SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-26 01:34:38

マーケット > レポート > 日本株投資戦略 >  期末最後の買い場?好配当・好業績銘柄はコレ!?

期末最後の買い場?好配当・好業績銘柄はコレ!?

2016/03/11
投資調査部 鈴木英之

今回の「日本株投資戦略」では、好配当利回りが期待できる銘柄を特集したいと思います。2/26付の特集では、時価総額が大きい「メジャー銘柄」の中から好配当利回り銘柄を抽出してご紹介しましたが、今回は時価総額の下限を100億円まで引き下げ、中小型株(ただし3月決算銘柄に限定)も入るようにしました。時価総額が小さい分、知名度は低下しますが、このレポートの中で業績等の分析を加味することで、多くの投資家の方にも投資対象として検討できるようにしています。

日経平均株価は2/12(金)に14,952円まで下げ、その後3/4(金)に17,014円と回復しましたが、その後は一進一退となっています。昨年来高値に比べると日経平均株価はまだ2割ほど安く、好配当が期待される銘柄とはいえ、株価の低迷が続いている銘柄も少なくないようです。月末に権利付最終日を迎える銘柄については、投資チャンスと言えるのではないでしょうか。

1

「好配当」「好業績」が期待できる銘柄を抽出

それではさっそく、「好配当」「好業績」が期待できる銘柄を抽出したいと思います。当社スクリーニングツールを用いて銘柄を抽出した後に、会社公表データを確認する形で作成しています。

★銘柄抽出条件

(1)時価総額100億円以上の上場銘柄(証券・REITは除く)
(2)3月決算銘柄
(3)最低投資金額が20万円未満

以上の全条件を満たす銘柄の中から、業績等を分析して予想配当の下方修正がなさそうな銘柄に絞り、予想配当利回りが高い順に5銘柄を抽出したものが表1となります。なお、予想配当利回り(年換算)は、上期末(第2四半期末)配当実績と期末予想配当を両方とも受け取った場合、その合計金額を株価で割ったものになります。

「時価総額1千億円以上」の銘柄に絞った前回(2/26)に比べ、株式投資に馴染みの薄い投資家の方にとっては、社名を知っている銘柄は少ないとみられますので、最後に掲載銘柄の簡単な分析をご紹介しておきました。なお、図2には2/26でご紹介した「メジャー銘柄」(REITを除く)をアップデートして掲載しています。表1の銘柄について知名度の低さを気にされる投資家の方は改めて「メジャー銘柄」がご参考になると考えました。なお、掲載以降株価が動いていますので、情報面でもアップデートを試みています。

表1:「好配当」「好業績」が期待できる銘柄(時価総額100億円超・3月決算)

取引 チャート コード 銘柄名 株価
(3/10)
(A)上期一株
配当(円)
(B)下期予想
一株配当(円)
予想配当
利回り(%)
現買信買 チャート 4980 デクセリアルズ 1,123 27.5 32.5 5.34%
現買信買 チャート 9885 シャルレ 506 0 25.0 4.94%
現買信買 チャート 9957 バイテックホールディングス 1,044 25.0 25.0 4.79%
現買信買 チャート 8869 明和地所 631 0 30.0 4.75%
現買信買 チャート 9769 学究社 1,248 0 50.0 4.01%

表2:「好配当」「好業績」が期待できる銘柄(時価総額1,000億円超・3月決算)

取引 チャート コード 銘柄名 株価
(3/10)
(A)上期一株
配当(円)
(B)下期予想
一株配当(円)
予想配当
利回り(%)
現買信買 チャート 8031 三井物産 1,434.0 32.0 32.0 4.46%
現買信買 チャート 8411 みずほフィナンシャルグループ 178.3 3.75 3.75 4.21%
現買信買 チャート 7201 日産自動車 1,100.0 21.0 21.0 3.82%
現買信買 チャート 6301 小松製作所 1,935.0 29.0 29.0 3.00%
  • ※弊社スクリーニングツールを用いて抽出した後、各企業が公表している当レポート作成時点(3/9)での予想一株配当をベースに予想配当利回りを計算しています。
2

