SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-22 17:43:24

マーケット > レポート > 日本株投資戦略 >  師走相場で期待!?来期業績拡大予想の「割安銘柄」を探る

師走相場で期待!?来期業績拡大予想の「割安銘柄」を探る

2016/12/02
投資調査部 鈴木英之

株式相場が堅調です。日経平均株価の月間騰落率は10月の+5.9%に続き、11月も+5.1%と2ヵ月連続の上昇となりました。10月は米金利の底打ち・上昇を受けて円安・ドル高になったことが主因でしたが、11月はトランプ氏の大統領選挙当選を受けてそれらが加速したことが株高につながりました。

そして師走(12月)相場となりました。月別の平均騰落率(過去20年)において、12月の平均騰落率は0.9%で、12ヵ月の中では4番目の成績となっています。「アベノミクス相場」開始以降の12月の騰落率はその前半となる2012年が+10.0%、2013年が+4.0%と好調でしたが、後半の2014年は-0.1%、2015年は-3.6%と低調でした。「アベノミクス」や日銀の金融緩和を評価した前半が高かったものの、後半はやや期待がはげ落ちたというのが現実です。

2016年は世界的に主要国の債券相場がピークアウト(金利はボトムアウト)の様相を示し、債券から株式、新興国から先進国へと資金シフトの兆しが見える中での師走相場となり、「掉尾の一振」に期待したい所です。そこで今回の「日本株投資戦略」では、師走相場での活躍に期待したい「来期業績拡大予想の『割安銘柄』」を探るべく、銘柄の抽出を行ってみました。

1

師走相場で期待!?来期業績拡大予想の「割安銘柄」は?

さっそく師走相場での活躍に期待したい「来期業績拡大予想の『割安銘柄』」を探るべく、抽出を行ってみたいと思います。抽出条件は以下の通りで、これらのすべてを満たす銘柄を(7)の増益率が高い順に並べたものが表1です。

(1)時価総額500億円以上の上場銘柄
(2)2018/3期の市場予想営業利益が10%超の増益見通し
(3)株価上昇率(11/9〜12/1)が13.9%(同期間の日経平均上昇率)未満
(4)予想PER(市場コンセンサス)が15倍(日経平均は15.8倍)未満
(5)PBRが1倍(いわゆる「解散価値」)未満
(6)予想配当利回りが2%超(東証一部平均は1.72%)
(7)来期予想営業利益(市場コンセンサス)が10%超の増益見通し

一言で要約すれば「来期業績拡大が予想されているものの、割安感が強く、株価上昇率の面で出遅れている銘柄」となり、抽出条件としてはかなり「欲張り」なものになったと考えられます。

前回(11/25付)の「日本株投資戦略」で、トランプ氏当選後の株式市場で大きく上昇した金融株には、低PBRの「割安株」という側面があるというご説明をしました。「割安株の水準訂正」は、今後も上昇相場が続いた場合の重要テーマになりやすいと「日本株投資戦略」では考えています。上場企業が「低PER」や「低PBR」になり、その低迷が続きやすい要因に「デフレ」や「低インフレ」があると考えるためです。そうした環境下では企業の収益が伸びにくいうえ、資産が減価しやすいためです。

表1:来期業績拡大予想の「割安銘柄」は?

取引 チャート コード 銘柄名 株価
(12/1・円)
上昇率
(11/9〜12/1)
予想
PER
(倍)
PBR
(倍)
予想配当
利回り
(%)
来期予想
営業
増益率
現買信買 チャート 6741 日本信号 912 8.6% 13.9 0.78 2.5% 23.4%
現買信買 チャート 9882 イエローハット 2,305 6.3% 10.1 0.91 2.6% 14.7%
現買信買 チャート 3101 東洋紡 172 7.5% 14.6 0.96 2.0% 12.2%
現買信買 チャート 7201 日産自動車 1,076 10.6% 8.7 0.90 4.6% 11.7%
現買信買 チャート 5232 住友大阪セメント 404 9.2% 11.0 0.95 2.5% 11.2%
現買信買 チャート 7296 エフ・シー・シー 2,019 11.1% 12.9 0.94 2.1% 10.5%
現買信買 チャート 9513 電源開発 2,518 12.2% 11.7 0.68 2.8% 10.4%
  • ※BloombergデータをもとにSBI証券が作成。「予想」はすべて市場コンセンサス。PBR=時価総額/純資産(前期)で計算しています。
2

【ご参考】「主役」の銀行株の中で「割安銘柄」は??

