SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-22 16:29:13

マーケット > レポート > 日本株投資戦略 >  「特選」〜業績予想「上方修正」も期待できる10銘柄はコレ!?

「特選」〜業績予想「上方修正」も期待できる10銘柄はコレ!?

2018/7/20
投資情報部 鈴木英之

東京株式市場は2018年4〜6月期の決算発表シーズンを迎えます。7/25(水)にはファナック(6954)および日本電産(6594)の発表が予定されていますが、その週末である7/27(金)には200社弱が発表を予定しており、一気に佳境を迎えます。

そこで「日本株投資戦略」では、同四半期の決算発表を控え、業績の上振れや業績予想の上方修正が期待できる銘柄を抽出すべく、スクリーニングを行ってみました。前回の「日本株投資戦略」では3月決算銘柄を分析対象にしましたが、今回は6月、9月、12月を決算期末とする銘柄を分析対象にしました。

1

決算発表シーズンが本格的に開始へ

東京株式市場は一時に比べ、落ち着きを取り戻したように見受けられます。日経平均株価は6/12(火)の高値23,011円57銭から、7/5(木)の安値21,462円95銭まで6.7%下落しましたが、その後は反発に転じ、7/18(水)には一時22,949円32銭の高値を付けました。しかし、6/12(火)の高値を回復することはできず、再び反落に転じてしまいました。米国と中国・欧州等との貿易摩擦問題がくすぶり続けており、依然として株式市場の不安定要因となっています。

こうした中、東京株式市場は2018年4〜6月期の決算発表シーズンを迎えます。7/25(水)にはファナック(6954)および日本電産(6594)の発表が予定されていますが、その週末である7/27(金)には200社弱が発表を予定しており、一気に佳境を迎えます。

そこで「日本株投資戦略」では、同四半期の決算発表本格化を控え、業績の上振れや業績予想の上方修正が期待できる銘柄を抽出すべく、スクリーニングを行ってみました。前回の「日本株投資戦略」では3月決算銘柄を分析対象にしましたが、今回は6月、9月、12月を決算期末とする銘柄を分析対象にしました。

東証1部銘柄の7割を占める3月決算銘柄にとり、「4〜6月期」は、「第1四半期」であり、年間における最初の4分の1に相当する期間に過ぎません。このため、仮に同四半期で業績が良くても、年間(通期)の業績予想上方修正に至らないケースの方が多いと考えられます。

これに対し、同四半期は12月決算企業の「第2四半期」、9月決算企業の「第3四半期」であり、ここで業績が良ければ、年間(通期)の業績予想上方修正につながるケースは少なくありません。また、6月決算企業にとっては「第4四半期」であり、ここで会社予想を上回る業績を上げられれば「計画クリア」となり、株式市場で高い評価を受ける可能性が広がります。

表1:主力企業の2018年4〜6月期決算発表予定日(例)

コード

銘柄名

発表予定決算期

7/25(水)

6594

日本電産

19/3期第1四半期

4063

信越化学工業

19/3期第1四半期

6954

ファナック

19/3期第1四半期

7/26(木)

7201

日産自動車

19/3期第1四半期

7751

キヤノン

18/12期第2四半期

4452

花王

18/12期第2四半期

7/27(金)

9022

東海旅客鉄道

19/3期第1四半期

9020

東日本旅客鉄道

19/3期第1四半期

6501

日立製作所

19/3期第1四半期

7/30(月)

8316

三井住友フィナンシャルグループ

19/3期第1四半期

4661

オリエンタルランド

19/3期第1四半期

7/31(火)

6758

ソニー

19/3期第1四半期

7267

本田技研工業

19/3期第1四半期

7974

任天堂

19/3期第1四半期

8411

みずほフィナンシャルグループ

19/3期第1四半期

6981

村田製作所

19/3期第1四半期

6902

デンソー

19/3期第1四半期

4502

武田薬品工業

19/3期第1四半期

8/1(水)

