SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-26 03:39:40

マーケット > レポート > 日本株投資戦略 >  株価波乱なら更にチャンスも!?来期増益予想の「好業績10銘柄」をご紹介

株価波乱なら更にチャンスも!?来期増益予想の「好業績10銘柄」をご紹介

2017/02/10
投資調査部 鈴木英之

東京株式市場はやや軟調な展開が続いています。トランプ大統領が日本の金融政策を為替操作に当たると批判したことや、米雇用統計(1月)における賃金の伸び悩み等を背景に円高・ドル安となったことが大きな要因です。

こうした中で東京株式市場は、今後の外為相場や日米関係等に大きな影響を与えるとみられる日米首脳会談(2/10〜2/11)や決算発表ピーク(社数ベースでは2/10)等の重要日程が通過となります。いずれにせよトランプ大統領の出現により、日米の経済的関係は激動期を迎え、株式市場が波乱となる場面も出てくると思われます。ただ、そうした中でも、あまり政治的な動きに左右されることなく、着実に好業績を期待できる銘柄も存在しているようです。特に決算発表がピークアウトした2/13(月)以降は、好業績を期待できる「実力派企業」が見直されてくるタイミングになると考えられます。

そこで今回の「日本株投資戦略」では、足元の業績が市場予想(アナリスト・コンセンサス)を上回って推移している上、来期も好業績が予想される銘柄をスクリーニングにより抽出してみました。3月決算企業の第3四半期決算発表が終わり、今期(17/3期)の業績についておおよその見当が付いてきた現在、市場の関心は次第に来期(18/3期)業績に移ってくると考えられます。今このタイミングで来期の好業績期待銘柄をチェックしておくことは、銘柄選別上、重要であると考えられます。仮に株価が波乱となった場合も、これらの銘柄については逆に買い場になる可能性もありそうです。

1

足元の業績が予想以上で来期も好業績が期待できる10銘柄をご紹介?

それでは早速、足元の業績が市場予想(アナリスト・コンセンサス)を上回って推移している上、来期も好業績が予想される銘柄をスクリーニングにより抽出してみたいと思います。スクリーニング条件は以下の通りです。

(1)2017/2/8までに第3四半期決算発表を終えた3月決算企業であること
(2)時価総額が1千億円以上(ただし銀行、証券、保険等の金融株を除外)の銘柄であること
(3)アナリストが2人以上業績予想を行っていること
(4)第3四半期累計(2016/4〜12月期)の営業利益が市場予想を上回っていること
(5)通期(17/3期)の会社予想営業利益が市場予想を上回っていること
(6)来期(18/3期)の市場予想営業利益が10%超の増益見通しとなっていること
(7)17/3期の最終損益が黒字予想であること
(8)今期予想EPS(市場予想)が過去4週間で上昇していること
(9)来期予想PERが25倍未満であること

表1はこれらすべての条件を満たす企業を(6)における増益率の高い順に10銘柄掲載したものです。

(4)および(5)の条件により「足元の業績が市場予想(アナリスト・コンセンサス)を上回って推移している」銘柄を抽出することができます。さらに(6)の条件により「来期も好業績が予想される銘柄」を抽出することができます。なお(8)の条件が加わることで、選ばれた銘柄のアナリスト評価が総じて上昇していることがわかり、(9)の条件を加えることで割高な銘柄(すでに好業績を株価に織り込んでいる銘柄)を除外することができます。