「トランプ・ラリー」でもっとも上昇したセクターのひとつに銀行セクターがあります。11/25付の「日本株投資戦略」でもご説明したように、時価総額1千億円以上の銘柄群の中で三菱UFJ(8306)、りそなHD(8308)、ほくほくFG(8377)など多くの銀行株が値上がり率上位になっています。

銀行株が上昇した背景には、(1)トランプ政権による金融規制緩和への期待、(2)米長期金利上昇を契機とした世界的な金利上昇への期待等があると考えられます。ただ、これらが日本の銀行に実際にどのようなメリットがあるのか不透明な部分も多く、銀行株の先行きを疑問視している投資家が多いことは確かです。急ピッチに上昇してきた反動で、株価が高値波乱となる可能性には注意が必要だと思います。

ただし、先日のOPEC減産もあり当面は原油価格が高値圏で推移しそうなことや、ドル安・円高もあり、日本経済のデフレ圧力が減少していく可能性があり、そのことが銀行株の追い風になる可能性は大きいとみられます。また、メガバンクなどは海外での収益基盤が拡大傾向であり、海外金利の上昇は直接、利ザヤの拡大に寄与してくる可能性があります。

図1は三菱UFJ(8306)の月足チャートですが、銀行株の背景に仮に「脱デフレ」という大きなテーマがあり、息の長い相場につながってくるのであれば、2015/6の高値を目指し、そこを超えてくるというシナリオを描くことも可能だと思います。同社をはじめ、銀行株は中長期的な観点から注目してもよさそうです。

ご参考までに、表2は(1)時価総額500億円以上の銀行株の中から、(2)PBR1倍未満で、(3)11/9〜12/1の株価上昇率が14%(同期間のTOPIX上昇率)未満の銘柄を(2)のPBRが低い順に並べたものとなっています。仮に銀行株の上昇相場が長期化した場合、市場でこうした出遅れ銘柄が注目されてくる可能性も十分あるとみられます。

表2:銀行株の中での「出遅れ」銘柄

コード

銘柄名

株価
(12/1・円)

騰落率
(11/9〜12/1)

PBR
(倍)

8522

名古屋銀行

3,920

12.8%

0.35

8392

大分銀行

416

12.4%

0.36

8396

十八銀行

343

12.5%

0.38

8360

山梨中央銀行

511

11.3%

0.38

8345

岩手銀行

4,685

13.6%

0.45

8530

中京銀行

2,359

7.2%

0.47

8362

福井銀行

277

9.9%

0.49

8346

東邦銀行

414

10.1%

0.53

8325

北越銀行

2,567

11.8%

0.53

8418

山口フィナンシャルグループ

1,198

8.4%

0.54

8714

池田泉州ホールディングス

504

11.5%

0.55

8370

紀陽銀行

1,768

8.3%

0.58

8388

阿波銀行

686

6.9%

0.60

8303

新生銀行

185

13.5%

0.64

※BloombergデータをもとにSBI証券が作成。PBR=時価総額/純資産(前期)で計算しています。

図1:三菱UFJ(8306)・月足チャート

※BloombergデータをもとにSBI証券が作成。PBR=時価総額/純資産(前期)で計算しています。

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【SBI証券 FX】ダブルでお得なキャンペーン!
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【国内信用デビュープログラム】はじめての取引で金利・貸株料最大10万円キャッシュバック

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.