SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-06-05 03:06:08

マーケット > 朝イチ情報

FX市況 デイリーレポート

更新 : 20/6/4 9:00(毎営業日9:00頃更新)

ニューヨークマーケットデイリーレポート

6/4 6:00時点

◆昨晩3日、海外市場のドル円は5月のADP全米雇用リポートで、雇用者数が前月比276万人減と前月から大幅に改善が進んだほか、ISM非製造業景況感指数も45.4と市場予想を上回る改善となったことを好感し、米国経済が確実に回復しているとの見方を背景に長期金利が上昇。さらにNY株式市場では2番底を見込んだS&P先物の売り残高が高水準に膨らんでいたことで、買い戻しを余儀なくされた動きも見られ指数の押上げに寄与するなど、NY株式市場も連日で上昇。そのほか、G7財務相会合では低所得国の債務返済猶予で合意するなど前向きな報道のほか、ECBのパンデミック緊急購入プログラム拡大への期待も聞かれ、景気刺激策への期待とともに、欧米の株式市場が揃って堅調な値動きを継続。こうしたどリスク選好の動きを背景にドル円は一時108円98銭まで上昇するなど堅調な値動きに終始し、108円90銭で昨晩の取引を終了しました。また、サウジアラビアとロシアが、ウィルス感染による需要減退に対処するため、現行の協調減産を7月末まで延長することで合意したことで原油価格が上昇。こうした動きを受けて豪ドル円は一時75円77銭まで上昇するなど堅調地合いを継続しました。

◆昨晩3日、海外市場のユーロは、ドイツ5月の失業者数が予想を上回る増加となったほか、失業率も前月から悪化したことが嫌気され欧州市場序盤から中盤にかけて戻り売りが優勢となり1.1184jまで下落する場面も見られました。しかし、ドイツやユーロ圏5月のサービス業PMI(改定値)が速報値から上方修正されるなど欧州経済の回復が期待される中、今晩のECB理事会を控えパンデミック緊急購入プログラム拡大への期待など景気刺激策への期待もユーロの対ドル、対円での堅調地合いを支援。また、NY市場終盤にかけてドイツ連立政権が追加の景気刺激策で合意したとの報道を受け、3月12日以来の高値である1.1257jまで上昇し1.1233jで昨晩の取引を終了しました。また、ユーロ円も対ドルでの1.1184jへの反落に伴い121円37銭まで下落する場面が見られたものの、NY市場に入って以降、ドル円の108円90銭台への上昇に加え、NY市場終盤には対ドルで1.1257jまで上昇したことに伴い、ユーロ円も1月17日以来の122円61銭まで上昇し122円33銭で昨晩の取引を終了しました。

◆昨晩3日のNY株式市場、NYダウは527.24j高(+2.04%)の26,269.89jと続伸て取引を終えたほか、ナスダックも74.54Pts(+0.77%)の9,682.91Ptsと続伸して取引を終えました。昨日発表された中国5月のサービス業PMIが予想を上回った安心感に加え、米5月のADP雇用統計やISM非製造業景況指数が予想を上回る改善となり、景気回復への期待を背景にNY株式市場の上昇に寄与しました。さらに、S&P先物の売り残高は2番底期待で高水準に膨らむ中、株式市場の上昇に買戻しを余儀なくされた買戻しの動きも指数の押上に寄与しました。また、シカゴ日経平均先物は前日の終値と比べ265円高の22,915円で取引を終え、3日の日経平均終値(22,613円76銭)と比べ302円高で取引を終えました。

東京マーケットデイリーレポート

6/3 17:00時点

◆昨日3日、東京市場のドル円は欧米を中心にした景気底入れ期待を背景に昨晩、各国の主要株価指数が上昇したことに伴い、日経平均株価も取引開始直後に一時493円高の22,818円まで上昇するなどリスク選好の動きを背景に前日の高値(108円77銭)を更新し108円85銭まで上昇しました。しかし、108円台後半では本邦実需筋のドル売り観測や利益確定売りに押され反落したものの、下値も108円42銭までに留まるなど200日移動平均線(108円37銭)が下値支持線として欧州市場序盤には108円78銭まで反発するなど堅調な値動きに終始しました。また、豪ドル円は豪1−3月期GDPが前期比‐0.3%と欧州債務危機が浮上した2011年以来のマイナス成長となったものの、75円75銭からの反落も75円08銭で下げ止まるなど底堅い値動きを確認し75円台前半での小動きに終始しました。

◆昨日3日、東京市場のユーロは、前日のNY市場の引け直後の1.1164jを下値に正午過ぎには前日高値(1.1196j)を上抜けて以降、1.12j台前半での値動きを続け、欧州市場序盤には1.1128後、ドル円の108円42銭までの反落に伴い121円26銭まで下落したものの、欧州市場序盤には対ドルでの上昇に伴い122円01銭まで上昇するなど対ドル同様に堅調な値動きに終始しました。

提供:SBIリクイディティ・マーケット


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBI証券の3つの無料化
  • FX 勝負の低スプレッド!
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.