SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-19 01:22:18

外国株式 > 海外ETF > 「インデックス・ファンドの父」、バンガード創立者 ジョン・ボーグルの生涯 (連載全5回)

「インデックス・ファンドの父」、バンガード創立者 ジョン・ボーグルの生涯 (連載全5回)

バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社

2019年1月16日、世界最大級の資産運用会社であり、インデックス運用のパイオニアであるバンガードの創立者、ジョン・クリフトン・ボーグル(愛称:ジャック・ボーグル)が、ペンシルベニア州のブリンマーの自宅で逝去しました。ボーグルは、世界で初めて個人向けインデックス・ファンドを設立したことで、「インデックス・ファンドの父」として広く知られ、また資産運用業界に最も貢献した人物の一人としても認識されています。ボーグルは、一部の裕福な投資家だけではなく、全ての投資家に平等に低コストの投資機会を提供し、それまでの資産運用業界の慣習を変えた開拓者であり、世界中の多くの投資家から尊敬されています。ボーグルが資産運用業界を改革し人々の生活に貢献しようとした思いとその背景には、自身の質素な生い立ちと、成功に至るまでの向かい風の中での地道な努力がありました。異端児と呼ばれたボーグルの生涯と、今や5兆ドル(約550兆円)を超える運用総資産額を誇る、ボーグルが創り上げたバンガードの創業から現在に至るまでの経緯を、全5回の連載でお送りしたいと思います。

第一回:ボーグルの生い立ちと資産運用業界に入るまでの道のり

1929年5月8日、「世界恐慌」として知られる世界的規模で起きた不景気の直前に、ジョン・ボーグルは米国ニュージャージー州のモントクレアで生まれました。ボーグル家は決して裕福ではなく、恐慌の中、一般的なアメリカの家庭と同様に家計は苦しいものでした。また、経済面以外にも、両親の不安定な夫婦関係を幼いころに目にしたボーグルは、家庭問題から起こるストレスを感じていたと語っています。しかし、そのような厳しい家庭環境の中でも、母のジョセフィンは子供たちの教育に注力し、ボーグルと兄2人をニュージャージーの名門校「ブレアー・アカデミー」に、学費免除で入学させました。このことが、ボーグルの人生を大きく変えたといわれています。

少年時代のボーグルは名門校の学費を賄うために、奨学金に加えて校内の学食でも必死にアルバイトをしました。苦学生としての生活を送ることになりましたが、ブレアー・アカデミーで勉学を重ね、プリンストン大学に合格しました。後年、ボーグルは、「ブレアーでの日々は楽ではなかったが、プリンストン大学の1951年卒業生となるための鍵となる経験だった」と振り返っています。

やがて、ボーグルがプリンストン大学を経済学で極めて優秀な成績で卒業したことは、その後のキャリアに大きく影響しました。ボーグルが書いた投資信託に関する卒業論文が、プリンストン大学の卒業生であるウォルター・L・モーガンの目にとまったのです。モーガンは、米国で最も歴史のあるバランスファンドのウェリントン・ファンドの運用会社を1929年に創業した、ミューチュアル・ファンド業界の重鎮の1人でした。

また、モルガン・グロース・ファンド(今日においてもバンガードのファンドとして存在)の運用者でもありました。モーガンは22歳の野心に燃えたボーグル青年を、1951年フィラデルフィアを拠点とする自身の投資運用会社であるウェリントン・マネージメントで採用しました。これがボーグルの資産運用業界における長くて偉大なキャリアの始まりでした。

この時のボーグルが書いた論文が、後にボーグルがバンガードの立ち上げ後に商品化するインデックス・ファンドの基礎となったのです。幅広く分散した時価総額加重によるインデックス投資を低コストで提供することに関するものでした。学生時代から既にボーグルは、低コスト、分散、インデックス投資という未来を見通していたことになります。

次回は、第二回:「バンガードとS&P 500ファンドの誕生」を予定しております。

今日では当たり前となったインデックス投資による運用手法ですが、ボーグルがバンガードの社長を務めた当時はそうではありませんでした。
日本の個人投資家にも人気の高いVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)や、世界中の8000銘柄に投資をするVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)などは、高度に分散した投資商品で、彼の哲学を反映しているファンドの一例といえます。

  • VTI:米国株3500銘柄以上に投資ができ、時価総額平均で、米国の投資可能な株式99%への投資を実現している(S&P500は米国株式全体の80%)。
    1992年にファンドが設定され、2001年にバンガード初のETFとして米国に上場。ファンドとETF合わせて、85兆円の運用資産を誇る世界最大の公募投信。
  • VT:この一本で、世界の株式全体に投資ができるETF。先進国、新興国を含め、大型株、中型株、小型株まで、世界中の投資可能な株式98%以上にあたる8000銘柄に実際に投資している唯一のETF。日本の個人投資家の中では一番人気の商品。

【ご留意事項】

  • 本記事は情報提供のみを目的としたものであり、掲載された情報や表明された意見は金融商品の売買を提案もしくは勧誘するものではなく、証券投資に関するアドバイスを提供もしくはアドバイス提供サービスの勧誘を行うものでもなく、また前述のいかなる用途への利用も認められません。
  • 本記事は、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • 一般に、株式の価格は個々の企業の活動や業績、市場・経済の状況等を反映して変動し、また、公社債の価格は市場金利の変動等を受けて変動するため、株・債券の価格が下落し、損失を被ることがあります。株・債券の価額の変動要因としては、主に「価格変動リスク」や「為替変動リスク」、「カントリーリスク」、「信用リスク」、「流動性リスク」などがあります。
  • 本記事の著作権は当社に属し当社の事前の許可なく複製・再配信等を行うことはできません。
  • 本記事に掲載された内容は、執筆時における筆者の見解・予測であり、情報の正確性や完全性について保証するものではありません。また過去のデータは将来の結果を保証するものでもありません。
  • 当社は有価証券等の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。当社は本記事の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではありません。
  • 分散投資はマーケットの下落時に利益をもたらすものでも、損失を防ぐものではありません。
  • 投資にはリスクがあります。投資にあたってはお客様ご自身の判断と責任でお願いいたします。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第146号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 投資信託協会、
一般社団法人 日本投資顧問業協会
© 2019 The Vanguard Group, Inc. All rights reserved.

外国株式口座開設外国株式お取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
  • 本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

<手数料等およびリスク情報について>

外国株式のお取引にあたっては、所定の手数料がかかります(手数料はお客さまの取引コース、取引チャネルや外国有価証券市場等により異なることから記載しておりません)。外国株式の取引は、株価や為替市場の変動等により損失が生じるおそれがあります。
詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示、または上場有価証券等書面をご確認ください。

お客様サイトへログイン

外国株式の投資情報

商品・サービスのご案内

  • 海外ETFを買ってノベルティーを当てよう!
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!
  • 米国株式・ETF定期買付サービス
  • 【動画】ウェルスナビ CEO柴山「起業の想い」

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.