SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-05-22 18:13:29

マーケット > レポート > 日本株投資戦略 >  決算発表シーズン本格化へ〜「上方修正」が期待できる銘柄はコレ!?

決算発表シーズン本格化へ〜「上方修正」が期待できる銘柄はコレ!?

2019/1/25
投資情報部 鈴木英之

株式市場は一進一退の一服場面となっています。米中の覇権争いが続き、米政府機関閉鎖も続いているものの、同国の決算発表は総じて底堅い内容で、日経平均株価は20,000円台での推移となっています。

ただ、世界的に景気・企業業績に対する不透明感が強まっており、株式市場では様子見気分が強まりつつあります。東証1部の売買代金は連日の2兆円割れとなっています。そうした中、1/25(金)あたりから上場企業の決算発表が本格化してきますが、例年以上に、決算発表後に株価の明暗が厳しく分かれる展開が予想されます。

そこで、今回の「日本株投資戦略」では、2018年10〜12月期の決算発表を控え、通期(2019年3月)予想の「上方修正」が期待できる3月決算銘柄のスクリーニングを試みてみました。

1決算発表シーズン本格化へ〜「上方修正」が期待できる銘柄はコレ!?

冒頭でご説明したように、世界的に景気・企業業績に対する不透明感が強まっており、3月決算企業については、2018年10〜12月期決算発表を経て、通期(2019年3月期見通し)の業績見通しを下方修正する企業は少なくないとみられます。もっとも、逆に業績予想を上方修正する銘柄は希少価値が増し、株価が上昇する可能性が大きそうです。そこで、今回の「日本株投資戦略」では、2018年10〜12月期の決算発表を控え、通期(2019年3月)予想の「上方修正」が期待できる銘柄のスクリーニングを試みてみました。スクリーニング条件は以下の通りです。

(1)東証1部上場銘柄であること
(2)時価総額1,000億円以上の銘柄であること
(3)3月決算銘柄で広義の金融以外の業種に属していること
(4)業績予想を公表しているアナリストが2名以上付いていること
(5)上半期(2018年4月〜9月)の営業増益率(前年同期比)が、通期の予想営業増益率を上回っていること
(6)今期(2019年3月)・来期(2020年3月期)ともに、市場予想営業利益が増益となっていること
(7)市場予想の今期予想EPSが過去4週間で上昇していること

上記の全条件を満たす銘柄について、上半期の営業増益率が高い順に羅列したものが「表1」となります。「日本株投資戦略」では、これらの銘柄は通期業績予想の「上方修正」が期待できる銘柄であると考えております。

表1:「上方修正」が期待できる銘柄はコレ!?

取引 チャート ポートフォリオ コード 銘柄 決算発表
予定日
株価
(1/25)
上半期
営業増益率
今期予想
営業増益率
来期予想
営業増益率
現買信買 チャート 追加 3863 日本製紙 2/6(水) 2,142 131.1% 23.9% 45.6%
現買信買 チャート 追加 7518 ネットワンシステムズ 1/31(木) 2,152 113.6% 49.9% 13.6%
現買信買 チャート 追加 4569 キョーリン製薬ホールディングス 2/5(火) 2,330 97.6% 9.2% 24.5%
現買信買 チャート 追加 4921 ファンケル 1/30(水) 2,372 89.6% 62.2% 16.4%
現買信買 チャート 追加 6849 日本光電工業 2/4(月) 3,310 36.2% 9.7% 7.4%
現買信買 チャート 追加 7296 エフ・シー・シー 1/31(木) 2,813 33.9% 31.8% 10.4%
現買信買 チャート 追加 2412 ベネフィット・ワン 1/31(木) 3,390 32.2% 24.0% 25.5%
現買信買 チャート 追加 9065 山九 1/31(木) 5,240 31.0% 15.1% 3.1%
現買信買 チャート 追加 4922 コーセー 1/31(木) 15,320 30.9% 21.2% 7.8%
現買信買 チャート 追加 7013 IHI 2/7(木) 3,305 30.6% 26.6% 11.8%
  • ※会社公表資料、BloombergデータをもとにSBI証券が作成。「上半期営業増益率」は2018年4〜9月期営業利益の前年同期比増益率。今期予想営業増益率は2019年3月期の市場予想増益率。来期予想営業増益率は2020年3月期の市場予想増益率。市場予想はBloomberg集計の市場コンセンサス。

2上方修正期待銘柄の投資ポイントは?

ここでは、表1に掲載した「上方修正が期待できる銘柄」の一部について、投資ポイントをお伝えしたいと思います。

日本製紙(3863)の今上半期は営業利益が118億円と前年同期比131.1%増でした。紙・板紙事業の採算改善やエネルギー事業の稼働開始が貢献し、増益を確保する一方、円安や原油高を想定し、業績予想を下方修正していました。

現状では、会社が想定した水準より為替は円高、原油は下落傾向となっています。通期の営業利益については、会社予想200億円に対し、市場では218億円(前期比23.9%増)を予想しています。株価は昨年7/3(火)1,706円に対し、本年1/18(金)には2,187円まで上昇と、相対的にも堅調で、業績回復を織り込みつつあるように見受けられます。

ネットワンシステムズ(7518)はネットワークシステム構築の専業企業です。ルーターやスイッチ、サーバーなど、ネットワーク機器を組み合わせ、インターネットやクラウドなどが使えるよう、企業のシステムを構築しています。

今上半期は営業利益が49.4億円と前年同期比113.6%増でした。通期の会社予想営業利益は120億円ですが、市場は124億円弱(前期比49.9%増)を予想しています。投資家のテーマ株投資をお手伝いするSBI証券の「テーマキラー!」において、ネットワンシステムズは「5G」関連銘柄となっています。また、1/10(木)付で弊社アナリストが投資判断を「強気」としてレポートを執筆しております。

キョーリン製薬ホールディングス(4569)の営業利益は2016年3月期196億円、2017年3月期104億円、2018年3月期88億円と減少してきました。こうした中、今上半期は販管費の削減等に取り組み、前年同期比97.6%の営業増益を確保しました。

この下期より、過活動膀胱治療薬が新たに販売を開始されました。アナリスト予想の通りであれば、営業利益は前期が底となり、今期96億円、来期120億円と回復に向かう見込みです。なお、上期末の純資産1,646億円に対し、時価総額は1,500億円超程度と割安感が強まっています。また、年間の一株予想配当は75円(会社予想)であり、予想配当利回りは3.2%と計算されます。

ファンケル(4921)は通販主力の無添加化粧品メーカーで、サプリや健康食品にも展開しています。今上半期の営業利益は70.8億円(前年同期比89.6%増)でしたが、通期の市場予想営業利益は137億円(前期比62.2%増)となっています。

訪日外国人向けの拡大に成功していますが、越境ECなどチャネルの拡大に努めています。インバウンド関連株としての印象が強い銘柄ですが、当社の「テーマキラー!」では「アンチエイジング」関連銘柄となっています。

図1:ネットワンシステムズ(7518)・週足

図2:キョーリン製薬ホールディングス(4569)・週足

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【SBI証券 FX】ダブルでお得なキャンペーン!
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【国内信用デビュープログラム】はじめての取引で金利・貸株料最大10万円キャッシュバック

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.