SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-08-17 14:18:30

債券 > 外貨建債券 > メキシコペソ建債券

メキシコペソ建債券

お知らせ

メキシコペソの魅力解説動画公開中!

【メキシコペソ/円】
約6年ぶりの高値圏の要因とは?

売出概要

商品名

アフリカ開発銀行 2024/7/25満期 メキシコペソ建債券

発行体

アフリカ開発銀行

発行体格付(※1)

Aaa(Moody's)/AAA(S&P)/AAA(Fitch)

売出価格・償還価格

額面金額の100%

発行日

2022/7/22

受渡日

2022/7/25

売出額

2,100万 メキシコペソ

利率(※2)

年9.30%(税引前)/年7.410%(税引後)

利払日(※3)

毎年1/25、7/25
初回:2023/1/25

満期償還日(※3)

2024/7/25

期間

約2年

お申し込み単位(額面)

10,000 メキシコペソ以上、10,000 メキシコペソ単位

当社お申し込み期間(予定)
(※4)

円貨決済:6/23(木)11:00〜7/21(木)14:30
外貨決済:6/23(木)11:00〜7/22(金)17:00

営業日

東京、ニューヨークおよびメキシコシティにおいて、商業銀行および外国為替市場が支払いを決済している日(土曜日および日曜日を除く)

※1 金融商品取引法第66条の27の登録を受けていない者が付与した格付(無登録格付)です。
無登録格付に関しては、「無登録格付に関する説明書 PDFです。新しいウィンドウで開きます。」をご覧ください。

※2 メキシコペソベースとなります。税引後利率は、個人のお客さまの場合、20.315%(所得税15.315%、住民税5.0%)の税金が差し引かれた利率であり、小数第4位以下を切り捨てた数値となります。なお、利息額は、1ヵ月を30日、1年を360日とする日数計算方式(30/360 Day Count Fraction)に従って算定されます。

※3 利払日、償還日が営業日でない場合は、翌営業日に繰延べます。ただし、繰延べた結果、翌月になる場合は前営業日に繰上げます。なお、いかなる場合にも利払日に支払われるべき利息額について調整は行われません。

※4 メキシコペソは「リアルタイム為替取引」対応通貨です。ご注意事項>【円貨決済による買付のご注文】をご確認ください。
なお、外貨決済による買付のご注文は、お申し込み受付完了と同時に約定となりますが、円貨決済による買付のご注文は、定時為替取引(当社営業日の10:00と14:30)後に約定となります。

メキシコペソ建てでの投資のイメージ

本債券は固定利率のため、メキシコペソ建てでの利金額は決まっています。定期的に利金が受取れ、満期時には額面金額100%で償還されます。

10,000メキシコペソ(約68,700円)投資した場合

初回

2回目

4回目

MXN
465

MXN
465

MXN
465

MXN
1,860

MXN
10,000

MXN
10,000

MXN
11,860

  • ※ 1メキシコペソ=6.87円(為替スプレッド0.27円を含む)で計算
  • 図中のMXNはメキシコペソを表します。
  • 上記の利金額は年利率9.30%で計算した、いずれも税引前の金額です。実際は利金お受取り時に利子所得として課税(源泉徴収)されます。
  • 利金、償還金の受取額は為替レートに応じて変動します。
  • 実際のお申し込み時に必要となる金額(円貨)は、外貨建債券買付金額シミュレーションツール 新しいウィンドウで開きます。で計算することができます。

各為替レートによる利金の円換算金額(税引前)のシミュレーション

本債券に10,000メキシコペソ投資した場合に受取れる、1回あたりの利金の円換算金額を、各為替レートによりシミュレーションした結果です。

MXN
465

1MXN  =

7.60円 − 0.27円

= 7.33円

3,408円

1MXN  =

6.60円 − 0.27円

= 6.33円

2,943円

1MXN  =

5.60円 − 0.27円

= 5.33円

2,478円

  • 図中のMXNはメキシコペソを表します。
  • 上記のシミュレーション結果は、いずれも税引前の金額です。利金の実際のお受取り時には、利子所得として課税(源泉徴収)されます。
  • 源泉徴収額(円貨)は、現地利払日に銀行が提示する対顧客直物電信買相場(TTB)で利金を円換算のうえ、所得税・復興特別所得税15.315%および住民税5%をそれぞれ乗じて算出します(円未満切捨て)。
  • 上記の数値はご参考値であり、実際の円換算受取額とは異なります。

