SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-08-02 17:46:09

マーケット > 朝イチ情報

朝イチ情報

<相場の読み筋>8月2日

更新 : 21/8/2 8:10(更新予定時間:8:30頃)

 前週末7月30日の米国株式は、NYダウが前日比149.06ドル安の3万4935.47ドルと反落、ナスダック総合指数が同105.586ポイント安の1万4672.678ポイントと3日ぶりに反落して取引を終了。出来高概算は、NY市場が10億6820万株、ナスダック市場が34億4892万株だった。前日の通常取引終了後に、アマゾン・ドット・コムが21年4-6月の決算を発表。売上高が市場予想平均に届かず嫌気された。経済活動の正常化が進むなか、他のEC企業にも売りが波及する格好となった。また、月末のポジション調整売りも重しだった。NYダウ採用銘柄では、キャタピラーやボーイング、ウォルトディズニーなどが、値下がり率の上位に入っている。

 8月2日の東京株式は、軟調な展開か。前週末7月30日の弱い動きに加え、新型コロナウイルスの新規感染者数の高止まりで、積極的な売買は限られそう。きょう2日からは、東京、沖縄に加え、神奈川、埼玉、千葉、大阪の4府県にも緊急事態宣言が発出され、景気回復の後ズレを警戒し、模様眺めムードも広がりそうだ。為替相場は、ドル・円が1ドル=109円台の半ば(7月30日は109円52-54銭)と小動きの一方、ユーロ・円が1ユーロ=130円近辺(同130円28-32銭)とやや円高方向にある。前週末7月30日のADR(米国預託証券)は円換算値で、高安まちまちながら、パナソニック<6752.T>、アドバンテス<6857.T>、日産自<7201.T>などが、同30日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、同30日の大阪取引所清算値比100円高の2万7450円だった。

<きょうの個別材料>
○プラス材料
 イーグランド<3294.T>―22年3月期第2四半期(21年4-9月)の連結業績予想を上方修正、取得上限35万株(自己株を除く発行済み株式数の5.5%)・4億円の自社株買い
 ヤマシナ<5955.T>―22年3月期第2四半期(21年4-9月)と通期の連結業績予想を引き上げ

●マイナス材料
 総医研HD<2385.T>―21年6月期の連結業績予想を下方修正
 ジェイテック<2479.T>―22年3月期第1四半期(21年4-6月)の連結決算は赤字幅が前年同期から拡大

 上記の材料はあくまでも相場の参考です。個々の銘柄の株価位置、あるいは相場の流れなどにより、その反応は不確定です。

<きょうの狙い>ハイマックス=22年3月期第2四半期の利益予想を修正し減益幅が縮小へ

更新 : 21/8/2 8:10(更新予定時間:8:30頃)

 ハイマックス<4299.T>は前週7月30日の引け後、22年3月期第2四半期(21年4-9月)の連結利益予想を上方修正した。

 第2四半期業績予想で、売上高は78億円(前年同期比2.8%増)を据え置いたが、営業利益を5億2000万円から6億2000万円(同5.3%減)に引き上げ、減益幅が縮小する。売上高は従来予想で着地する見込みだが、利益面では生産性の向上で原価低減が見込めることなどを織り込んだ。

 前週末7月30日終値は、前日比11円安の1089円。

<ダイジェスト>


<7月30日の動意株>JMC、心臓カテーテルシミュレーターの新製品を発売

更新 : 21/8/2 7:30

 JMC<5704.T>は29日、心臓カテーテルシミュレーター「HEARTROID(ハートロイド)」シリーズの新製品「NV(Neurovascular:脳血管)モデル」の販売を開始したと発表した。

 「NVモデル」は、心臓とつながる大動脈弓から脳動脈までの形状を3Dプリンターによって正確に再現しており、X線透視下にて脳動脈瘤(りゅう)へのコイル留置、脳こうそくに対する脳血栓回収療法といった、カテーテルによる脳血管内治療のシミュレーショントレーニングを行うことが可能。実際の臨床で行われる手技と同様に、足の血管から脳動脈へカテーテルを挿入し、造影剤を用いてデバイスの位置を確認しながら、治療のプロセスをシミュレーションすることができるという。

 7月30日の終値は、前日比1円安の732円。


<7月30日の動意株>アルー、フライヤーと業務提携

更新 : 21/8/2 7:31

 アルー<7043.T>は29日、本の要約サービス「flier(フライヤー)」を手がけるフライヤー(東京都千代田区)と業務提携を締結したと発表した。

 「flier」は、オンラインで書籍の要約を紹介するサービス。この要約データを同社のクラウド型LMS「etudes」に搭載することにより、同社の受講者は、ネット環境のある場所であれば、いつでも本の要約サイトへアクセスが可能となり、時間を有効活用した学習を実現することを目指す。

 7月30日の終値は、前日比5円の安930円。


<7月30日の動意株>ZOZOが続伸、22年3月期第1四半期は2ケタの増益で着地

更新 : 21/8/2 7:32

 ZOZO<3092.T>が続伸し、300円高の3745円を付けた。29日引け後、22年3月期第1四半期(21年4-6月)の連結決算を発表。2ケタの増益で着地し、好感された。

