通期の営業利益は170〜250億円を見込んでいます。

日足チャート

  • 当社のチャートツールを用いてSBI証券が作成(2015/10/30現在)
銘柄コード 5938 銘柄名
ポイント
  • 住宅資材や住設機器の製造・販売を手掛けています。1949年に設立された「日本建具工業」が前身です。1966年に住宅用アルミサッシ事業を開始し、現在はアルミサッシ最大手のポジションにあります。数度のM&A(企業の合併・買収)による事業拡大を経て、01年10月にINAXトステム・ホールディングスに社名を変更しました。04年10月からは、住生活グループとして活動していましたが、12年7月に再び社名変更し、「LIXILグループ」となっています。15年4月にドイツ水栓金具大手グローエを買収。住宅、ビル関連では「トステム」「INAX」などのブランドで事業を展開しています。
  • 海外子会社の破産等に見舞われ、株価もボックス圏の動きです。なお、来期予想EPSベースでは予想PERが13〜14倍に下がってくる可能性があります。

日足チャート

  • ※当社のチャートツールを用いてSBI証券が作成(2015/10/30現在)
銘柄コード 7267 銘柄名
ポイント
  • 二輪車(バイク)、四輪車の世界的なメーカーです。二輪車のシェアは世界トップを誇っています。1947年の自動車用補助エンジン「A型」の生産、および1949年の二輪車「ドリームD型」の生産から事業をスタートしました。二輪車では「スーパーカブ」、四輪車では「シビック」「アコード」などのブランドで著名。高いモータ技術を活かし、発電機や耕運機、船外機などの汎用製品の製造も手掛けています。北米、アジアなどを主要なマーケットとしており、海外売上高比率は高くなっています。
  • 16年3月期の連結業績予想は、売上収益が14兆5,000億円(前期比8.8%増)、営業利益が6,850億円(同2.1%増)と小幅ながら増益を見込んでいます。利益面では、販管費・研究開発の増加や為替面でのマイナス影響を見込みますが、売上変動および構成差やコストダウン効果、原材料価格変動などでカバーする計画です。なお、想定為替レートは通期平均で1ドル=115円ですので、現状は収益の上振れ要因になっています。

日足チャート

  • ※当社のチャートツールを用いてSBI証券が作成(2015/10/30現在)
銘柄コード 2269 銘柄名
ポイント
  • 2009年、明治製菓と明治乳業が経営統合し、共同持株会社として設立されました。経営統合により、菓子、乳製品等の食品から医薬品までの幅広い事業領域を一元的にカバーできる体制となりました。2011年、グループ内事業再編により食品事業会社の「明治」、医薬品事業会社の「Meiji Seika ファルマ」を発足。「明治」では、発酵デイリー(牛乳、ヨーグルトなど)、加工食品(チーズ、冷凍食品など)、菓子(チョコレート、ガムなど)、栄養(粉ミルク、スポーツ飲料など)の製造販売を手掛けています。一方、「Meiji Seika ファルマ」では、医療用医薬品事業(抗生物質「メイアクト」など)、生物産業事業(農薬・動物薬など)により製薬事業を展開。また、食品、医薬品それぞれで海外事業を行っています。
  • 今期、来期ともアナリストは2ケタ営業増益を見込んでいますので、予想PERはやや高めで推移する可能性もありそうです。

日足チャート

  • ※当社のチャートツールを用いてSBI証券が作成(2015/10/30現在)
銘柄コード 3099 銘柄名
ポイント
  • 三越と伊勢丹の経営統合により2008年4月に誕生した持株会社です。主力の百貨店業をはじめ、クレジット・金融・友の会業、小売・専門店業、不動産業、その他の5事業を展開しています。三越は伝統的に富裕層に強く、伊勢丹はファッション商材を得意としています。連結売上高の約9割を百貨店業が占めています。
  • 中国経済への不透明感から、インバウンド関連の一角として株価は夏場から大きく下げてしまいました。現在は、リバウンド局面にあるといえそうです。

日足チャート

  • ※当社のチャートツールを用いてSBI証券が作成(2015/10/30現在)
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※業績ツールに関する情報は、株式会社アイフィスジャパンから提供を受けたデータ(以下「提供元データ」といいます)、および提供元データを元に当社において加工したデータを表示しております。本情報の提供元データは、株式会社アイフィスジャパンが作成にあたり調査した時点の情報に基づくものです。したがって、本情報は現時点の情報と異なる場合がございますので、予めご了承ください。
  • ※お客さまは、当社WEBサイトに表示されている情報をお客さま自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡、または使用させることは出来ません。 また、情報の内容については万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についても株式会社アイフィスジャパン、および当社は一切の責任を負いません。
  • ※業績ツールに関する情報の詳細はこちらをご確認ください。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

ソフトバンクグループ株式会社第63回無担保社債
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【7/17(水)開催:日本株ファンドセミナー】お申し込み受付中!

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.