損益分岐点のイメージ

償還時の為替相場がご購入時よりも円高となった場合でも、一定程度の円高であれば、利金による運用利益で為替差損をカバーすることができます。
外貨建債券に投資する際は、為替差損による元本割れが発生しない水準の為替レートである「損益分岐点」を把握しておきましょう。

購入時の為替レートを1メキシコペソ=6.60円と仮定した場合の損益分岐点

利率(税引前)

年9.30%

期間

約2年

購入金額

10,000メキシコペソ(約68,700円※)

利金額 合計(税引前)

1,860メキシコペソ

利金・償還金額 合計(税引前)

11,860メキシコペソ

※ 1メキシコペソ=6.87円(為替スプレッド0.27円を含む)で計算

【損益分岐点の計算方法】

円換算の購入金額 ÷ 利金・償還金額 合計(外貨/税引前)+ 為替スプレッド

上記の例で計算してみると・・・
68,700円 ÷ 11,860メキシコペソ + 0.27円 =6.06258・・・・・円となります。

損益分岐点のイメージ

償還時メキシコぺソ/円 為替レート(為替スプレッドを含まない)

この場合、1メキシコペソ=6.06円までの円高であれば元本割れしません。

上記の為替レートには、為替スプレッドが考慮されていません。
利金・償還金額 合計を円換算するには、このレートから為替スプレッド(0.27円)を差し引いた為替レートで計算します。

  • 上記の損益分岐点は、利金を全て外貨で受取り、償還時に利金・償還金をすべて円貨に為替取引をした場合のシミュレーションです。あくまで、概算であり将来の運用成果または投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。
  • 利金に対する源泉徴収税額および特定口座(源泉徴収あり)で保有されているお客さまの償還金の税務上の損益を計算する際には、当社でお取引いただく為替レートではなく、当社の主たる取引金融機関が提示する為替レート(取得時には対顧客直物電信買相場(TTS)、利払・償還時には対顧客直物電信買相場(TTB))を使用いたしますので、税務上の損益は上記のシミュレーションとは異なる結果となります。
メキシコペソ / 円 為替チャート
為替チャート

出所:Bloombergのデータより当社作成

発行体 アフリカ開発銀行について

アフリカ開発銀行(AfDB)は、アフリカ諸国の経済的開発および社会的進歩に寄与するため、1964年9月に設立されました。アフリカ開発銀行グループは、未だ多くの困難を抱えるアフリカ諸国の開発ニーズに応えるため、アフリカを代表する地域密着型の国際開発金融機関(MDBs)としてアフリカ諸国のニーズを細やかに汲み取りつつ、自らの専門性を生かした業務を行っています。
日本は、1983年に他の域外国と共にAfDBに加盟して以来、域外加盟国中、米国に次ぐ第2位の出資国として、AfDBの政策や活動に深く関与してきました。

(出所:財務省)

「Improve the Quality of Life for the People of Africa」とは

「Improve the Quality of Life for the People of Africa」は、アフリカ開発銀行が注力する5つの分野「High 5s(ハイ・ファイブズ)」の中の1つであり、インフラ整備や水・衛生保健分野での基礎サービスへのアクセス改善、人材育成等を通じ、若年層を含めた雇用創出を目指すものです。
アフリカ開発銀行の発行する本債券を通じてこのプロジェクトに寄与することが出来ます。
アフリカ開発銀行は、この債券発行による調達資金または同額以上を当プロジェクトに充当すべく最大限の努力をいたします。

Improve the Quality of Life for the People of Africa

ご注意事項

  • お申し込みにあたっては、必ずあらかじめ目論見書または売出要項等 PDFです。新しいウィンドウで開きます。をよくお読みください。
  • 債券は金利の上昇等による債券価格の下落や発行体の信用状況の悪化等により損失を被ることがあります。
    外国証券の国内店頭取引について新しいウィンドウで開きます。を十分ご理解いただいた上でお取引ください。
  • 本債券の売出は、当社約款規程集 PDFです。新しいウィンドウで開きます。第6章「外国証券取引口座約款」に基づいて行っております。
  • 外貨建て債券は、原則として、当社から他社へ移管(出庫)することができません。償還日より前に売却する場合には、お客様と当社との相対取引となり、当社が合理的に算出した時価に基づいた価格で取引いただきます。

