SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-08-18 13:50:57

投資信託 > 特集 >  米国株式長期厳選ファンド米国株式に長期厳選投資!“手触り感”のある運用が魅力の注目ファンド!

米国株式に長期厳選投資!“手触り感”のある運用が魅力の注目ファンド!

2018/6/18

日本株式に厳選投資するファンドは多数ありますが、一方、米国株式で銘柄を絞って投資するファンドは多くありません。 高い成長性を誇り、幅広い魅力的なビジネスモデルを有する米国企業の中から“本当に強いビジネスを見極め、集中的に投資を行う”ファンドが、ついに個人投資家の皆さまに広くご提供できるようになりました!
運用を率いるのは、メディアでも度々取り上げられる実力派ファンドマネージャー奥野一成氏。
『日本人が日本人のために行う米国株への厳選、集中投資』がこのファンドのコンセプトです。

そんな、「農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド」の魅力をご紹介します!

ファンドマネージャー・奥野一成氏に
独占インタビュー!

ファンドの魅力

強靭なビジネスを見極める!3つのポイントで厳選投資!

成長力に期待のできる米国企業の中から、長年の経験から培った“目利き力”と、実際に現地の企業を訪問して感じた“生の情報”をもとに3つの条件から企業を厳選します。
その条件とは、

@付加価値の高い産業か?
A圧倒的な競合優位性があるか?
B長期的な潮流にのっているか?

というもので、これら3つの条件を兼ね備えた、一握りの企業に投資を行います。

【構造的に強靭な企業の例】

International Flavors & Fragrances(香料メーカー)

Mettler Toledo(秤メーカー)

Verisk Analytics(保険データ)

Rollins(害虫駆除サービス)など

投資先解説動画を参照

長年の経験に裏打ちされた投資哲学と“手触り感”のある運用

「農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド」の運用を行うのは、農林中金バリューインベストメンツ(NVIC)で常務取締役(最高運用責任者)を務める、奥野一成氏です。

農林中金バリューインベストメンツ株式会社
常務取締役(最高運用責任者) 奥野一成氏

【経歴】
1992年京大法卒、日本長期信用銀行入行。長銀証券、UBS証券を経て03年に農林中央金庫入庫。07年より、「長期集中投資自己運用ファンド」の運用を始める。14年から現職。

日本における長期厳選投資のパイオニア的存在

「日本から日本人が米国株を運用してリターンをあげられるのか?」そんな疑問に対して奥野氏は、「長期投資に国境は関係ない」と自信ありげに答えます。“投資の神様”とまで呼ばれる、あのウォーレン・バフェット氏も、米国金融の中心地ウォール街から遠く離れたオマハの地で長期投資を実践して成功しているように、長期投資においては情報の速さや量ではなく、ビジネスを洞察する力こそが重要、というのが奥野氏の哲学です。

また、投資する企業への現地訪問を通じて、投資先を一つ一つ深く理解するという“手触り感”のある投資を、日本人の運用者だからこそ、投資家に日本語で丁寧に説明することで提供できる。そんな想いがファンドには込められています。

投信保有者の皆様に"手触り感"をお伝えするためのNVICの投資活動

運用コストを抑えたアクティブファンド

「農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンド」は、同カテゴリのファンドの中でも、低い信託報酬率を実現しています。長期投資だからこそ運用コストにもこだわりのポイントです。
「長期で値上がりが期待できる企業に、投資家の皆さまにも長期で投資してもらいたい」という思いから、アクティブファンドでもこの低コストが実現しました。

※カテゴリ(先進国株式・アクティブ)はモーニングスターによる、フィーレベル・カテゴリーを参照。

投資先企業を徹底解説!

再生再生 再生再生

奥野氏自らファンドの魅力を解説!

再生再生

なぜ米国株式なのか

バブル崩壊後、日本の株価が低迷する中でも、米国の株価は成長を続けてきました。長期的に日米の株価を比較すると、その差は歴然と言えるのではないでしょうか。
では、その米国株の強さとは一体どこから来るのでしょうか?

米国株式の魅力を語るポイント

1 良好なファンダメンタルズ

▼ 詳細はこちら

2 米国企業の「世界市場を収益化できる強さ」

▼ 詳細はこちら

3 日本企業対比の圧倒的な収益性

▼ 詳細はこちら

ご注意事項

  • 「毎月分配型」の投資信託については、お取引の前に必ず「毎月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」PDFです。新しいウィンドウで開きます。の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.