SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-01-25 16:49:07

マーケット > 朝イチ情報

朝イチ情報

<相場の読み筋>1月25日

更新 : 21/1/25 8:10(更新予定時間:8:30頃)

 前週末22日の米国株式は、NYダウが前日比179.03ドル安の3万996.98ドルと続落、ナスダック総合指数は同12.147ポイント高の1万3543.062ポイントと4日続伸し、3日続けて史上最高値を更新して取引を終了。出来高概算は、NY市場が10億4523万株、ナスダック市場が62億5609万株だった。米メディアのCNBCは、バイデン米大統領が計画する1兆9000億ドル(約198兆円)の経済対策に対し、一部の共和党員が必要性に疑問を表明していると報道。同法案の成立に向け、不透明感が高まったうえ、週末要因も重なり、ポジション調整の売りが優勢となった。一方、ナスダック総合指数は、アップルやアルファベット(グーグルの持株会社)、マイクロソフトなどが堅調で、同指数の上昇を支えた。

 25日の東京株式は、堅調な展開か。前週末22日の日経平均株価は、下げ渋る動きをみせ、日足チャート上では陽線を形成するなど、押し目を拾う動きから底堅い動きとなった。引き続き、手がかり材料に乏しいなか、21年3月期第3四半期(20年4-12月)の決算発表の本格化を控え、模様眺めムードが広がる場面もありそう。為替相場は、ドル・円が1ドル=103円台の半ば(前週末22日終値は103円67-68銭)、ユーロ・円が1ユーロ=126円台の前半(同126円02-06銭)と小動き。前週末22日のADR(米国預託証券)は円換算値で、武田薬<4502.T>、東芝<6502.T>、パナソニック<6752.T>などが、同22日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、22日の大阪取引所清算値比20円安の2万8610円だった。

<きょうの個別材料>
○プラス材料
 カナレ電気<5819.T>―20年12月期の連結業績予想を上方修正
 千趣会<8165.T>―20年12月期の連結業績予想を修正、赤字幅が縮小する見通しに

●マイナス材料
 ベクター<2656.T>―未定としていた20年3月期の単体業績は、損益が赤字に転落する見込みに
 ランビジネス<8944.T>―財務上の影響などを総合的に勘案し自社株買いを中止

 上記の材料はあくまでも相場の参考です。個々の銘柄の株価位置、あるいは相場の流れなどにより、その反応は不確定です。

<きょうの狙い>キョーリンH=子会社の杏林製薬が間質性膀胱炎治療剤で承認を取得

更新 : 21/1/25 8:10(更新予定時間:8:30頃)

 キョーリン製薬ホールディングス(キョーリンH)<4569.T>は前週末22日引け後、子会社の杏林製薬が1月22日付けで、厚生労働省から間質性膀胱炎治療剤「ジムソ膀胱内注入液50%」の製造販売承認を取得したと発表した。

 同剤は、50%のジメチルスルホキシドを含む膀胱内注入液で、日本人間質性膀胱炎患者96例を対象とした第3相臨床試験(多施設共同、無作為化、二重盲検、プラセボ対照、並行群間比較試験)を実施し、その有効性と安全性が評価され、承認に至ったという。

 前週末22日終値は、前日比48円安の1914円。

<ダイジェスト>


GLM、合人社計画研究所と共同出資による合弁会社の設立に関する合弁契約を締結

更新 : 21/1/25 7:30

 グローバル・リンク・マネジメント(GLM)<3486.T>は21日、合人社計画研究所(広島県広島市)と、共同出資による合弁会社の設立に関する合弁契約を締結したと発表した。

 同社と合人社が設立する合弁会社G&G Communityにおいて、マンション・ビルなどの管理業務、不動産売買、仲介、賃貸借および管理駐車場の管理・運営事業を行うことで、顧客へのサービス向上、人的リソース不足の解消、価格、品質、立地など、購入者層のニーズに適用する運用商品の提供などが可能になり、両社のいっそうの企業価値向上に資するとしている。

 22日の終値は、前日比8円高の718円。


ガンホー、「ニンジャラ」が世界累計600万ダウンロードを突破

更新 : 21/1/25 7:31

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.T>は21日、Nintendo Switch向け対戦ニンジャガムアクションゲーム「ニンジャラ」が、世界累計600万ダウンロードを突破したと発表した。

 「ニンジャラ」はサービス開始から16時間で世界累計100万ダウンロードを突破して以降、世界中の多くの人たちからの支持を受け、18日に世界累計600万ダウンロードを突破したという。