 第1四半期決算は、売上高が388億6600万円(前年同期比15.4%増)、営業利益125億9100万円(同20.8%増)だった。売上高は、前年同期において送料無料施策を実施したことに対し、今期は未実施であったこと、買取・製造販売とUSED販売、広告事業が成長した。送料無料施策の未実施や、粗利率の高いUSED事業や広告事業の成長などで、粗利益利率が改善した。

 22年3月期予想は、売上高1626億円(前期比10.3%増)、営業利益478億円(同8.3%増)を据え置き。

 7月30日の終値は、前日比280円高の3725円。


<7月30日の動意株>デクセリアルが4日ぶり反発し上場来高値、22年3月期第1四半期は大幅な増益に

更新 : 21/8/2 7:33

 デクセリアルズ<4980.T>が4日ぶりに反発。256円高の2575円を付け16日の上場来高値2438円を大きく更新した。29日引け後、22年3月期第1四半期(21年4-6月)の連結決算を発表。大幅な増益となり、買い人気を集めた。

 第1四半期決算は、売上高が203億4700万円(前年同期比47.0%増)、営業利益が49億700万円(同3.9倍)だった。売上高は、光学材料部品、電子材料部品ともに拡大。販管費の増加を吸収して大幅な増益となった。

 22年3月期予想は、売上高725億円(前期比10.1%増)、営業利益119億円(同4.9%増)を据え置いている。

 7月30日の終値は、前日比196円高の2515円。


<7月30日の動意株>協栄産が反発、22年3月期第1四半期決算は大幅な増益に

更新 : 21/8/2 7:34

 協栄産業<6973.T>が反発し、170円高の1640円を付けた。29日引け後、22年3月期第1四半期(21年4-6月)の連結決算を発表。大幅な増益となり、好感された。

 第1四半期決算は、売上高が135億4400万円(前年同期比7.8%増)、営業利益1億7500万円(同66.6%増)だった。半導体デバイス事業で、中国を中心に景気が急速に回復したことから、自動車、産業機器、民生市場向けのパワー半導体、メモリ、金属材料などの販売が好調に推移した。

 22年3月期第2四半期業績予想は、売上高285億円(前年同期比14.2%増)、営業損益3億円の黒字(前年同期は1億8000万円の赤字)を据え置き。第1四半期決算の第2四半期予想に対する進ちょく率は、売上高で47.5%、営業利益で58.3%となっている。

 7月30日の終値は、前日比67円高の1537円。


<7月30日の動意株>ロコンドが続伸、取得上限10万株の自社株買いを材料視

更新 : 21/8/2 7:35

 ロコンド<3558.T>が続伸し、48円高の1447円を付けている。29日引け後、資本効率の向上および経営環境の変化に対応した機動的かつ柔軟な資本政策を遂行するため、自社株買いを行うと発表、材料視された。

 自社株買いは、取得上限10万株(自己株を除く発行済株式数の0.87%)・1億5000万円。取得期間は、7月30日から12月31日までとしている。

 7月30日の終値は、前日比42円高の1441円。


<7月30日の動意株>セキドが急騰、22年3月期第1四半期決算で損益が黒字転換し買い人気

更新 : 21/8/2 7:36

 セキド<9878.T>が急騰し、236円高の1920円を付けた。29日引け後、22年3月期第1四半期(21年4-6月)の単体決算を発表。損益が黒字に転換し、買い人気を集めた。

 第1四半期決算は、売上高が18億7900万円(前年同期比86.7%増)、営業損益は1億1400万円の黒字(前年同期は5900万円の赤字)に転換した。ファッション事業で、広域商圏型ショッピングセンターでの催事にも積極的に取り組んだ。取扱商品は、中・高価格帯商品の品揃えの充実で、客数減をカバーしたほか、スマホ・アプリの活用による販促強化なども奏功した。

 第2四半期業績予想は、売上高33億8000万円(前年同期比25.9%増)、営業損益3800万円の黒字(前年同期は4000万円の赤字)を据え置き。第1四半期決算の第2四半期予想に対する進ちょく率は、売上高で55.6%、営業利益は超過達成となっている。

 7月30日の終値は、前日比137円高の1821円。


<7月30日の動意株>デンソーが続伸、22年3月期連結業績予想の上方修正と自社株買いで買い人気

更新 : 21/8/2 7:37

 デンソー<6902.T>が続伸し、306円高の7573円を付けた。30日午前11時20分、22年3月期の連結業績予想(IFRS)の上方修正と、自社株買いの実施を発表、買い人気を集めた。

 22年3月期業績予想で、売上収益を5兆4600億円から5兆5400億円(前期比12.2%増)に、営業利益を4130億円4400億円(同2.8倍)に引き上げた。1四半期(21年4-6月)の実績と足元の業績動向を反映した。第1四半期(21年4-6月)決算は、売上収益が1兆3568億6600万円(前年同期比77.3%増)、営業損益は1071億8100万円の黒字(前年同期は1066億1600万円の赤字)に転換した。

 自社株買いは、取得上限1200万株(自己株を除く発行済株式数の1.55%)・1000億円。取得期間は8月2日から22年1月31日までとしている。

 7月30日の終値は、前日比215円高の7482円。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • <第2弾>真夏の超CFD祭!手数料最大10,000円還元!

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.