SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-12-09 10:04:14

マーケット > 朝イチ情報

朝イチ情報

<相場の読み筋>12月9日

更新 : 21/12/9 8:10(更新予定時間:8:30頃)

 8日の米国株式は、3日続伸した。NYダウが前日比35.32ドル高の3万5754.75ドル、ナスダック総合指数が同100.072ポイント高の1万5786.988ポイントで取引を終了。出来高概算は、NY市場が8億7732万株、ナスダック市場が52億3035万株だった。ファイザーは8日、独ビオンテックと共同開発した新型コロナワクチンについて、3回目の接種により「オミクロン株」に対しても高い予防効果があるとの初期の調査結果を発表。「オミクロン株」への警戒感が和らいだ。ただ、NYダウは直近2営業日で1130ドルを超える上昇をみせていただけに、買い一巡後は利益確定売りが優勢となり、下げに転じる場面もみられた。ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は、アップルやテスラ、メタ(旧フェイスブック)などが高く、同指数の上昇を支えた。

 9日の東京株式は、上値の重い展開か。日経平均株価は連日で大幅高となり、2営業日で930円強の値上がりとなっている。心理的なフシ目の2万9000円が視野に入るなか、11月上旬の調整時には下げ止まった水準でもあり、戻り待ちの売りに頭を抑えられる格好となる場面もありそう。また、日経平均先物・オプション12月限の最終取引日にあたることから、先物の思惑的な動きには注意したい。為替相場は、ドル・円が1ドル=113円台の半ば(8日は113円40-41銭)、ユーロ・円が1ユーロ=128円台の後半(同127円97銭-128円01銭)と円安方向にある。8日のADR(米国預託証券)は円換算値で、高安まちまちながら、パナソニック<6752.T>、キーエンス<6861.T>、日産自<7201.T>などが、8日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、8日の大阪取引所清算値比5円安の2万8885円だった。

<きょうの個別材料>
○プラス材料
 アイフリーク<3845.T>―HashPort(東京都文京区)と、クリエイターエコノミーの実現を目的としたNFTマーケットプレイス「CREPOS NFT マーケット(仮)」の開設およびNFT分野における新たな取り組みの開始に関する契約締結を決議
 ザッパラス<3770.T>―22年4月期第2四半期(21年5-10月)の連結決算は大幅な増益で着地

●マイナス材料
 くろがね工<7997.T>―21年11月期の連結業績予想を下方修正

 上記の材料はあくまでも相場の参考です。個々の銘柄の株価位置、あるいは相場の流れなどにより、その反応は不確定です。

<きょうの狙い>ロードスター=東京証券取引所に本則市場への市場変更を申請

更新 : 21/12/9 8:10(更新予定時間:8:30頃)

 ロードスターキャピタル(ロードスター)<3482.T>は8日引け後、同日付けで東京証券取引所本則市場(第1部および第2部)への市場変更の申請を行ったと発表した。

 市場変更申請に対する東京証券取引所による承認の可否および時期については現時点では不確定であり、市場変更の申請により市場変更が確約されるものではない。ただ、同社としては市場第1部への市場変更を目指しており、同市場への市場変更が承認された場合、新市場区分の「プライム市場」への選択申請を行ったうえで22年4月4日以降は「プライム市場」へ移行する計画。

 8日終値は、前日比9円安の929円。

<ダイジェスト>


<8日の動意株>東芝、プラントの状態の変化中に埋もれた異常の兆候を早期検知する異常予兆検知AIを開発

更新 : 21/12/9 7:30

 東芝<6502.T>は7日、大規模で複雑なプラントに設置した数千点のセンサーから得た膨大な時系列データから、プラントの状態の変化の中に埋もれた異常の兆候を早期検知する異常予兆検知AI(人工知能)を開発したと発表した。

 開発したAIは、プラントの状態変化に伴う大量のセンサーに跨る複雑な関係を学習することにより、従来では捉えられなかった異常の兆候を逃さず検知する。同AIを用いて、水処理試験設備の公開データで異常検知を実施したところ、検知性能は従来技術から12%向上し、世界トップレベルの検知結果が得られたという。この検知性能の向上により、例えば、人が気付いた時点よりも6.8日早い時点で異常の兆候を捉え通知することが可能になるという。同技術により異常を早期に検知することで、異常や劣化の状態に合わせたメンテナンスを可能にし、効率的なプラント運用・保守と稼働率の向上が期待できる。

 8日の終値は、前日比25円安の4719円。


<8日の動意株>JFE、田原バイオマスパワー合同会社のバイオマス専焼発電所のEPCを受注

更新 : 21/12/9 7:31

 ジェイ・エフ・イー・ホールディングス(JFE)<5411.T>グループのJFEエンジニアリングは7日、田原バイオマスパワー合同会社(神奈川県横浜市)が愛知県田原市で計画しているバイオマス専焼発電所のEPC(設計・調達・建設)を受注したと発表した。

 同バイオマス専焼発電所は、発電出力11万2000キロワット、想定年間発電量は約7億7000万キロワットアワーを見込む。22年6月に着工を予定し、25年8月末の完工を目指すとしている。