9433

KDDI

19/3期第1四半期

6861

キーエンス

19/3期第1四半期

2914

日本たばこ産業

18/12期第2四半期

8/2(木)

9437

NTTドコモ

19/3期第1四半期

8306

三菱UFJフィナンシャル・グループ

19/3期第1四半期

8058

三菱商事

19/3期第1四半期

8/3(金)

7203

トヨタ自動車

19/3期第1四半期

8/7(火)

9432

日本電信電話

19/3期第1四半期

6367

ダイキン工業

19/3期第1四半期

8月上旬

9984

ソフトバンクグループ

19/3期第1四半期

8/10(金)

7182

ゆうちょ銀行

19/3期第1四半期

6178

日本郵政

19/3期第1四半期

6098

リクルートホールディングス

19/3期第1四半期

8766

東京海上ホールディングス

19/3期第1四半期

  • ※Blooomberg、各種報道等をもとにSBI証券が作成。決算発表予定日は予告なく変更される場合もあります。
2

業績予想「上方修正」も期待できる10銘柄はコレ!?

前項でご説明した通り、「日本株投資戦略」では、業績の上振れや業績予想の上方修正が期待できる銘柄を抽出すべくスクリーニングを行ってみました。その条件は以下の通りです。

(1)東証1部上場銘柄であること
(2)時価総額が500億円超の銘柄であること
(3)決算期末が6月、9月、12月のいずれかになっていること
(4)四半期(累計)営業増益率(前年同期比)が通期会社予想営業増益率を10%超(注1)上回っていること
(5)四半期(累計)営業利益の進捗率が、その四半期に相当する水準(注2)以上であること
(6)7/5(木)(日経平均株価が当面の安値を示現)からの株価上昇率が10%未満にとどまっていること

(注1)通期予想営業増益率が例えば10%の場合、四半期(累計)営業増益率(前年同期比)は20%超
(注2)12月決算銘柄は25%、9月決算銘柄は50%、6月決算銘柄は75%

表1は、上記の全条件を満たす銘柄について、(4)の四半期(累計)営業増益率(前年同期比)が大きい順番に10銘柄並べたものです。なお、会計方針に変更のある銘柄や、決算発表の終了した銘柄は除いています。

表2:業績予想「上方修正」も期待できる10銘柄はコレ!?

取引 チャート コード 銘柄名 株価
(7/20)
株価
騰落率
(7/5〜7/20)
決算
発表
予定日
四半期
累計営業
増益率
今期会社
予想営業
増益率
現買信買 チャート 5310 東洋炭素 3,105 1.8% 8/7(火) 455.1% 75.3%
現買信買 チャート 8804 東京建物 1,456 -1.8% 8/2(木) 250.2% 0.5%
現買信買 チャート 4911 資生堂 8,358 2.4% 8/8(水) 95.4% 11.9%
現買信買 チャート 2491 バリューコマース 1,738 -2.5% 7/25(水) 71.0% 10.2%
現買信買 チャート 4912 ライオン 1,982 2.1% 8/3(金) 69.5% 8.3%
現買信買 チャート 3097 物語コーポレーション(6) 9,830 -1.9% 8/10(金) 58.1% 25.3%
現買信買 チャート 9543 静岡ガス 1,046 1.9% 8/8(水) 50.1% -25.2%
現買信買 チャート 6856 堀場製作所 7,500 0.0% 8/3(金) 48.7% 26.7%
現買信買 チャート 6277 ホソカワミクロン(9) 6,870 9.6% 8/9(木) 44.4% 5.1%
現買信買 チャート 3632 グリー(6) 614 7.5% 8/2(木) 39.8% 25.0%
  • ※Bloombergデータ、会社公表データをもとにSBI証券が作成。銘柄名の末尾のカッコは決算期末。カッコのない銘柄は12月決算銘柄
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【SBI証券 FX】ダブルでお得なキャンペーン!
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【国内信用デビュープログラム】はじめての取引で金利・貸株料最大10万円キャッシュバック

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.