表1:足元の業績が予想以上で来期も好業績が期待できる10銘柄

取引 チャート コード 銘柄名 株価
(2/9)
18/3期予想
PER(倍)
16/4〜12月期営業利益 17/3期予想
営業増益率
18/3期予想
営業増益率
前年同期比 市場予想比
現買信買 チャート 6976 太陽誘電 1,403 15.6 -54.5% 1.2% -49.3% +43.1%
現買信買 チャート 5802 住友電気工業 1,780.0 12.9 +3.8% 0.3% -6.2% +22.0%
現買信買 チャート 6988 日東電工 9,201 23.0 -27.7% 10.0% -24.5% +21.5%
現買信買 チャート 6506 安川電機 2,046 22.4 -20.5% 2.5% -17.7% +18.6%
現買信買 チャート 7733 オリンパス 3,965 23.4 -25.7% 1.3% -28.2% +16.8%
現買信買 チャート 6645 オムロン 4,750 20.3 +3.7% 8.7% -5.4% +15.1%
現買信買 チャート 5801 古河電気工業 3,980 15.1 +40.6% 2.5% +15.1% +14.8%
現買信買 チャート 2768 双日 286 7.7 +26.4% 2.2% +50.6% +13.1%
現買信買 チャート 4902 コニカミノルタ 1,065 13.8 -17.2% 5.1% -12.8% +12.8%
現買信買 チャート 4217 日立化成 3,205 15.5 +9.3% 0.8% -0.9% +12.6%
  • ※Bloombergデータ、会社公表データをもとにSBI証券が作成。予想はすべてBloombergが集計した市場コンセンサス。データは2017/2/9現在
2

好業績銘柄の投資ポイント

日銀短観(2016/12調査)によると、2016年度下半期の企業の前提為替レート(ドル・円)は1ドル103円36銭となっています。上場企業の多くも同下半期の為替レートについては1ドル100円または105円を前提とする企業が多かくなっています。

こうした中、トランプ氏が米大統領選挙当選後に円安・ドル高が進んだことを受け、2016/10〜12月の平均ドル・円相場は1ドル109円台半ばとなり、企業の予想を超えた円安・ドル高となりました。これを受け、輸送用機器や電気機器、機械などの輸出産業の多くについて、同四半期の利益が計画を上回り、通期業績予想の上方修正も目立ちました。

電子部品各社も例外ではなく、主要大手6社のうち5社が業績予想を上方修正しました。太陽誘電(6976)もその1社となってなり、足元の利益が予想を上回るペースとなっている上、18/3期も大幅増益が見込まれています。

電子部品と言えば「スマホ次第」という印象がありますが、ここにきてIoT向け市場が顕在化してきたことは追い風になると考えられます。TDK(6762)やアルプス電気(6770)にも追い風は吹いていると考えられます。

「電線3社」と称される各社も、17/3期の業績予想の上方修正にとどまらず、18/3期も業績拡大が見込まれています。このうち、住友電気工業(5802)は自動車関連事業が好調です。株価は図2にもあるように保ち合い放れの様相を呈していますが、自動運転分野でも注目できるだけに、中長期的にも目が離せない存在になりそうです。また、古河電工(5801)では光ファイバー子会社の業績回復が目立っています。巨額買収の後、業績不振で苦しんできた分野で利益が増えてきたことは朗報と言えそうです。なお、同社にとっても自動車の電装化は追い風とみられます。

人手不足が続く日本に加え、中国などでも製造現場の自動化ニーズが高まっており、産業用ロボット市場が好調です。日本ロボット工業会が1/26に発表した見通しでは、我が国の産業用ロボット出荷額は2016年の7,000億円(前年比3%増)から、2017年は7,500億円(同7%増)と成長する見通しです。こうした中、安川電機(6506)の業績が好調ですが、ファナック(6954)や不二越(6474)にも活躍の余地はありそうです。なお、オムロン(6645)についても、中国で進む省人化などを背景に主力の制御機器の利益率が改善し、17/3期の営業利益が減益予想から増益予想に上方修正されています。なお、同社は最先端AIを搭載した車載センサーを開発するなど、AI分野でも活躍が期待されています。

図1:太陽誘電(6976)・日足

図2:住友電気工業(5802)・日足

図3:安川電機(6506)・日足

  • ※図1〜図3は当社チャートツールを用いてSBI証券が作成
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

ソフトバンクグループ株式会社第63回無担保社債
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【7/17(水)開催:日本株ファンドセミナー】お申し込み受付中!

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.