SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-22 18:06:47

マーケット > レポート > 日本株投資戦略 >  ラストチャンス!?20万円以下で買える「日本株投資戦略特選」の「3月株主優待銘柄」

ラストチャンス!?20万円以下で買える「日本株投資戦略特選」の「3月株主優待銘柄」

2017/03/10
投資調査部 鈴木英之

上値の重い展開が続いてきた東京株式市場ですが、足元では株価の上昇が加速する兆しも見えてきたようです。先物・オプションの「メジャーSQ」となった3/10(金)に、日経平均株価は昨年来高値を更新してきました。米長期金利の上昇を背景に円安・ドル高が進んだことが好感され、買いが先行する展開となりました。

そうした中、3月もいよいよ中旬を迎えています。上場企業の多くは3月決算ですので、月末の権利付最終日に向け、株主優待や配当の権利を確保しようとする投資家の動きが「ラスト・スパート」を見せる可能性がありそうです。そこで、今回の「日本株投資戦略」では「3月株主優待銘柄」として投資家が強い関心を寄せている銘柄の中から、配当面での魅力もあり、業績的にも不安の少ない10銘柄を「特選」し、ご紹介することとしました。

1

20万円以下で買える「日本株投資戦略特選」の「3月株主優待銘柄」10銘柄

今回の日本株投資戦略では投資金額20万円以下で買うことができ、株主優待の権利も受け取ることができる10銘柄を抽出してみたいと思います。株主優待のみならず、平均以上の配当利回りが期待でき、業績が悪化して減配となったり、それにより株価が下落したりするリスクが小さいとみられる銘柄を選び出してみました。スクリーニング条件は以下の通りです。

(1)3月決算銘柄であること
(2)最低投資単位(ここではすべて100株)で株主優待の権利を受け取ることができる銘柄であること
(3)株主優待の権利を受け取る時に最低保有期間等の制限がないこと
(4)予想配当利回りが東証一部の平均(1.64%)以上であること
(5)今期(17/3期)の営業利益が増益予想(会社予想)であること
(6)第3四半期までの営業利益(実績)を勘案し、予想営業利益を達成する可能性が大きいとみられること

これらの全条件を満たす銘柄を、SBI証券の株主優待検索ツールで「閲覧回数順」に回数の多い順から10銘柄並べたものが表1の「20万円以下で買える『日本株投資戦略特選』の『3月株主優待銘柄』10銘柄」です。

一般的に「配当利回り」とは、年間に受け取るすべての一株当たり配当金額を株価で割って求められます。現状で3月決算企業の「予想配当利回り」とは、四半期配当を実施している企業でもない限り、16/9末に実施済みの「中間配当」と17/3末に実施が予想される「期末配当」の両方を受けとった時の利回りになります。

株式投資の魅力は値上がり益を追求できることです。しかし狙い通りにいかず値下がりしてしまうケースもあります。株主優待や配当で値上がり益以外の収益を確保し、総合的な魅力を高めることで、株式投資全体のパフォーマンスを高めることが可能であると考えられます。

なお(6)については、17/3期の第3四半期までの累計営業利益が増益であり、仮に第4四半期が前年同期比で横ばいに減速しても会社予想営業利益を達成できる計算になっている銘柄を選んでいます。この条件を入れたことで、業績的にも不安が少ない銘柄が抽出されている可能性が大きいと考えられます。