買付のお申し込みについて

  • 外貨建債券の注文ルールは、こちら新しいウィンドウで開きます。をご確認ください。
  • 本債券は個人、法人を問わず、お申し込みいただけます。
  • 本債券は売出額に限度がございますので、完売となり次第お申し込みの受付を終了いたします。
  • カスタマーサービスセンターでのお申し込みは、以下のとおり承ります。

    【目論見書等の郵送を請求する場合】

    (1)目論見書等の郵送をカスタマーサービスセンターにご請求ください。

    (2)お申し込みは、目論見書等の郵送をご請求いただいた日から起算して5営業日目より承ります。目論見書等の内容をご確認いただき、カスタマーサービスセンターに再度ご連絡をお願いいたします。本債券が完売、もしくは、お申し込み期間が終了した場合には、再度ご連絡をいただきましてもお申し込みを承れませんので、あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。

    【目論見書等をWEB閲覧する場合】

    (1)『取引』>『外貨建債券』>『新発債』画面に銘柄一覧が表示されますので、お申し込みされる銘柄の【お申し込み】ボタンより「銘柄詳細情報」をご確認ください。

    (2)【お申し込みはこちら】ボタンを押下いただくと「目論見書等 電子書面閲覧」画面が表示されます。書面の内容をご確認・ご理解の上、チェックボックスをクリックして✔が入ったら、「同意して次へ」ボタンを押下ください。

    (3)カスタマーサービスセンターにて、目論見書等をWEB閲覧されていることを確認の上、お申し込みを承ります。

【円貨決済による買付のご注文】

  • 債券のご注意事項 新しいウィンドウで開きます。の『外貨建債券の円貨決済の仕組みについて』をご確認ください。
  • 円貨決済による買付のご注文は、『外貨建債券のお買付に必要な分の外貨を購入するための為替取引のご注文』と『為替取引のご注文の成立と同時に外貨建債券のお申し込みを行うこと』をあらかじめ指定する買付方法です。外貨建債券の約定は、為替取引のご注文の約定後すぐに行われます。
  • 円貨決済によるご注文は、「定時為替取引」によって為替取引(日本円売りメキシコペソ買い)が行われます。メキシコペソの「定時為替取引」のご注文の約定時間は、当社営業日の10:00と14:30の1日2回です。
  • メキシコペソは「リアルタイム為替取引」対応通貨です。「リアルタイム為替取引」については、こちらおよびこちら新しいウィンドウで開きます。をご確認ください。
  • 「リアルタイム為替取引」と「定時為替取引」では、為替スプレッド(1メキシコペソあたり0.27円)は同じですが上乗せレートが大きく異なり、「リアルタイム為替取引」では0.02%、「定時為替取引」では0.20円です。
    例えば、参考レートを1メキシコペソあたり6.67円と仮定した場合、「リアルタイム為替取引」では6.671334円が仮計算用レートとなりますが、「定時為替取引」では6.87円が仮計算用レートとなりますので、円貨決済(定時為替取引)の方が、より多くの円貨をご入金いただいたうえでお取引いただくこととなりますのでご注意ください。
  • 本債券の外貨決済による買付のご注文は、お申し込み受付完了と同時に約定となりますが、円貨決済による買付のご注文は、定時為替取引(当社営業日の10:00と14:30)後に約定となります。このため、例えば、当社営業日11:00にお申し込みいただいた本債券の円貨決済のご注文より、リアルタイム為替取引をご利用のうえで12:00にお申し込みいただいた本債券の外貨決済のご注文が先に約定となりますのでご注意ください。
  • 為替取引のご注文の約定時間に外貨建債券が完売していた場合、円貨決済による外貨建債券の買付のご注文は失効いたします。一部約定の場合には、残りの数量分の円貨決済による外貨建債券の買付のご注文(為替取引も含みます。)は失効いたします。
  • 円貨決済による買付のご注文の取消は、為替取引のご注文の約定前まで可能です。
  • 円貨決済による買付のご注文の場合、お申し込み受付完了と同時に概算受渡金額を円貨の出金可能額から拘束いたします。概算受渡金額は、買付数量×仮計算用レートで計算されます。仮計算用レートは、参考レート(為替スプレッドを考慮した直前の為替取引で約定した為替レート)に上乗せレート(1メキシコペソ当たり0.20円)を加算したレートです。実際の受渡金額との差額分の余力拘束は、約定後に速やかに解除いたします。

