SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-06-29 00:49:26

マーケット > 朝イチ情報

朝イチ情報

<相場の読み筋>6月28日

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 27日の米国株式は、NYダウが前日比98.89ドル安の2万1310.66ドルと反落、ナスダック総合指数が同100.526ポイント安の6146.623ポイントと続急落して取引を終了。出来高概算は、ニューヨーク市場が8億8829万株、ナスダック市場が22億1612万株だった。ECB(欧州中央銀行)のドラギ総裁が大規模な金融刺激策を縮小する可能性を示唆したことを受け、欧米で国債利回りが上昇、株式が売られた。また、EU(欧州連合)の欧州委員会は27日、インターネット検索大手グーグルに対し、支配的な地位を乱用したとしてEU競争法(独占禁止法)に基づき24億2000万ユーロ(約3000億円)の制裁金を課すと発表。この発表を受け同社の持株会社アルファベット株が急落したほか、アップルやマイクロソフトなどのハイテク株も下落した。米上院の共和党が、オバマケア代替法案の採決延期を決定。トランプ政権が目指す減税やインフラ投資などの政策に対する不透明感が台頭、相場の重しとなった。

 28日の東京株式は、欧米株価が下落したことを受け、弱含みの展開が予想される。ただ、為替市場でドル・円が1ドル=112円台の前半(27日終値111円63-64銭)、ユーロ・円が1ユーロ=127円台の前半(同124円88-92銭)と円安に振れている。直近でさえない動きをみせていた輸出関連株に、見直しの動きがありそう。また、27日には世界各地でサイバー攻撃が発生したことから、ネットセキュリティー関連の銘柄に物色の矛先が向かう場面も想定される。27日のADR(米国預託証券)銘柄は、円換算値でキリンHD<2503.T>、シャープ<6753.T>、日産自<7201.T>などが、27日の東京終値に比べ安い。シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、27日の大阪取引所終値比5円安の2万145円だった。

<きょうの個別材料>
 ○プラス材料
 アヲハタ<2830.T>―17年11月期第2四半期(16年12月-17年5月)と通期の連結利益予想を上方修正
 ハピネス&D<3174.T>―前期に閉店や設備の減損処理などを進めた結果、利益率が改善し17年8月期の単体業績予想を引き上げ

 ●マイナス材料
 ピックルス<2925.T>―昨年秋以降の天候不順による白菜の生育不良や出荷量減少などの影響が残り、18年2月期第1四半期(17年3-5月)の連結決算は2ケタ減益で着地
 サイバーS<3810.T>―東京証券取引所は28日売買分から、信用取引による新規の売りおよび買いに係る委託保証金率を70%以上(うち現金40%以上)に引き上げ

 上記の材料はあくまでも相場の参考です。個々の銘柄の株価位置、あるいは相場の流れなどにより、その反応は不確定です。

<きょうの狙い>

更新 : (更新予定時間:8:30頃)

 アヲハタ<2830.T>が27日引け後、17年11月期の連結業績予想を増額した。

 営業利益は前期比38.5%増の10億5000万円と増益幅を拡大させる見通し。期初予想は同25.3%増の9億5000万円だった。

 ジャム類で、「アヲハタ・まるごと果実」シリーズが伸長。販売促進費が効率的に運用できたことや、産業用加工品類での収益改善に向けた商品の選択と集中を進めたことなども効く。

 27日の終値は前日比10円高の2417円。株価は5月2日に5日・25日移動平均線がミニ・ゴールデンクロス(GC)を形成、6月23日には年初来高値2420円を付けた。その後は高値圏でのもみ合いが続いており、高値更新が十分に期待できそうだ。

<ダイジェスト>


やまねメディ、17年3月期決算で債務超過を解消

更新 : 17/6/28 7:30

 やまねメィカル<2144.T>が27日、東京証券取引所における上場廃止に係る猶予期間銘柄から解除されたと発表した。

 同社は16年3月期において債務超過の状況に陥り、上場廃止猶予期間入り銘柄に指定されたが、17年3月期で債務超過を解消した。コア事業を推進するため、総合ケアセンター各拠点の稼働率向上に注力するとともに、単独通所介護事業の59施設を吸収分割により承継会社に承継。吸収分割の対価受領などで25億3300万円の営業利益を計上し、債務超過を解消した。

 27日終値は、前日比74円高の289円。


ジャパンミート、薬機法違反容疑で従業員3人が書類送検

更新 : 17/6/28 7:31

 ジャパンミート<3539.T>が27日、「医療品・医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(薬機法)違反容疑で、従業員3人が書類送検されたと発表した。