「好配当銘柄ランキング」を参考にする場合の注意点

このレポートに限らず、3月期末を控えた現在、多くの場面で「好配当」の魅力を取り上げる記事やレポートをご覧になると思われます。しかし「好配当銘柄」を投資の対象とする時は、いくつか注意が必要です。

(1)配当利回りは、中間期末、期末等すべての年間配当(税込み)を受け取ったと仮定した場合の「利回り」であること。
(2)配当利回りは、投資した時点での「株価」が計算に含まれており、「株価」が変動すれば配当利回りも変動すること
(3)配当利回りで計算のベースになる「予想配当」は、業績や会社の政策が変われば変動すること。

(1)について、表1のデクセリアルズ(4980)を例にしてご説明します。ここで「予想配当利回り」の5.34%は、中間期末の一株当配当27.5円を受け取った投資家がさらに、期末の一株当配当を予想通り32.5円受け取った場合、年間合計の一株当配当60円が1,123円(3/10終値)の5.34%に相当することを意味しています。したがって、現在同社株を保有していない投資家が期末配当だけを受け取ってもその利回りは確保できないことになります。

逆にシャルレ(9885)の場合、年間配当は期末だけですので、現在同社株を保有していなくとも、権利付最終日までに買えば506円の株価に対して4.94%に相当する一株当配当を享受できる計算です。このように、配当利回りを投資の参考にする場合は、期中配当の有無を確認することが必要です。

(2)にあるように、配当利回りは株価が変動するごとに変化することになります。また、(3)にあるように、予想配当利回りは他の損益項目同様、誰の「予想」であるか確認しておく必要があります。一般的には、個々の会社が配当政策を独自に決めており、それが変更される際には公表されることになります。配当政策は業績の良し悪しに大きな影響を受けますので、業績悪化による「減配」というケースには注意が必要です。すなわち、配当利回りを投資の参考にする場合、企業業績を無視しての銘柄選択はあり得ないと言えるでしょう。

1

「好配当」「好業績」銘柄の投資ポイント

★デクセリアルズ(4980)

ソニーケミカルとして創業された接着剤の大手企業です。スマホなどの通信機器向けで高シェアを有しています。今期は上期に一株27.50円配当を実施。期末は32.50円を計画しています。

★シャルレ(9885)

女性用下着を訪問販売しています。新ブランドが広告効果等奏功し、順調な滑り出し。期中配当はなく、期末に25円配当を予定しています。

★バイテックホールディングス(9957)

ソニー製を中心に半導体・電子部品の総合商社を展開しています。上期に25.0円の一株配当を実施済みで、期末にも25.0円の配当を計画しています。

★明和地所(8869)

マイナス金利が追い風の不動産事業者です。首都圏を中心にクリオシリーズを展開しています。期中配当はなく、期末に一株30円を一括配当予定です。

★学究社(9769)

難関校向けを強みとする学習塾です。第3四半期まで6.8%の営業増益をキープしている。期末に50円一括配当の予定。今期末から100株保有の株主に1,000円相当のクオカードを株主優待として提供。

★三井物産(8031)

時価総額上位企業の中で総合商社は好配当利回りが多いことで知られています。三井物産も資源安で株価が下げてきたこともあり、予想配当利回りは4%台と高めです。ただ、ようやく資源安にも歯止めがかかりつつあるようです。

★みずほフィナンシャルグループ(8411)

メガバンクも好配当利回りが目立つ業界です。当社株は最低売買代金が低く、投資家人気の高い銘柄です。マイナス金利が逆風とみられる業界ですが、当面はそれを相当織り込んだと考えられます。

★日産自動車(7201)

中国向けに強いというイメージがありますが、米国向けの利益構成比が高くなっています。電気自動車に注力しています。

★小松製作所(6301)

建設機械、鉱山機械の世界的大手企業です。資源安や中国経済への不透明感が逆風でしたが、ようやく事業環境が底入れの兆しをみせてきました。

図1:デクセリアルズ(4980)・日足

図2:シャルレ(9885)・日足

図3:バイテックホールディングス(9957)・日足

図4:明和地所(8869)・日足

図5: 学究社(9769)・日足


  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

ソフトバンクグループ株式会社第63回無担保社債
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【7/17(水)開催:日本株ファンドセミナー】お申し込み受付中!

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.