SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-08-25 09:27:48

マーケット > 朝イチ情報

朝イチ情報

<相場の読み筋>8月23日

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 22日の米国株式は、NYダウが前日比49.51ドル高の2万6252.24ドルと続伸、ナスダック総合指数は同28.820ポイント安の7991.388ポイントと反落して取引を終了。出来高概算は、ニューヨーク市場が6億8334万株、ナスダック市場が18億453万株だった。米7月CB(コンファレンス・ボード)景気先行総合指数が前月比プラス0.5%となり、市場予想平均の同プラス0.3%を上回ったが、8月製造業PMI(購買担当者景気指数)は49.9に留まり、市場予想平均の50.5を下回った。まちまちの経済指標だったが、現地23日に、ジャクソンホール会合でパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が講演を行う予定で、同講演の内容を確認したいとの見方から、積極的な売買は限られた。NYダウ採用銘柄では、ボーイングやJP・モルガン、ゴールドマン・サックスなどが値上がり率の上位に入っている。

 23日の東京株式は、動意に乏しい展開か。手掛かり材料難のなか、米ジャクソンホール会合でのパウエルFRB議長の講演を控えることや、24-25日にフランスでG7(主要7カ国)首脳会議が開催されることもあり、様子見ムードが広がりそう。消去法的に、値動きの軽い中小型株への物色が中心になるとみられる。為替相場は、ドル・円が1ドル=106円台の半ば(22日終値は106円44-45銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=117円台の後半(同118円19-23銭)とやや円高に振れている。22日のADR(米国預託証券)は円換算値で、高安まちまちながら、東芝<6502.T>、パナソニック<6752.T>、東エレク<8035.T>などが、22日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、22日の大阪取引所終値比20円安の2万600円だった。

<きょうの個別材料>
 ○プラス材料
 グローバルK<6189.T>―ウエルモ(東京都千代田区)と資本・業務提携、「保育と療育の融合モデル」の構築に積極的に取り組む
 長大<9624.T>―19年9月期の連結利益予想を上方修正、期末一括配当予想を従来の33円から39円(前期実績36円)に増額

 ●マイナス材料
 リミックス<3825.T>―台湾で仮想通貨取引所運営などを手掛けるビットポイント台湾が、同社子会社のビットポイントジャパンを相手方として訴訟を提起したと複数のメディアが報じる

 上記の材料はあくまでも相場の参考です。個々の銘柄の株価位置、あるいは相場の流れなどにより、その反応は不確定です。

<きょうの狙い>

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 菱洋エレクトロ<8068.T>は22日大引け後、20年1月期第2四半期(2-7月)の連結業績予想を増額した。

 営業利益は前年同期比34.0%増の10億6000万円と増益幅を拡大させる。期初予想は同7.5%増の8億5000万円だった。

 10月の消費増税を控え、パソコン向けソフトウエアが堅調に推移したほか、前期後半から立ち上がったテレビ向け案件も想定以上に拡大したことが増額の要因。

 22日終値は、前日比3円安の1745円。

<ダイジェスト>


アセンテックが3日続伸、上期および通期の業績予想を上方修正

更新 : 19/8/23 7:30

 アセンテック<3565.T>が急騰。21日引け後に、20年1月期上期(19年2-7月)および通期の単体業績予想を上方修正したことが材料視された様子。

 20年1月期上期について、予想売上高を従来の33億円から33億2500万円(前年同期比4.2%増)に、営業利益を2億2000万円から2億5500万円(同4.1%増)にそれぞれ増額。通期は売上高を59億円から59億2500万円(前期比8.6%増)に、営業利益を4億2000万円から4億5500万円(同21.0%増)に引き上げている。

 上期に、仮想インフラおよびストレージの事業領域において、地方公共団体や国内大手クラウド事業者などのITインフラを受注したことや、自社製品のリモートPCアレイ製品の拡販が進んだことに加え、システムエンジニア部門の体制強化により、プロフェッショナルサービスの売上高も予算を上回る見込みとなったことが主な要因。同時に、東証1部への市場変更の形式要件充足のため33万株の立会外分売を実施すると発表している。
 22日終値は、前日比44円高の1993円。


リプロセルが反発、順天堂大学との共同事業がNEDO公募事業に採択

更新 : 19/8/23 7:31

 リプロセル<4978.T>が反発。21日引け後に、同社と順天堂大学による共同事業「ヒトiPS細胞由来神経細胞の成熟老化促進培地および創薬応用可能な評価方法の開発」が、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の公募事業に採択されたと発表したことが材料視された様子。