 16年8月に店舗で販売した「水素水」に関し、同社が作成した販促物に不適切な販売表示が行われていたことで、「薬機法」の違反容疑で警察による立入調査が行われていた。

 27日終値は前日比95円安の1777円。


日立造、フィルムを滅菌・改質処理するためのエミッタを開発

更新 : 17/6/28 7:32

 日立造船<7004.T>は27日、エミッタと呼ばれる電子線照射器の製作・販売を行っているが、今回フィルムを滅菌・改質処理するための照射プロセスを開発し、本格展開すると発表した。

 同社は、これまで飲料用ペットボトルなどを滅菌するために容器内面を照射するノズル式と、容器外面を照射する広面積用の2種類を展開している。今回新たに、エミッタを応用して医薬包装用途などに適用できるフィルム滅菌・改質処理の照射プロセスを開発。17年度には、エミッタを搭載したフィルム照射のデモ装置を製作するとしている。

 27日終値は、前日比6円高の549円。


日立、商品の温度管理の異常を色の変化で検知するインクを開発

更新 : 17/6/28 7:33

 日立製作所<6501.T>が27日、商品の温度管理の異常を色の変化で検知するインクを開発したと発表した。

 このインクは、温度変化により色が変わる特性を有しており、商品ごとに定められた管理温度帯の上限と下限からの逸脱を検知することができる。また、管理温度帯を逸脱すると、再び管理温度帯内に戻しても元の色に戻らない不可逆性を備えている。同社は、このインクとIoT技術を統合的に活用し、生産から消費まで一貫した個別商品単位での温度管理の実現に向けて、顧客との実証実験を開始している。

 27日終値は前日比15.4円高の686.6円。


オンコリスB、「テロメライシン」と「ペムブロリズマブ」を併用投与した医師主導試験が申請

更新 : 17/6/28 7:34

 オンコリスバイオファーマ(オンコリスB)<4588.T>が27日、同社の腫瘍溶解ウイルス「テロメライシン」と抗PD-1抗体「ペムブロリズマブ」を併用投与した医師主導による治験実施申請が、国立がん研究センター東病院から、PMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)に提出されたと発表した。

 今回の試験では、進行性または転移性固形がん患者を対象とし、両剤を併用投与した際の安全性・忍容性などの評価検討を行う。今後は、PMDAによる治験申請受理後、国立がん研究センター東病院において、投与開始に向けた準備が進められる予定。

 27日終値は、前日比4円高の836円。


住友化学、バイエルとブラジルのダイズ病害防除を目的とした混合殺菌剤を開発

更新 : 17/6/28 7:35

 住友化学<4005.T>が27日、バイエルとブラジルのダイズ病害防除を目的とした混合殺菌剤を開発すると発表した。

 同社は、グローバルに新規殺菌剤の開発を継続して進め、バイエルはブラジルのダイズ病害防除に特化して混合剤の開発を行う。また、同社は独自の混合剤開発もブラジルで進めていく。両社は、それぞれが開発を行う混合剤のブラジルでの登録申請を17年末に行う予定。なお、これら混合剤の販売は、農薬登録および関連当局の承認取得後に開始される予定。

 27日終値は前日比9円高の616円。


アシードHD、8万株・6000万円を上限に自社株買い

更新 : 17/6/28 7:36

 アシードホールディングス<9959.T>は27日、機動的な資本政策の遂行を可能とするため、8万株(自己株式を除く発行済み株式総数の0.6%)・6000万円を上限に自社株買いを行うと発表した。取得期間は6月28日から12月31日。

 27日終値は前日比6円高の696円ザラバ引け。


アヲハタが増額17年11月期の連結営業利益は増益幅拡大へ

更新 : 17/6/28 7:37

 アヲハタ<2830.T>が27日、17年11月期の連結業績予想を増額した。

 営業利益は前期比38.5%増の10億5000万円と増益幅を拡大させる見通し。期初予想は同25.3%増の9億5000万円だった。

 ジャム類で、「アヲハタ・まるごと果実」シリーズが伸長。販売促進費が効率的に運用できたことや、産業用加工品類での収益改善に向けた商品の選択と集中を進めたことなども効く。

 27日の終値は前日比10円高の2417円。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • ハイリターンを狙う!レバレッジ型ETF
  • 金・プラチナ取引
  • プレミアムフライデー

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.