【外貨決済による買付のご注文】

  • 外貨決済による買付のご注文は、お申し込み受付完了と同時に外貨の買付余力を拘束し、以降はお申し込みの取り消しができなくなりますのでご注意ください(一部約定し、完売した場合も含みます)。
  • ご自身で「リアルタイム為替取引」(円からメキシコペソ)を行ったうえで本債券をご購入いただく場合、原則として、本債券の当社お申し込み期間最終日(外貨決済)の5:30(冬時間6:30)までにお取引ください。
  • 信用取引新規建等によって必要保証金が増加したことや現物取引の日計り取引を行ったこと等により、約定金額確定時における出金余力が減少した場合、日本円のお預り残高が不足することとなり、原則として約定となりませんのでご注意ください。
  • 特定口座を開設されているお客さまは、すべて特定口座でのお預り(特定預り)となります。一般口座でのお預り(一般預り)はご選択いただけません。
  • ジュニアNISA口座を開設されているお客さまは、預り区分(「総合口座」「ジュニアNISA口座」)をご選択ください。
  • 「ジュニアNISA口座−特定預り/一般預り」は課税、かつ払出し制限ありのお取引となります。払出し制限なしのお取引は「総合口座−特定預り/一般預り」のお取引をご選択ください。払出し制限についてはジュニアNISA口座でのお取引のご注意事項をご確認ください。
  • お申し込みにあたっては、事前の国籍登録が必要となります。
  • 国籍登録がお済みでないお客さまは、当社WEBサイト、ログイン後の「口座管理」>「お客さま情報 設定・変更」>「ご登録情報」>「お客さま基本情報」より、ご登録をお願いいたします。当社営業日の4:00までにご登録いただくと、翌当社営業日の早朝に取引制限が解除されます。国籍のご登録方法等について、詳しくはこちら新しいウィンドウで開きます。をご確認ください。

売却のお申し込みについて

  • 外貨建債券は、原則として発行日の2営業日後の17:00から途中売却が可能です。「取引」>「外貨建債券」>「売却」よりお取引いただけます。
  • ご注文はインターネットまたはカスタマーサービスセンターにて既発債券のお取引時間内に受付いたします。
  • 外貨建債券の売却は、外貨決済のみ受付いたします。外貨から円貨への交換をご希望の場合には、お客さまご自身で、別途、為替取引を行ってください。為替取引について、詳しくはこちらをご確認ください。当社の為替取引のルールについては為替取引に関する説明書 PDFです。新しいウィンドウで開きます。をご確認ください。

利金・償還金について

本債券の利金・償還金の受取方法は、「外貨受取」または「円貨受取」をご選択いただけます。受取方法の設定・確認は、「口座管理」>「口座(外貨建)」>「外貨建債券利金償還金受取方法指定」から行えます。詳しくは、こちらをご確認ください。

【外貨受取の場合】

本債券の利金・償還金(外貨)は、原則として、現地利払日・償還日の翌国内営業日の翌日に外貨の買付余力に反映されます。外貨建てのお取引口座へのご入金は、現地利払日・償還日の翌々国内営業日となります。

【円貨受取の場合】

円貨での受取を指定した場合、「定時為替取引」での為替取引となります。原則として、現地利払日・償還日の翌々国内営業日(国内支払日)の最初の為替取引にて外貨から円貨に為替取引され、10:30以降に円貨の買付余力に反映し、国内支払日の翌国内営業日にお客さまの円貨建てのお取引口座に入金いたします。

手数料等について

  • 外貨建債券を売買する場合は、その対価(購入対価・売却対価)のみを受払いいただきます。
  • メキシコペソと円貨とを交換する場合に適用される為替レートは、次のとおりです。

    【円をメキシコペソに交換する場合】
    当社が外国為替市場の動向を踏まえて決定した為替レートに、為替スプレッド(1メキシコペソ当たり0.27円)を加算した為替レートを適用いたします。

    【メキシコペソを円に交換する場合】
    当社が外国為替市場の動向を踏まえて決定した為替レートから、為替スプレッド(1メキシコペソ当たり0.27円)を差し引いた為替レートを適用いたします。