 22日の終値は、前日比35円高の2600円。


JTEC、同社独自の3次元大量細胞継代培養自動化技術が「関西ものづくり新撰2021」に選定

更新 : 21/1/25 7:32

 ジェイテックコーポレーション(JTEC)<3446.T>は21日、同社独自の3次元大量細胞継代培養自動化技術「J-iSS(ジス)」が、近畿経済産業局主催の「関西ものづくり新撰2021」に選定されたと発表した。

 選定された3次元大量細胞継代培養自動化技術「J-iSS」は、低コストかつ大量の細胞が要求される再生医療等製品や創薬スクリーニングの分野に対して適用を目指したもの。経済産業省の戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)の支援・補助のもと、同社と大阪大学とで共同研究開発を行った。同技術は、従来の培養法と比べてヒトの作業習熟度にかかわらず簡便、安定にiPS細胞などを立体的に効率良く増やせるという。

 22日の終値は、前日比105円高の3830円。


ファインD、浜市立大学発のベンチャー企業CROSS・SYNCと資本提携

更新 : 21/1/25 7:33

 ファインデックス(ファインD)<3649.T>は21日、横浜市立大学発のベンチャー企業CROSS SYNC(神奈川県横浜市)と資本提携で基本合意したと発表した。

 CROSS SYNCは、ひっ迫する集中治療室での重症化予測AI搭載の医療データ統合分析システムiBSEN(イプセン)の開発・提供を行っている。同社は今回の資本提携により、同社の医療情報システムやヘルスケアソリューションと、CROSS SYNCの診療データ分析の高度なノウハウをもとに、国内外の医療現場における問題解決での協業も視野に入れ、互いの強みをもって補完し合うことで、これまで以上に幅広いソリューションの提案と大きなシナジーを得ることを目指すという。

 22日の終値は、前日比24円安の1114円。


住友商、100%植物由来のプラスチック代替素材を製造するアミカテラに出資

更新 : 21/1/25 7:34

 住友商事<8053.T>は21日、100%植物由来のプラスチック代替素材を製造するアミカテラ(東京都江東区)に出資したと発表した。

 アミカテラは、プラスチックの代替素材「プラントファイバーセラミック(PFC)」の製造技術を有し、PFC原料ペレットの製造やストロー・容器など成形品の販売を行っている。今後、同社は同社製品の販売代理店として、国内外での販売や製造促進に取り組み、循環型社会の構築を目指すとしている。

 22日の終値は、前日比4円安の1417円。


東レ、高い耐熱性、剛性、強度を維持しながら疲労耐久性を従来の15倍まで高めた新規ポリマー材料を創出

更新 : 21/1/25 7:35

 東レ<3402.T>は21日、ポリアミド6(PA6樹脂)が持つ高い耐熱性、剛性、強度を維持しながら、繰り返し折り曲げ疲労耐久性を従来の15倍まで飛躍的に高めた新規ポリマー材料を創出したと発表した。

 同社によると、同開発品は自動車、家電製品、スポーツ用品など疲労耐久性が必要な用途に広く展開が期待できるという。21年度から本格的なサンプルワーク開始を目指すとともに、幅広い工業材料分野で用途展開を進めるとしている。

 22日の終値は、前日比5.6円高の716.7円。


帝人、オランダに欧州サステナブル先端技術開発センターを開設

更新 : 21/1/25 7:36

 帝人<3401.T>は21日、持続可能な社会への貢献に向け、主たる提供価値である「環境価値ソリューション」に関するハブ機能として、オランダのアーネム市に、欧州サステナブル先端技術開発センター(ESTIC)を開設したと発表した。

 「ESTIC」は、同社グループが進める「環境価値ソリューション」領域の技術開発におけるハブ機能として、国や事業をまたがるグループ内連携を強化・促進。さらに、外部との協創にも積極的に取り組むことで、気候変動対策やサーキュラーエコノミーの実現に向けた開発を推進していく拠点にするという。

 22日の終値は、前日比13円高の1933円。


いすゞ、中型トラック「フォワード」を改良し発売

更新 : 21/1/25 7:37

 いすゞ自動車<7202.T>は21日、中型トラック「フォワード」を改良し、同日から全国一斉に販売すると発表した。

 今回の改良では、国内中型トラック初(同社調べ)となる右左折時における横断歩行者を検知する交差点警報と、歩行者まで検知対象を拡大したプリクラッシュブレーキを採用し、安全運転をサポートする。また、LED(発光ダイオード)ヘッドランプおよびフォグランプを標準化し、夜間走行時の視認性を向上した。同社では、ドライバーの視界を補助する次世代の安全装備を拡充し、事故抑制に貢献するとしている。

 22日の終値は、前日比3円安の968円。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 1日の約定代金最大300万円まで手数料0円!これぞ業界NO.1!(2020/10/1〜)
  • SBI証券の3つの無料化
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.