SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-10-23 22:35:18

投資信託 > 投信積立

投信積立で資産形成をはじめよう

投信積立で資産形成をはじめよう
  • どんな投信が積立にぴったり?
  • SBI証券の「投信積立」サービスの魅力とは?
  • 積立サービスの利用方法
  • 初心者こそ「投信積立」から投信をはじめよう!
  • 積立代金自動振替サービス
  • 積立メール通知サービス

積立代金自動振替サービス

SBI証券では、投信積立に必要な資金を毎月自動で金融機関口座からお引き落とし(お振り替え)するサービスをご用意しております。
お引き落としにかかる手数料は「無料」!
「証券口座に入金するのを忘れていて、買えなかった!」という心配がありません。

自動振替サービスで証券口座への入金手続きが不要!

引き落とし先の金融機関は

1. 住信SBIネット銀行「SBIハイブリッド預金(預り金自動スィープサービス)」
2. 普段お使いの金融機関

の2つから選んでいただけます。

1住信SBIネット銀行「SBIハイブリッド預金(預り金自動スィープサービス)」を活用しよう

住信SBIネット銀行

×

SBI証券

住信SBIネット銀行の代表口座等からSBIハイブリッド預金にご資金を振り替えると、お客様が証券口座へ入金することなく、積立買付代金としてご利用いただけます。(受渡日に住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金からSBI 証券へ自動で入金されます。)SBIハイブリッド預金は、住信SBIネット銀行の普通預金よりも高い金利がつくため、非常におすすめです。

1銀行引落サービス

積立などの買付代金を、手数料無料でお客さまご指定の銀行口座から毎月自動的に引落して買付ができるサービスです。銀行から引き落とした金額は、投信積立以外の商品への投資にも活用いただけます。

ガス・電気などの公共料金のように、普段お使いの金融機関からも自動引き落としをして積立買付していただけます。証券口座への入金の手間を省きます。

引き落としにご利用可能な金融機関も、都市銀行5行を含め、地方銀行、信用金庫など合わせて全国280行以上の中からお選びいただけます。

積立設定金額に関わらず、別に「自動引落金額」を設定できる!

ご注意事項

  • 住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金は預金保険制度の対象となります。
  • 住信SBIネット銀行の円普通預金、SBIハイブリッド預金、円定期預金の合計で1,000万円までと、その利息が保護されます。
  • SBIハイブリッド預金のご利用は、お客さまとSBI証券、ならびに住信SBIネット銀行の三者による契約となります。
  • SBIハイブリッド預金のご利用可能時間は24時間365日です(住信SBIネット銀行、およびSBI証券のシステムメンテナンス時間を除く)。ただし、住信SBIネット銀行またはSBI証券のシステム障害などにより、一時的にSBIハイブリッド預金の取引を停止する場合があります。
  • SBIハイブリッド預金のみの解約はできません。SBIハイブリッド預金のご利用を停止されるか、またはSBIハイブリッド預金の休止の手続きを住信SBIネット銀行WEBサイトより行ってください。
  • SBIハイブリッド預金はATMや振込の入出金口座としてはご利用できません。ATMや振込をご利用の場合には、一度代表口座の円普通預金に振替後、お手続きください(即時決済サービスを利用したご本人名義のSBI証券口座宛ての振込出金は除く)。
  • 買付余力や信用建余力は、株式等の売買注文の発注、および約定により、リアルタイムで変動しますが、実際の資金移動については、原則、現物株式は受渡日、信用取引は必要保証金が増減する都度振替が行われます。
  • SBIハイブリッド預金の残高は、SBI証券での新規上場銘柄の売買に関する規制措置(いわゆる即金規制)銘柄の買付代金としては利用できません。即金規制銘柄の買付注文を発注するなど、注文時に証券口座に現金が必要な場合は、即時決済サービスをご利用ください。
  • SBIハイブリッド預金をご利用の場合も、「即時入金サービス」をご利用いただけます。また、ご登録の「振込指定銀行」へご出金いただくことも可能です。
  • SBIハイブリッド預金に関して詳しくは住信SBIネット銀行WEBサイトの説明書をご覧ください。
  • SBIハイブリッド預金サービスのご利用は無料です。

投資信託に関するご注意事項

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

<銀行代理業の概要>
所属銀行 住信SBIネット銀行株式会社
銀行代理業者 株式会社SBI証券
許可番号 関東財務局長(銀代)第12号
取扱業務 円貨普通預金口座開設の媒介(勧誘および受付)並びに、円貨定期預金、外貨預金、円仕組預金、外貨仕組預金の受入れ及び個人を貸付先として使途を特定しない資金(事業の用に供するためのものを除く)の貸付を内容とする契約締結の媒介(勧誘)
当社が媒介を行うお客様 個人のお客様
※ただし未成年のお客様や転居先が不明のお客様、ならびに法人のお客様は口座開設の媒介をいたしません。
取扱商品 円貨普通預金、円貨定期預金、円仕組預金(預金保険制度の対象です。)、外貨預金、外貨仕組預金、ネットローン
※商品概要・金利等は住信SBIネット銀行WEBサイトをご確認ください。
手数料 円貨普通預金口座開設並びに、円貨定期預金、外貨預金、円仕組預金、外貨仕組預金の受入れ及び個人を貸付先として使途を特定しない資金(事業の用に供するためのものを除く)の貸付を内容とする契約締結の媒介(勧誘)手数料は無料です。円貨定期預金、外貨預金、円仕組預金、外貨仕組預金及びネットローンの申込みには事前に住信SBIネット銀行の口座開設が必要となります。
その他の商品・サービスに関する手数料は、住信SBIネット銀行WEBサイトをご確認ください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • ポートフォリオの達人

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.