表1:20万円以下で買える「日本株投資戦略特選」の「3月株主優待銘柄」10銘柄

取引 チャート コード 銘柄名 株価
(3/9)
今期予想
配当利回り
16/9末
一株配当
17/3末予想
一株配当
最低投資単位での
株主優待概要
現買信買 チャート 1722 ミサワホーム 1,064 1.88% 0 20 1,000円相当のクオカード
自社グループ利用優待券
現買信買 チャート 1420 サンヨーホームズ 700 2.14% 0 15 1,000円相当のクオカード
現買信買 チャート 9405 朝日放送 819 2.44% 9 11 500円相当のクオカード
現買信買 チャート 5956 トーソー 545 1.83% 5 5 1,000円相当の商品をギフト
カタログより選択
現買信買 チャート 5909 コロナ 1,168 2.40% 14 14 500円相当のクオカード
現買信買 チャート 8291 日産東京販売ホールディングス 387 1.81% 0 7 500円相当のクオカード
現買信買 チャート 5929 三和ホールディングス 1,030 2.43% 12 13 500円相当のクオカード
現買信買 チャート 2599 ジャパンフーズ 1,405 1.92% 10 17 自社製品(希望者に限る)
現買信買 チャート 8935 エフ・ジェー・ネクスト 896 1.79% 8 8 1,500円相当のカタログギフト
現買信買 チャート 9896 JKホールディングス 674 2.23% 7 8 500円相当のクオカード
  • ※Bloombergデータ、会社公表データをもとにSBI証券が作成。17/3末予想一株配当は会社予想ベース。なお、「最低投資単位での株主優待概要」は最低投資単位で株主優待の権利を受け取った時の株主優待の概要を示しており、必ずしも株主優待の全内容を示したものではありません。株主優待の詳細な内容については優待実施企業の公式サイトをご覧ください。
2

「日本株投資戦略特選」の「3月株主優待銘柄」の投資ポイントは?

ミサワホーム(1722)は注文住宅の大手企業です。本年からはトヨタホームの子会社になっています。株主優待については、100株の保有でクオカード1,000円分を受け取ることができる他、自社グループ利用優待券をもらうことができます。自社グループ利用優待券には工業化住宅の建物本体価格1-3%割引、在来木造住宅の工事請負価格2%割引、リフォーム工事代金3%割引等の割引が付きますので、利用の予定がある投資家にとっては、より価値の大きい株主優待になりそうです。
第3四半期までの累計営業利益は前年同期の26億円弱の赤字から9千万円弱の黒字へと改善しています。1月の注文住宅の受注は減少しているようで、一応の注意は必要です。

なお、同じ住宅セクターのサンヨーホームズ(1420)ですが、近畿圏を中心に首都圏、中部圏にも展開しています。100株の保有でクオカード1,000円分を受け取ることができる他、期末に15円の配当が予定(中間配当なし)されており、予想配当利回りは2%を超えています。業績も、第3四半期までの累計営業利益は前年同期の14億円弱の赤字から6億円強の黒字へと大きく改善しています。

朝日放送(9405)は西日本最大手の民放でテレビ朝日系列となっています。100株の保有でクオカード500円分を受け取ることができる他、配当も予想配当利回りが2.44%と表1の銘柄の中でも最も高くなっています。ただ、この配当利回りは中間配当と期末配当の両方を受けとった場合の数字ですので注意が必要です。第3四半期までの累計営業利益は33億円で前年同期比36.8%増です。17/3期の営業利益は0.9%増の予想ですので、ここまでは順調と言えそうです。

トーソー(5956)はカーテンレールで国内シェア50%を握るトップ企業です。最近はインドネシアなど東南アジアを中心に海外展開にも力を入れているようです。100株の保有でギフトカタログ(食品・日用品)を1点選び受け取ることができます。第3四半期までの累計営業利益は前年同期比2.3倍と好調で、今期の予想営業利益9億円(前期比51.5%増)は射程圏内とみられます。

この他、ワンルームマンションの販売を行っているエフ・ジェー・ネクスト(8935)は100株の保有で1,500円相当のカタログギフトを受け取ることができますが、1,000株以上保有ならば株数に応じて自社子会社運営旅館優待利用券(1枚に付き10,000円)を受け取ることができます。総合飲料受託生産で国内大手のジャパンフーズ(2599)は100株の保有株主が希望した場合に自社製品(サイダー・水など)などを送っています。

図1:ミサワホーム(1722)・日足

図2:朝日放送(9405)・日足

図3:トーソー(5956)・日足

  • ※図1〜図3は当社チャートツールを用いてSBI証券が作成
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【SBI証券 FX】ダブルでお得なキャンペーン!
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【国内信用デビュープログラム】はじめての取引で金利・貸株料最大10万円キャッシュバック

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.