SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-22 18:26:56

マーケット > レポート > 日本株投資戦略 >  決算発表シーズンは波乱も!?〜決算「発表済み」の好業績銘柄を探る

決算発表シーズンは波乱も!?〜決算「発表済み」の好業績銘柄を探る

2019/1/18
投資情報部 鈴木英之

年明けの株式市場は、昨年末に比べるとやや落ち着きを取り戻しています。FRB(米連邦準備制度理事会)による段階的な政策金利の引き上げが終った可能性が台頭していることや、米中貿易摩擦問題での妥協成立期待等を背景に、米国株が反発基調となっていることが背景です。

ただ、今後の株式市場の展望を楽観視するのは時期尚早かもしれません。1/17(木)に精密モーター大手の日本電産(6594)が業績見通しを下方修正しましたが、このことが今後の決算発表シーズンで起こる波乱を示唆している可能性があるためです。同社の永守会長が記者会見で「11月、12月になって受注ベースで世界的に全てのセグメントで尋常ではない変化が起きた」と述べたことが報じられています。今後発表が予定されている3月決算企業等の決算発表では、業績見通しの下方修正を発表する企業が増えそうです。

そうした中、今後の銘柄選択についてはどうすべきでしょうか。日本電産(6594)は1/18(金)、売り気配で始まったものの、終値では下げ渋りました。ただ、これは同社株がすでに大きく下落した後だったこと等も影響していると考えられます。しかし、一般的には決算発表前の銘柄はリスクが大きそうです。そこで「日本株投資戦略」では、直近に決算発表を終えた銘柄から好業績銘柄をチョイスすべく、銘柄の再評価を行ってみました。

1直近に決算を「発表済み」の銘柄から好業績銘柄をピックアップ

冒頭でご説明したように、今後本格化する3月決算企業等の決算発表では、業績予想の下方修正が増え、株式相場が波乱となる可能性があります。そこで「日本株投資戦略」では、直近に決算発表を終えた2月、5月、8月、11月決算銘柄から好業績銘柄をチョイスすべく、銘柄の再評価を行ってみました。

スクリーニング条件は以下の通りです。

(1)東証1部上場銘柄であること
(2)時価総額300億円以上の銘柄であること
(3)決算期が2月または5月、8月、11月の銘柄(12月下旬頃〜1月中旬までに決算発表が終了)であること
(4)2月、5月、8月決算企業の場合、直近の四半期営業利益の増益率(累計・前年比)が以下の条件を満たしていること
  ・前年同月比10%増以上の増益(黒字)であること
  ・増益率(累計・前年比)が通期の会社予想営業増益率を上回っていること
(5)11月決算企業の場合は、2018年11月期(通期)が前年度比10%以上の営業増益であること
(6)業績予想を公表しているアナリストが2名以上付いている銘柄であること
(7)来期予想営業利益(Bloomberg集計の市場コンセンサス)が増益となっていること

上記の全条件を満たした銘柄を、来期予想増益率が大きい順に並べたものが表1となります。

表1:直近に決算発表が終了し、好業績を発表している銘柄

取引 チャート ポートフォリオ コード 銘柄名 決算期 株価
(1/18)
四半期・前期
営業増益率
今期予想
営業増益率
来期予想
営業増益率
現買信買 チャート 追加 3186 ネクステージ 11月 1,299 26.2% 30.0% 26.3%
現買信買 チャート 追加 4714 リソー教育 2月 456 33.5% 29.3% 25.6%
現買信買 チャート 追加 3046 ジンズ 8月 5,370 83.4% 23.3% 19.9%
現買信買 チャート 追加 9740 セントラル警備保障 2月 4,610 144.8% 86.3% 18.3%
現買信買 チャート 追加 9716 乃村工藝社 2月 2,777 11.6% 8.1% 16.9%
現買信買 チャート 追加 7730 マニー 8月 4,995 40.1% 14.8% 14.0%
現買信買 チャート 追加 3549 クスリのアオキホールディングス 5月 6,920 17.7% 12.1% 11.8%
現買信買 チャート 追加 2157 コシダカホールディングス 8月 1,405 29.0% 21.0% 10.8%
現買信買 チャート 追加 6432 竹内製作所 2月 1,913 11.9% 8.8% 9.2%
現買信買 チャート 追加 3349 コスモス薬品 5月 20,110 19.8% 8.0% 9.1%
現買信買 チャート 追加 9843 ニトリホールディングス 2月 13,980 10.8% 7.9% 7.4%
  • ※会社公表資料、BloombergデータをもとにSBI証券が作成。「四半期・前期営業増益率」は2月、5月、8月決算企業の場合、直近の四半期営業利益(累計)の前年同期比増減率で、11月決算企業の場合は直近年度営業利益の前年度比増減率。今期予想営業増益率および来期予想営業増益率はともにBloomberg集計の市場コンセンサス。

2決算発表シーズンの注意点

表2にありますように、1/21(月)以降、3月決算もしくは9月決算企業の決算発表が徐々に増えてまいります。発表社数ベースでは1/31(木)402社、2/8(金)551社などが大きなヤマ場になっています。なお、表3には東証時価総額上位銘柄の決算発表予定日をご紹介しております。これら主要企業の発表は2/7(木)までには一巡する予定です。

すでにご指摘させていただいたように、日本電産(6594)の業績予想下方修正は、今後決算発表で業績予想の下方修正が増えることを示唆しているとみられます。グローバルな事業環境は11月頃から急速に悪化したとみられるためです。1/18(金)の日本電産(6594)の下落率は限定的でしたが、これは同社株がすでに大きく下落した後だったことも影響していると考えられます。また、同社の永守会長が株式市場と対話を続けてきた効果ともいえ、他の銘柄が同じような値動きになるとは限らないでしょう。

日本電産の業績予想下方修正は、米中貿易摩擦等が影響しているとみられ、電気機器や輸送用機器、機械、精密等の幅広い業種で同様の影響が出てくる可能性があり、注意が必要と思われます。

そうした中、すでに決算発表を終えた2月、5月、8月、11月決算はこの時期、業績修正が発表されるケースは少ないとみられる上、内需株が多く、その意味でも相対的に買い安心感が強まることが期待されます。

表2:決算発表スケジュール(社数)

1/21
1件

1/22
5件

1/23
4件

1/24
9件

1/25
47件

1/28
34件

1/29
68件

1/30
180件

1/31
402件

2/1
156件

2/4
117件

2/5
172件

2/6
168件

2/7
262件

2/8
551件

2/11

2/12
239件

2/13
337件

2/14
332件

2/15
23件

表3:東証時価総額上位銘柄の決算発表予定日

コード

銘柄名

発表予定日

7203

トヨタ

2/6

9437

NTTドコモ

2/1

9432

NTT

2/7

9984

ソフトバンクG

2/6

8306

三菱UFJ

2/4

6758

ソニー

2/1

9434

ソフトバンク

2/5

9433

KDDI

1/31

4502

武田

2/1

6861

キーエンス

2/1

  • ※弊社WEBサイト「決算発表スケジュール」(国内株式)より、SBI証券が作成。決算発表スケジュールは予告なく変更される場合があり、上記の決算発表スケジュールも日々変化する可能性があります。
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【SBI証券 FX】ダブルでお得なキャンペーン!
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【国内信用デビュープログラム】はじめての取引で金利・貸株料最大10万円キャッシュバック

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.