SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-20 06:02:52

マーケット > レポート > 日本株投資戦略 >  「決算発表」に注目!〜決算発表シーズン後半の「好業績銘柄」は!?

「決算発表」に注目!〜決算発表シーズン後半の「好業績銘柄」は!?

2018/04/27
投資情報部 鈴木英之

東京株式市場では、日経平均株価が2/27(火)の取引時間中に付けた「小天井」である22,502円が意識される水準まで値を回復しつつあります。米中貿易摩擦が気になる所ですが、日米首脳会談を無事通過したことや、外為市場での円安進行が追い風になっているようです。4/27(金)には朝鮮半島において、歴史的な南北首脳会談が実現し、極東アジアの地政学的リスクも後退しつつあります。

そうした中、3月決算企業の決算発表が本格化しつつあります。4/27(金)は300社近い数の上場企業が発表予定になっており、決算発表の前半のヤマ場を迎えています。2018年3月期の業績については、会社予想やアナリスト予想を上回る銘柄も多く「好決算」が目立っていますが、2019年3月期の予想については、厳しい見通しを発表する企業も散見され、やや波乱含みとなっています。この時期の投資判断については、細心の注意が必要であると考えられます。

そこで、今回の「日本株投資戦略」では、5月の月替わり以降に決算発表を予定している企業のうち、アナリストの期待が強いとみられる銘柄にスポットを当ててみました。その中に、有望な投資対象はあるのでしょうか。また、投資する上での注意点は何でしょうか。

1

決算発表シーズン後半でアナリストの期待が大きい銘柄は?

それではさっそく、決算発表シーズン後半で、アナリストの期待が大きく、2019年3月の業績についても期待が大きい銘柄の抽出を試みてみたいと思います。スクリーニング条件は以下の通りです。

(1)東証1部に上場する3月決算銘柄であること
(2)時価総額が1千億円超(4/26現在)であること
(3)広義の金融を除くセクターに属していること
(4)業績予想を公表(Bloomberg)しているアナリストが3名以上いること
(5)決算発表予定日が5/1(火)〜5/15(火)の銘柄であること
(6)第3四半期(累計)が営業増益となっている銘柄であること⇒表1では(A)の数字がプラスの値になります
(7)第3四半期(累計)の営業増益率が2018年3月期(通期)の予想営業増益率(会社予想と市場予想)を上回っていること
⇒表1では(A)の数字が(B)および(C)よりも大きくなります
(8)2018年3月期(通期)の営業利益について、市場予想が会社予想を上回っていること
⇒表1では(C)の数字が(B)よりも大きくなります
(9)直近4週間で市場予想EPS(一株利益)が低下していないこと
(10)2019年3月期の市場予想営業増益率が10%超となっていること⇒表1では(D)が10%超となります
(11)2018年4月に会社側から営業利益の修正が発表されていない(4/26現在)こと

表1は上記のすべての条件を満たす銘柄について、19/3期の市場予想営業増益率(D)が大きい順に並べたものです。なお、スクリーニングは4/26(木)までの情報をもとに作成しています。それ以降に、業績修正等のニュースや観測報道が出てくるケースも想定されますので、ご注意ください。

なお、太陽誘電(6976)については、2/7(水)に業績予想の上方修正が発表されていること、変化の激しいスマホ向け市場の影響も大きいこと等に注意が必要です。さらに、住友金属鉱山(5713)については、変動が大きいニッケル相場等の影響で株価が上下するケースがあること、デンカ(4061)については、2019年3月期の営業利益が1割程度伸びる予想との観測報道(4/18)が出ている点にも注意が必要です。

表1:決算発表シーズン後半でアナリストの期待が大きい銘柄は?

取引 チャート コード 銘柄名 株価(4/27) 決算発表予定日 営業増益率(前年比)
第3四半期
累計(A)
18/3期
会社予想(B)
18/3期
市場予想(C)
19/3期
市場予想(D)
現買信買 チャート 2222 寿スピリッツ 5,210 5/14 29.4% 21.4% 29.1% 19.5%
現買信買 チャート 5713 住友金属鉱山 4,698 5/10 63.4% 34.8% 47.7% 18.2%
現買信買 チャート 6976 太陽誘電 1,949 5/10 64.4% 53.4% 57.6% 17.9%
現買信買 チャート 2267 ヤクルト本社 7,800 5/10 21.7% 11.3% 16.9% 17.1%
現買信買 チャート 4061 デンカ 3,910 5/10 34.0% 27.7% 29.2% 16.6%
現買信買 チャート 6908 イリソ電子工業 6,940 5/8 38.3% 18.6% 26.3% 15.6%
現買信買 チャート 5975 東プレ 3,440 5/10 19.0% 7.7% 10.9% 12.3%
現買信買 チャート 4021 日産化学工業 4,875 5/11 19.7% 9.7% 11.2% 11.3%
現買信買 チャート 4543 テルモ 6,200 5/9 22.9% 20.1% 22.1% 11.1%
  • ※会社公表データおよびBloombergデータを用いてSBI証券が作成。「市場予想」はBloombergが集計した市場コンセンサスです。
2

決算発表シーズンは買い持ち高の整理も必要!?

決算発表後に株価が大きく動くケースが増えてきました。4/26(木)の東京株式市場では、東京エレク(8035)が市場予想を大きく上回る2019年3月期業績見通しを発表し、株価が8.4%も上昇しました。しかし4/27(金)にはファナック(6954)が逆に、市場予想を大きく下回る業績見通しを発表し、株価は9%を超える下げとなりました。

このように、2019年3月期の業績見通しの内容が、株価の明暗を分ける材料になっています。アイフォーン販売の不振や円高見通しを背景に厳しい業績予想を発表している銘柄で株価下落が目立っています。一方、IoTやAIの拡大による半導体用途の広がりを追い風にできた銘柄は期待以上の見通しを示しています。

一般的に、業績予想には、その予想主体により様々な種類のものがあります。大きくは以下の3種類があげられます。

(1)上場企業自らが作成し、発表する業績見通し。通常は「今期」のみの予想。
(2)アナリストによる業績予想や、それをメディア等が集計したコンセンサス。数年先まで予想することが多い。
(3)日本経済新聞社や東洋経済新報社などメディアが作成し、発表する業績予想。

このうち、(2)ではアナリストが取材や分析を通じ、業績の「的中」を狙い、それを材料に妥当株価等の判断を行っています。(3)は取材や分析の主体がメディアである点が異なりますが、会社公表の予想があればそれを尊重しています。これに対し、(1)は必ずしも、業績予想の的中を狙っているとは限りません。一般的には、業績予想の下方修正という「不名誉」を恐れ、慎重な数字を発表する会社もありますが、時には、実態以上に強気の予想を発表する会社もあります。

すなわち、(1)は実際の予想数字が発表されるまで、見当が付きにくいというのが実情です。会社の「方針」次第で大きく変動するためです。言い換えれば、(1)を材料に株価が大きく動いた場合、一応その数字を尊重しつつも、盲信することはなく、実際の業績がその数字に近づいていくのか、離れていくのか、期中で確認していくことになります。

とはいえ、投資家にとり、決算発表で会社側がどんな予想を発表してくるのかは、大きなリスクであることは確かです。したがって、この時期は、買い持ち高を調整し、現金を多めにしておくことも有効であると考えられます。

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【SBI証券 FX】ダブルでお得なキャンペーン!

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス
・口座開設の流れ

よくあるお問合せ
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【国内信用デビュープログラム】はじめての取引で金利・貸株料最大10万円キャッシュバック

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.