課税関係について

  • 個人のお客さまの場合、利金、償還損益および譲渡損益は20%(所得税15%および住民税5%)の税率の申告分離課税の対象となります。2013年から2037年までの確定申告の際には、上記の所得税と併せて合計所得税額に2.1%を乗じて計算した復興特別所得税の申告・納付が必要になります。
  • 源泉徴収において適用される源泉徴収税率は、20.315%(所得税、復興特別所得税15.315%および住民税5 %)になります。
  • 法人のお客さまの場合、利金に適用される源泉徴収税率は、15.315%(所得税および復興特別所得税)になります。
  • 将来において税制が変更される可能性があります。またお客さまによっては取り扱いが異なる場合がありますので、個々のお取扱につきましては個別に所轄税務署にご確認ください。

債券投資のリスクについて

本債券への投資には、一定のリスクが伴います。本債券への投資を検討される方は、本債券のリスクをご理解の上、お申し込みください。

【金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動などにより損失が生ずるおそれがあります。】

  • 外貨建て債券の市場価格は、基本的に市場の金利水準の変化に対応して変動します。金利が上昇する過程では債券価格は下落し、逆に金利が低下する過程では債券価格は上昇することになります。したがって、償還日より前に換金する場合には市場価格での売却となりますので、売却損が生ずる場合があります。また、市場環境の変化により流動性(換金性)が著しく低くなった場合、売却することができない可能性があります。
  • 金利水準は、各国の中央銀行が決定する政策金利、市場金利の水準(例えば、既に発行されている債券の流通利回り)や金融機関の貸出金利等の変化に対応して変動します。
  • 外貨建て債券は、為替相場(円貨と外貨の交換比率)が変化することにより、為替相場が円高になる過程では外貨建て債券を円貨換算した価値は下落し、逆に円安になる過程では外貨建て債券を円貨換算した価値は上昇することになります。したがって、売却時あるいは償還時の為替相場の状況によっては為替差損が生ずるおそれがあります。
  • 通貨の交換に制限が付されている場合は、元利金を円貨へ交換することや送金ができない場合があります。

【債券の発行者または元利金の支払の保証者の業務または財産の状況の変化などによって損失が生ずるおそれがあります。】

  • 外貨建て債券の発行者や、外貨建て債券の元利金の支払いを保証している者の信用状況に変化が生じた場合、市場価格が変動することによって売却損が生ずる場合があります。
  • 外貨建て債券の発行者や、外貨建て債券の元利金の支払いを保証している者の信用状況の悪化等により、元本や利子の支払いの停滞若しくは支払不能の発生または特約による元本の削減等がなされるリスクがあります。なお、金融機関が発行する債券は、信用状況が悪化して破綻のおそれがある場合などには、発行者の本拠所在地国の破綻処理制度が適用され、所管の監督官庁の権限で、債権順位に従って元本や利子の削減や株式への転換等が行われる可能性があります。ただし、適用される制度は発行者の本拠所在地国により異なり、また今後変更される可能性があります。
  • 外貨建て債券のうち、主要な格付機関により「投機的要素が強い」とされる格付がなされているものについては、当該発行者等の信用状況の悪化等により、元本や利子の支払いが滞ったり、支払不能が生ずるリスクの程度はより高いと言えます。

【新興国のカントリーリスクについて】

いわゆる新興国通貨建てで発行される外貨建て債券は、当該国の政治・経済・社会情勢の不安定化や混乱、また現地規制の変更等による通貨価値の大幅な変動や流動性の低下、市場の機能停止の可能性など、先進国通貨建ての債券に比べて相対的に大きなカントリーリスクが内在します。従って、先進国通貨建ての債券と比較してより大きな為替変動リスクを負うことが想定され、また市場の流動性が極端に低下している場合には、その売却等に障害が生じる可能性があります。

英文開示について

日本証券業協会のホームページ新しいウィンドウで開きます。に掲載されている外国会社等が発行する債券のうち、国内で募集・売出しが行われた債券については、金融商品取引法によって提出が義務づけられている有価証券届出書、有価証券報告書その他の開示書類が英語により記載されています。

ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

  • SBIホールディングス 第31回無担保社債 (社債間限定同順位特約付)
  • 豪ドル建債券

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.