 8日の終値は、前日比14円安の1420円。


<8日の動意株>メルカリ、「メルカリ」の累計出品数が25億品を突破

更新 : 21/12/9 7:32

 メルカリ<4385.T>は8日、フリマアプリ「メルカリ」の累計出品数が12月4日に25億品を突破したと発表した。

 25億品の突破は、13年7月のサービス開始から約8年半での達成となった。13年7月のサービス開始以来、スマートフォン1つで売買できる手軽さや、売れる楽しさ、掘り出しモノを探して買う楽しさのほか、エスクロー決済システムを導入することで支払いのトラブルを防ぐなど、安心・安全なプロダクトを提供。21年9月には月間利用者数が2000万人を突破している。

 8日の終値は、前日比200円高の6740円。


<8日の動意株>ワタミ、外食事業における新ブランドとして、寿司と大山どりの店「すしの和」を展開

更新 : 21/12/9 7:33

 ワタミ<7522.T>は8日、外食事業における新ブランドとして、寿司と大山どりの店「すしの和」を展開すると発表した。

 「すしの和」はウィズコロナ時代の外食ニーズに対応した目的来店業態と位置付け、居酒屋からの業態転換を進める。1号店は12月9日、東京都江東区に「すしの和」錦糸町南口駅前店をオープンする。

 8日の終値は、前日比12円高の915円。


<8日の動意株>日立、応用地質との「地中可視化サービス」を強化

更新 : 21/12/9 7:34

 日立製作所<6501.T>は8日、応用地質<9755.T>と、上下水道、ガス、電気、通信などインフラ事業者や施工・設計業者向けに展開する「地中可視化サービス」を強化し、クラウドを活用した新たなオンデマンドサービスとして、同日から提供すると発表した。

 「地中可視化サービス」は、応用地質の地中レーダー探査装置・ノウハウと日立のLumadaのAI(人工知能)・画像解析技術を組み合わせ、両社で共同開発したソリューション。今回の強化では、自治体・鉄鋼業など全国18事業体の協力のもと、合計240キロメートルにのぼる地下レーダー探査を通じた継続的な評価検証と改良を行い、解析技術のさらなる精度向上を実現。また、クラウドサービス(SaaS)化して利用を容易にすることで、必要な時に必要な場所の埋設物情報をオンデマンドに提供することを可能としている。

 8日の終値は、前日比49円安の6632円。


<8日の動意株>川重、医療法人友広会と業務提携し関空に開設したPCR検査センターを拡充

更新 : 21/12/9 7:35

 川崎重工業<7012.T>は8日、医療法人友広会(大阪府大阪市)とPCR検査サービスに関して業務提携し、関西国際空港に開設したPCR検査センターを拡充すると発表した。

 友広会は12月13日から、関西国際空港第1ターミナルビル4階(出発フロア)に「医療法人友広会 関西国際空港PCR検査クリニック」をオープンし、国際線出発旅客向けのPCR検査サービスを開始する。同クリニックでは、PCR検査のほか、抗原定量検査および血清IgM抗体検査を行い、各国の渡航要件に適った検査サービスを提供。同社は、PCR検査を行う自動PCR検査システムの活用および、友広会との連携により、PCR検査の受付から最短3時間で陰性証明書を発行できる体制をサポートするとともに、PCR検査センターの拡充を図るとしている。

 8日の終値は、前日比16円安の2006円。


<8日の動意株>三菱電機、道路や鉄道沿線などの状況を仮想空間内に再現、作業軽減や情報共有を開始

更新 : 21/12/9 7:36

 三菱電機<6503.T>は8日、道路や鉄道沿線などの状況を3次元仮想空間内に再現し、現地作業の軽減や情報共有を支援する「三菱多次元施設・設備管理システム」(MDMD)を用いた施設・設備維持管理支援サービスを16日から開始すると発表した。

 MDMDで取得した、道路や鉄道沿線の高密度・高精度な点群データや画像データを活用し、クラウドやサーバー上に3次元仮想空間を構築。3次元仮想空間内で測量と同等の精度で離隔距離や設置スペースの検討、配線長の算出、干渉チェックなどが可能となり、工事計画・設計業務の現地作業を軽減できる。また、点検履歴や劣化度、変状記録などの維持管理に関わる情報を3次元仮想空間内で容易に確認でき、現地に行かずとも経年変化を踏まえた補修計画の立案が可能としている。

 8日の終値は、前日比3円高の1473円。


<8日の動意株>シャノン、マーケティング支援システムに「ワクチン・検査パッケージ確認機能」を追加

更新 : 21/12/9 7:37

 シャノン<3976.T>は8日、新型コロナウイルス感染症対策本部が決定した「ワクチン・検査パッケージ制度」に対応する機能として、マーケティング支援システム「SHANON MARKETING PLATFORM」に「ワクチン・検査パッケージ確認機能」を追加すると発表した。

 同機能の追加で、「ワクチン・検査パッケージ制度」を利用するイベント主催社は、ワクチン接種歴または検査結果の陰性のいずれかを確認するオペレーションを効率的に実施することができるという。また、制度を適用する旨を都道府県に登録することで、営業時間、人数上限および収容率を緩和することが可能になるという。

 8日の終値は、前日比143円高の1742円。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

  • オンラインセミナー
  • 【株主優待銘柄買付キャンペーン】豪華カタログギフトをプレゼント!

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.