 これは、現状少なくとも数カ月を要するiPS細胞由来神経細胞の成熟老化を、順天堂大学が開発した新手法を同社製品に導入することで、従来より5倍程度早める技術を開発しようというもの。研究開発の期間を大きく短縮できるため製薬企業・研究機関における難治性神経疾患の病態解明・治療薬開発の研究効率とコストに大きな改善が期待できるという。

 22日終値は、前日比5円高の219円。


U&Cが3日続伸、特別利益の計上を材料視

更新 : 19/8/23 7:32

 ユナイテッド&コレクティブ<3557.T>が3日続伸。21日引け後に、20年2月期第2四半期(19年6-8月)において、営業店舗物件の退店要請に伴う立退料として1億円を特別利益に計上すると発表したことが材料視されている様子。

 この、通期業績への影響については詳細を精査中であり、判明しだい開示するとしている。

 22日終値は、前日比83円高の1514円。


GameWが3連騰、1.49%の自社株買いを実施へ

更新 : 19/8/23 7:33

 GameWith<6552.T>が3連騰。21日引け後に、上限2億円、27万株(自己株式を除く発行済株式数の1.49%)の自社株買いを実施すると発表したことが材料視されている様子。

 取得期間は19年8月22日-19年10月31日を予定。経営環境の変化に応じた機動的な資本政策を遂行することが目的。

 22日終値は、前日比58円高の807円。


テンアライドが底堅い、21年3月期をメドに営業利益率3%に高めると報じられる

更新 : 19/8/23 7:34

 テンアライド<8207.T>が底堅い。21年3月期をメドに営業利益率を3%に高める、と22日付の日本経済新聞が報じ、下支え要因となった。19年2月期の同利益率は1.5%で、約2倍となる。

 同紙によると、メニュー入れ替えにより調理などの効率化を進めて人件費の上昇などに対応。既存店の売上高も伸ばすとしている。

 22日終値は、前日比1円高の425円。


コマツが反発、在庫1000億円削減報道を材料視

更新 : 19/8/23 7:35

 コマツ<6301.T>が反発。20年3月末までに連結ベースでの在庫を6月末比で1割減となる1000億円削減する、と22日付の日本経済新聞が報じ、材料視された。

 同紙によると、この数年の世界的な建機販売の拡大に伴い在庫が膨らむ一方、効率が悪化していた。過剰な在庫の削減で、本業で稼いだ現金を示す営業キャッシュフローの増加につなげるとしている。

 22日終値は、前日比5.5円高の2251.5円。


サンマルクHD、順調な業績の積み上げで継続買い期待

更新 : 19/8/23 7:36

 サンマルクホールディングス<3395.T>が堅調。順調な業績の積み上げを評価し、継続した買いが期待される。

 セルフカフェとレストランを展開する外食チェーンで、全国展開している。20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比10.0%増の12億4900万円だった。パスタやカフェ業態で11の直営店の新規出店を行った。

 下期も新規出店を計画し、並行して既存店の新メニュー投入で顧客単価の引き上げを目指す。人件費や物流費が利益の足かせとなるが、前期に出店した新規店が通年で寄与するなど、増収効果で吸収する。20年3月期予想の連結経常利益は前期比3.5%増の68億円を見込んでいる。

 22日終値は、前日比4円の2481円。


三和HD、堅調な業績予想と自社株買いをテコに上値を試す

更新 : 19/8/23 7:37

 三和ホールディングス<5929.T>は持ち直し期待の買いを支えに上値を試す動き。堅調な業績予想に自社株が支援材料。自社株買いは、11月29日までを取得期限に、上限600万株(自己株式を除く発行済み株式総数の2.67%)・50億円を実施する。

 シャッター最大手。20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は6億3000万円(前年同期実績は1700万円の赤字)と黒字転換した。国内では事業拡大に向けて新たに4社を連結範囲に加えた。米国では営業の強化と代理店支援に力を注いだ。欧州ではガレージドアのシェア拡大を推進した。

 20年3月期予想の連結経常利益は前期比8.4%増の330億円。足元好調の流れが下期も継続する。人件費や物流費も膨らむが、増収効果や効率化で吸収する。9月に入れば、中間配当狙いの買いも入り、年初来高値(1367円、4月15日)を目指す動き。予想配当利回りは年2.8%台。

 22日終値は、前日比4円安の1183円。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭!】7通貨ペアのスプレッド縮小キャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.